2015年3月アーカイブ

草軽電鉄復活プロジェクト

| コメント(0)
DSC_1096.JPG


 金曜日は草軽電鉄復活プロジェクトのスタートアップ打ち合わせ。

草軽交通社長や専門家の方々から貴重なお話を伺うことができました。

知的好奇心丸出しで色々と聞いてしまいました。



 まずは来年度できることから提案とか実現とか努力したいと思います。

 本当は新軽井沢から草津とまでいかなくても北軽井沢までつなぐことが出来ればよいのですけれど、

 線路跡地はすべて家が建っていたり、道路や林道になっていて単純に復活するのは課題が多いです。


 まずは今年のうちにできることからコツコツと進めたいな。

 小瀬温泉駅から新軽井沢駅(今の軽井沢駅)まで下りだけのサイクリングとか

 ノベルティ作成とか。


 現役だった方々をお招きして当時の様子をお話していただくとか。


 実は今年は 新軽井沢ー小瀬温泉までの区間が開通してから100周年


 今年がチャンスなんですよ。



 なかなか平日の時間を軽井沢で取れない状況のおやぢですけれど

 秋には実現したい当時のお話。


 文化的にも価値があるなと思います。


 DSC_1093.JPG


  金曜日も雪が降って、今日も雪の軽井沢

 予報だと20センチほど積もるということですが 去年の大雪がなければ

 雪もまた楽しいですね。






平日の午前8時は通勤電車に乗っているおやぢです。

夏は7時30分、冬は8時ってなーんだ?



正解は 旧軽銀座のフランスベーカリでバケットが焼きあがる時間なんです。

金曜日の朝の話なんですけどね、朝ねぼうしてしまったおやぢは食事を摂る時間もなく、

RFKへ向かう途中で旧軽銀座へ突入したのは午前8時過ぎ。


いつもはフランスパンだけを買うのですけど すぐに食べられるパンということで選んだのはこれ。

DSC_1087.JPG

ベーコンエピ あったかいんだからー ♪ 

これだけでは足りない気がしたので

DSC_1088.JPG

チーズ入りの丸いフランスパン生地のパン。

これも焼きたてで温かい。 


 野菜ジュールの紙パックも一緒に買ってきたので完全な朝食となりました。

とくに ベーコンエピは走りながら千切っては食べ、千切っては食べ。

小瀬温泉近くのRFKに到着するまでに幸せ朝ごはんを摂ることが出来て幸せです。



 軽井沢の良い所は戦後からの良いベーカリーが沢山あること。

 都内でもこんな恵まれた土地は無いんじゃないでしょうか?



 365日焼きたてのパンを買ってきて15分で朝ごはんに出来て

しかもベーカリーを色々選べるという軽井沢って素敵じゃないですか。


 観光客の集まる浅野屋はこの期間9:00開店。

 おやぢの朝食時間には残念ながら間に合いません。

月曜日は東京の朝。

いつものようにシャワーを浴びて通勤電車の人となる。
車内でスマホを開いてFacebookを見てみれば

軽井沢の皆さんから停電情報が私のウォールを埋め尽くしていました。

午前5時55分から停電だったのだそうです


新幹線も軽井沢以北は運転できず。

長野新幹線の電源ってラフォーレ倶楽部の辺りまでは東京電力の電気で走っているんです。
18号バイパス沿いに電源切替装置があって、そこからは中部電力の電気に切り替わります。

なので6時台にある長野発と軽井沢発のあさまは 三才車両基地から出てこれず当然運休。

JR東日本:新幹線列車運休情報.png
運休列車一覧【JR東日本HPより引用】

高崎から軽井沢までの連続登り勾配を走れる新幹線はE2とE7だけ。

田端の車両基地からありったけのE7,E2を軽井沢へ回送したり、
東京始発の長野行きが軽井沢で折り返してやっと運行開始だったようです。

もし私が停電に行き会ったらどうするのかなぁ

私が巻き込まれるとしたら軽井沢発06:33で東京ですね。

普通に考えれば 「あ、本日休業」になるのでしょうけれど、
 どうしても行かなてはならないのなら、
そのまま横川まで車で下って駅前駐車場に停めてから

横川 07:09
高崎 07:41到着/07:48発
東京 08:48到着

うーん 高崎から遠いなぁ(T.T) やっぱり休んじゃうんでしょうね。

そんな騒ぎの中、長野市から軽井沢町まで広域停電していた中を然と走っていたのが

DSCN0390.JPG

我らが(?) しなの鉄道。

太平洋側からの電源供給がすべて止まった状態で 普通に動いてました。
もっとも篠ノ井から長野駅までは松本からの電車との兼ね合いなのか、
ちょっと混乱していたようですが。

いやー強いなぁ、 国鉄時代からの設備を受け継いできたので優先的に給電する仕組みになっているのでは
ないでしょうか。

電力会社によって事情は異なると思うのですけれど、電力が足りなくなってきた時は優先度の低い箇所から
停電させて重要設備(救急病院とか)を守るのですけど、
しなの鉄道の変電所と信号設備、そして踏切などの保安設備すべて稼働していたってことです。

それに比べてJR東日本の新幹線が停電で止まるなんて。
民営化に伴う効率化ってやつが冗長構成を取りづらくしているのなら怖い話ですね。


今回の停電で色々な被害を見聞きしましたけど、
まさかの自動車関係も被害がありましたね。

信号機が消えている
軽井沢駅に着いても駐車場のゲートが停電で開かない
家のガレージの扉が開かない
などなど


 そうそう。災害の時に大事な軽井沢町のWebサイトがダウンしてました。
 まさかサーバを役場に置いているわけないですよね。

 たまたまオーバートラフィックで落ちただけですよね。

自治体のサーバを庁舎内に配置するのは既に時代遅れです ので
ぜひぜひコンサルさせてください

 最低でもJANISのデータセンタへ。物理的な遠隔地に置くのはオーバースペックかもしれません。



我が家も水道凍結防止ヒーターが危ないと思ったけど水抜きしているから平気です。

 むしろ便器のヒータが切れるとトラップの凍結とかで便器そのものが割れたりヒビが入ったり((((;゚Д゚)))) 
ダメージ高いです。


 暖房も薪ストーブだし、キャンプ用のカセットコンロがあるし。
石油ストーブは電源不要のが有るし

DSC_0333.JPG


 アナログ家屋って不便だけれど結構良いのかもしれませんねぇ
 




薪ストーブで料理(実は初めて)

| コメント(0)
 昨日の停電、中部電力のプレスリリースによれば信濃変電所(朝日村)と北松本、東信の各変電所を結ぶ
幹線がトリップしたとのこと。
tyuuden-pl.png
【中部電力 電力設備系統図より引用】

 この図の赤い星のところがトリップした箇所。

中京圏に送る電力が送れなくなったので上越火力が動的に停止したため
長野県全世帯の半分が停電になったわけです。


しかーし この図をよく見ると軽井沢町へはトリップした回線に関係ない佐久変電所経由じゃないのか

 だったら中京からの電力を使って信濃ー佐久経由で早めに送電出来たのかも。

 それとも 軽井沢町の電力はすべてが上越火力で賄われているのでしょうか?

 回線は問題ないのに巻き添え食って停電したの? と 謎の朝を迎えたおやぢです。


 巻き添えは嫌だけど 嬉しいお誘いはありがたい。


 土曜日は「薪ストーブでピザ焼くから来てね」というお誘いをうけたので早速行ってきました。

我が家も薪ストーブが大きくなったので熾が赤くなっているのを見つめながら、
料理に使えるのじゃないかと思っていた所だったので渡りに船だったんです。

 薪ストーブ料理に必要なのは まず 五徳。

IMG_20150228_182555.jpg

  熾の上に置ける頑丈なのが必要なのかと思いきや、火鉢用の五徳で出来るんですね。 
我が家にも長火鉢用の五徳があるので買い物しなくても良くなりました。

 次に欲しいのは スキレット。 フライパン形状の鋳物の鍋というかフライパンと言うか。

 ピザはこのスキレットの中で焼いてました。 

 ストーブ内壁温度は400℃越え、 あっという間にピザが焼き上がります。

IMG_20150228_200545.jpg

 生地を作る技も相まって 美味しゅうございました。

 おやぢも一品作ったのですけど、 長くなるので明日のブログで (^o^)v

薪ストーブで今流行の芋料理

| コメント(0)
巷で流行りのハッセルバックポテト

作り方はこんな感じ

薪ストーブで料理しますよ とのお誘いでチャレンジしてみた料理です。

クックパッドレシピを見れば粉チーズを入れるようなのですが
あり物の材料で作るからパス。

薪ストーブを30分も占拠できないから 小さめのじゃがいもを更に半分にして

蛇腹切り。。

おろしニンニクとオリーブオイルをなじませればこんな感じ。

じゃがいもの上に塩を軽く振り掛けて下準備は完了です。

刻みパセリの茎ももったいないので耐熱皿へ投入です。

IMG_20150228_183910.jpg

アルミホイルで軽く蓋をして 薪ストーブ内の
五徳の上へ置いてみました。

 温度が高いのですぐに沸騰するオリーブオイルとじゃがいも達。

15分ほどで 下が焦げました ┐(´∀`)┌

 皿に詰め込み過ぎたんでしょうね、で上の部分がいまいち開いてくれませんでしたが

火は通っているようなので 知らぬ顔して刻みパセリをふりかければ

IMG_20150228_190101.jpg

こんな感じ (^o^;

 味は良かったけど底が焦げて真っ黒だったので少々大人味になってしまいました。

 耐熱皿を直接五徳に掛けるのじゃなくて、 皿と熾の間に一枚(スキレットとか)を
挟んだほうが良かったのかもしれませんね。


 でも この調理法はキャンプで使える気がします。

 スキレット買おうかなlと思案中なのです。

 耐火レンガのパネルでも良いのかもしれませんね。


 春から秋にかけて出来れば行きたくないのが昼間の旧軽銀座。

 良いお店がたくさんあるのは承知しているのですけど、
車で乗り入れできないし駐車場は混雑しているし。

 できれば週末住民は寄り付かないのだけれど、時々郵便を取りに本局まで渋々行くのが結構大変なんです。

(ピー)や(ピー)辺りに知らぬ顔して駐車するなんて 小心者のおやぢには出来ません(^o^;

ところが冬の季節は昼間の旧軽銀座へウキウキと行くんです。


 お目当ては色々と有るのですが、 旧軽井沢での昼ごはんなんです。

新しい店もたくさんある旧軽井沢、ですけれど偶に行くなら冒険はしたくない
小心者なはやぢがセレクトするのは老舗の洋食屋

旧軽銀座の洋食といえば 菊水!

DSC_1099.JPG

 しかも季節限定のラーメン(850円)

 儂は黄金色のスープが好きでのぉ (^^ゞ

以前にも書いたけど 35年前からファンなんです。


DSC_1100.JPG 
今年も美味しく頂きました d(^.^)

 今冬はじめてのラーメン。

 とうぜん全汁です。残す理由が見つからないです。



 ところで昨年より美味しくなってないですか?



 味付けがちょっとだけおやぢ好み側に倒れてきたのか?

それともライジングフィールド軽井沢の良い「気」に触れていたので、美味しく食べられるスイッチが
入ってしまったのでしょうか?


 日差しの差し込む菊水のテーブルでいただいたラーメン。

この日は独りで行ったので料理の追加が出来なかったのですけど

本来なら ハンバーグとかトンカツとかを ハートランドビールで楽しんでから締めのラーメンと
行きたいものですね。

DSC_1098.JPG

え? 三笠ホテルカレーも??  ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 



DSC_1105.JPG

シーズン中の週末も8時までなら車で入れる旧軽井沢銀座。

おやぢの目当てはフランスベーカリー。

浅野屋のエピなら千住美術館でも追分でも買えるわけなのですけど

フランスパンはローカロリーだし、何に合わせてもOKだし、バター塗らなくて良い等々

好きなんですよ。


ところが一本買うと2,3日分になってしまうのがとても悲しい おやぢです。

そんな貴方に お勧めなのが、
DSC_1117.JPG

フランスパンの小さいやつ。 ?(^o^)/

となりのクロワッサンと比べてみてください。

このサイズなら毎食一本食べきることができるじゃありませんか。

まさに 眼から鱗 (^o^)v


 実は初めて買いました。 

 一本買うと残りを冷凍したりして、美味しいのですけどね。

 なんか悔しい気持ちを拭えなかったんですよ。


お値段もリーズナブルなので 毎朝旧軽銀座へ出かけるようになりそうな予感がします。

あ、自宅でパン食のときだけかぁ。


 朝から白飯の定食を食べられるお店、 オフシーズンの最早開店は 駅前の「まるほん」で
朝8時から。

 もっと早く食べたくなる 早起きの年寄りは ホテルの朝食に外来で入るしか無いですよね。

 ( ゚д゚)ハッ!

 この話、 明日のブログの前ふりかもしれません。



軽井沢オヤヂズ酒場放浪記 初回拡大号

| コメント(0)
DSC_1146.JPG

 軽井沢の朝ごはん(和食)の話を書こうと思っていたのですけれど、素晴らしい居酒屋へ連れて行って貰ったので
軽井沢で朝7時に和食を食べたいと思ったらどうするのかのお話はいずれまたの機会に。


 皆さん十条って知ってます?

 そうそう、この条項のおかげで戦争をすることなく70年のほほんと過ごせて本当に良かったなあ...

 ってそれは九条。(^_^;)\(・_・) オイオイ

 おやぢとしては九条葱のぬたの方が好きなんてすけどね。


 軽井沢のお友達、根Zさんのお誘いで埼京線十条駅に降り立ちました。

 大学前の浪人時代に日雇いを3日間やったところなのでなんとほぼ40年ぶりに降りた駅前は少し変わっていたけど、

一本路地を入れば 昭和な路地があって大衆演芸場があったりする町だったんですね。

 


 一軒目は 斉藤酒場。

 開店五分前に列んでいたら店内から薫る昭和の居酒屋香。列の先頭は夕刊紙片手なお父さん。


 うーん ソソラレマス。

 開店と同時に店の片隅に陣取り、まずは常連さんの行動をチェック。


 そうかー デフォルトで瓶ビールはアサヒなのかぁと がっかりして貼りだされたメニューを見れば、

お、 サッポロのラガービールがある ヽ(^。^)ノ


 飲み物は決まったので改めてメニューを眺めると


 

なんでしょ お小遣いに優しいこの値段設定。

ポテトサラダに串かつ、そして 浅葱のぬた。


なんて素晴らしい光景なのでしょう。 改装前の つるかめ食堂で見たようなシーンですね。

串かつは写真撮り忘れたけど ラードで揚げたドストライクのお味。

白絞油でカラッと軽く揚げましたとかいう最近の店だと昭和どまんなか生まれのおやぢにはなんとなく
よそよそしくて、そんな揚げ物じゃぁお腹に溜まるわけがない。

肉屋のコロッケと同じでラードで揚げてなきゃね。

 ビール1本空ける前に店内はほぼ満席。さすが人気店なんですねぇ。


 これに「浅葱ぬた」を加えたらビール一本で足りるわけもなく。

続いて サッポロ黒ラベル。


 そして黒地に白の木札ニューの中で然と輝く ぬか漬け 210円 ヽ(^。^)ノ



 あれ? きゅうりの下には人参もあったのに写ってないなぁ。

 大テーブルの一角には お猪口を水平な腕を保持したままのお父さん。

んーーん 格好いいです。 かんだ藪蕎麦のお父さんのようにループタイなどは無くても
戦前戦中のお父さんはかっこよくお酒を飲む人が居ますねぇ。


ぜひ見習いたいものです。

 18時過ぎには 肉豆腐を追加してビールも2本空き驚愕のお店にむかって 
軽井沢オヤヂズ2名は十条銀座に消えたのでありました。


 今日のまとめ:

 斎藤酒場は本当に凄いです。出来れば開店(最近は17時くらい)に飛び込むのがお勧め。
あまり長っ尻しないで1時間ぐらいでサッと帰るのが粋な感じがします。




tennaiphoto-albion.jpg写真は店のHPより転載しています。


十条銀座商店街をテクテク歩く軽井沢オヤヂズ。
 
 初めて来たけどこの商店街も凄い! 
個人商店が元気な商店街がある街は文化が高いように思います。

 おやぢの町を評価するポイントは個人商店と鮮魚店が有ること。

土地柄鮮魚店は殆ど無い軽井沢町は仕方ないけど、東京近郊でこのような素晴らしい商店街を
歩くとパワーを貰えるような気がします。

街が元気だ。 ヽ(^。^)ノ

アーケードを抜けてすぐのところにあるのが、本日案内していただいた根Zさんお勧めのバー

 アルビオンズ バー。 HPはこちら

 カウンターだけのバーに座れば バックバーは宝石箱のようで おもわずニヤニヤ。

グレン・グラントのオールドボトルがこんなに並んでいるのは初めて見ました。

最初は 去年秩父で開催されたウィスキー祭りでの限定ボトル。
DSC_1150.JPG

祭りで使用されたグラスで頂きます。
あれ? このグラスって

DSC_1142.JPG


東京の家から徒歩1分にあるお気に入りのバー「昇雲」で前日に飲んだこれと一緒だ。

貴重なグラスだったんですね。

不思議な縁を感じます。

DSC_1151.JPG DSC_1152.JPG

 ピンぼけですけど BOWMOREです。

2本とも貴重なボトルで右が20年記念ボトル 左が30年記念ボトル。

 20年のほうが好みだったかな。

 
 気に入ったバーではお酒はバーテンさんチョイスで飲むのが習性なおやぢですが、
水先案内人の出されるモルトを片っ端から頂きました。

 途中で 日本エールのハーフパイントをチェイサー代わりにしたりして。

 たっぷり楽しんで締めは 皆さんおすすめの

DSC_1153.JPG

アイリッシュ・コーヒー。 ブッシュミルズが隠れています。 

たっぷり楽しんで 十条銀座を戻りつつ時計を見れば22時前。

とても素敵なバーで スタートが18時とは 朝が早くて夜が早いおやぢには
とても嬉しいお店でした。

  斉藤酒場も素晴らしかったし 締めのバーも実に良かったです。


 このシリーズぜひ続けたいなぁ。


 昭和な居酒屋(新宿思い出横丁のつるかめ食堂みたいな)ご存知でしたら
教えていただければと思います。

 本当に素敵な金曜日 根Zさん 本当にありがとうございました。

 

早い時間の冬の和食

| コメント(0)


 春から半夏生までは、なんとなーく体調不良のおやぢです。

 軽井沢は雪が残っているんですけどね、東京は生ぬるい気温になってきてます。

 通勤の電車でパワーを取られているのでしょうか、お腹が空きますね。

 こんなときは「食べねば」。

 軽井沢に居ても朝6時には起きてしまうので支度して1時間以内に食べたい朝ご飯。

 和食モードの時は困ります。

 8時まで我慢すれば和食が食べられる店も開くのだけど、普段は8時過ぎには仕事してますから調子が狂うんですよ。

 そんなときに行ってしまうのが、

 東急ハーベストの朝ごはん。

 365日ブッフェスタイルなので洋食の朝ご飯も有りなのですけどね、この数年は和食に力を入れているような気がします。


 ご飯に合うおかずがパンのそれよりはるかに多いんです。

 軽くごはん一杯したら、カレーで半杯。

 ああっ、これでは体重が(>_<)

 反省して締めのフルーツと雪景色を楽しむおやぢなのでした。(^0^;)


 冬にバイキング形式の朝ご飯が土日だけでもやっているホテル、お勧めをご存知てしたら教えてください。
 おやぢは他にマロウドイン位しか知らないんです。

 今週末は密かに駅北口近くの帽子オバサンホテルの朝ご飯にトライしてみようかな?

霧の食堂

| コメント(0)


 皆さん、花粉来てますか?

 おやぢは来てます。


 軽井沢に居れば花粉症なんてほとんど出ないんですけどね、
関東平野に入ると症状が出るんです。

 今年は平年並みに飛ぶようで困ったものですね。


 飛ぶと言えば我が家の食堂、メニューはヒマワリの種だけ(^。^;)。

  雪が融けているにも関わらず小鳥達が集まってくるんです。

 春から秋まではあまり寄りつかないくせに(>_<)

 先日はカラ達に混じってスズメまで行列してました。

 夜の羽田空港よりトラフィックがあるかもしれませんね。

 そして霧が出ると春が来ている感じがします。

 雪が融けると庭掃除の手抜きが分かってしまうので、春が待ち遠しいやら憂鬱だったりします。

明日でお別れなのね

| コメント(0)
明後日から走り始める 北陸新幹線。

金沢・富山辺りでは大盛り上がりですけど。 東京から出かけるところは
沢山あるから油断は出来ませんよ な 春を迎えつつありますね。


明日 3/13で終わってしまうのは

長野新幹線 軽井沢始発のあさま 
信越本線 長野?直江津間 と 妙高号、くびきの号

DSC_0023.JPG


北陸本線 金沢ー直江津間 と ほぼすべての優等列車と
DSCN0451.JPG

交直両用電車たち(富山ー直江津間)
DSCN0440.JPG

 新幹線作ってやったから在来線は地方自治体に押し付けて赤字は税金補填なっ みたいな
地方軽視施策始めた時点で 1996年の自民・社民・さきがけ政権のバッドデシジョンなんでしょうね。

 百万歩譲って 信越本線は上越本線で代替できるとして、
北陸本線は物流の背骨でしょう?

 東海道本線がダウンした時に東西の物流を確保するために 上越→信越→北陸ルートは
ぜひとも確保していただきたいと思うのですけれどね。

 4年前に山や東北へ物資を運んだのは鉄道ということを、もう忘れてしまったのですかねぇ。
当時の政権なら仕方ないけど今の政権にはしっかりと考えて頂きたい。

 地方に任せるのではなくて一体経営で並行在来線を運営して欲しいなぁとおもうのだけど
赤字路線(我がしなの鉄道は違うけど)ばかりで自治体からの補助がないと続けられないから
合併はむずかしいんでしょうねぇ。

 信越本線鉄道会社とか北陸本線鉄道会社にすれば良いのにと思ってしまいます。

 なんの問題もなかった あさまサンライズ号、旧国鉄の189系特急車両を使って
小諸から長野まで快適な移動ができたこの車両も、 信越本線が北しなの線と越後トキめき鉄道(なんて品の無い名前だ)に分割されたので

 明日で廃止ですって

DSCN0396.JPG

金沢、富山から「かがやき」に乗ってくる観光客の方々は 長野で乗り換えになるので
この車両を改造して一日3便で良いから長野ー軽井沢の有料急行で走らせてくれないかなぁ。

 JR東日本長野支社からなくなるなんてことになりませんように。



今日でお別れなのね

| コメント(0)
去年は夏と年末に信越本線、北陸本線の車両たちにお別れをしてきたおやぢです。

だいたい 葬式鉄とかいう連中は嫌いです。

 人の葬式に勝手に現れて精進落としの酒や食べ物を漁った挙句に
「寿司が美味くない」とか文句たれる輩な匂いがします。

人としてどうなんでしょうね。

 今日の上野駅とか大阪駅とか札幌駅とかは乗車券持っていない人間は関連する
ホームに入れなきゃいいのにと憤慨しているおやぢです。

 札幌駅は構造的に無理な話ですけど

 大阪駅の「とおいち番」、上野駅の「とおさん番」とか「とおよん番」とかは構造的に出来るんじゃないですかねぇ。

 まったく迷惑な話で。

 本当のファンはゆったりと別れをするものなのです。

DSC_0823.JPG

すでに走らなくなった日本海とペアのトワイライトエクスプレスの乗車案内(新津駅)とか



storage_emulated_0_Nikon_WU_Card_D20140823_003_100NIKON_DSCN0407.JPG

189系の洗面台、お湯が出るので子供の頃感激したなぁ。

ひげ剃り用の100Vコンセント付きとかついているのだけど
夜汽車で使うなら有りだけど昼の特急でどれだけ需要があったのでしょうね。


DSC_0297.JPG

直江津ではもう見られないだろう 115系湘南色電車とか。

そして明日からは軽井沢出発の「青春18きっぷ」を使った旅行も様変わりしますね。

長野から飯山線に乗るか、篠ノ井から西に動くか。

それとも横川まで車で下りて高崎からあちこちへ動くのか?

なので青春18きっぷを買わなくなるのかもしれません。

 もうそれなりの歳なので 大人の休日倶楽部パス使って出掛けるのかなぁ

 楽になるけどちょっとさびしいですね。

おやぢの家は碓氷軽井沢インターと軽井沢駅との中間地点、

なので軽井沢から東京へ車で向かうには渋滞知らずなのですけど、

浅間プリンスの手前を右折して下仁田へ降りることが多いおやぢです。

 通称もみじ街道は一年中色々な風景を楽しめるので運転していても楽しいですよね。

なんといっても 渋滞したことがない

本宿のバイパスを走って神社下の信号を左折して橋を渡れば 本宿。

DSC_1134.JPG

バイパスが出来る前は家を縫うように走る狭い道を通って和美峠へ出ていたんですよね。

車を停めているのは下仁田町役場西牧出張所。

その向かいにあるのが昔から気になっていた

DSC_1133.JPG

嶋屋菓子店。

土蔵を改造したような造りで、店内に入ると納得できる構えになってます。

実は これだけ軽井沢と関わってきて和美峠を昇り降りすること数知れず、なのに

初訪問なんです。


 中に入れば和菓子やシフォンケーキ(前日予約)、昭和のカステラとか。

 とても良いお店でした。

 訪問したのが先月末だったので桜餅と昭和のカステラを買いました。

DSC_1140.JPG

写真は桜餅しか無いんですけどね (^o^;


 これが実に美味い。丁寧に作られたアンコと桜餅の皮。
桜の葉っぱはちゃんとした塩漬け。

 甘いものはちょっと苦手なおやぢですが、濃茶を煎れて美味しく頂きました。


 昭和のカステラはずいぶん懐かしい味。 昭和30年代の子どもたちはこれがご馳走なんだよなぁと
懐かしんで食べてたら一本食べてしまいました。

 けど、一本食べてもうまい棒サイズ(もっと短いかも)なのでお値段もリーズナブル。

 次回は前日に電話をしてシフォンケーキ焼いていただきたいなぁと
切に思ったわけです。


 下仁田町本宿のお菓子といえば「本宿ドーナッツ」が有名なのですが、そのお店はもう少し下仁田側へ行った所に
あります。

 嶋屋、 お勧めですよ

今日のブログは分かる人にしかわからないシリーズ。
そうです! EF63型電気機関車運転の話です (^_^;)

昨日は朝ごはんしたら碓氷峠を下って横川の てつどう文化むらへ。
ようやく重連運転の日がやって来ました。

重連というのは機関車を2台つなげて走るんです。

それまでは単機といって1台で走ってたんですけどね。

今日はこんなかんじでした。
DSC_1181.JPG

今日のお相手は 本務機はブレーキの効きが良い感じのする24号、補機は12号機。

--- ここからは再開の行まで好きな人だけ読んでね
本務機のバッテリー投入
転換制御
補機へ移動途中にATS 1エンド、下り
補機の1エンドでバッテリー投入、パン上げ
MRオン、MMオフ。

本務機に戻り パン上げからの順で準備ができたら 他車MMオン(なぜかMMだけはリモート制御)

短一声して先頭の手旗信号手から単一声の応答があれば
長一声では手旗信号に従って発車。

手旗信号は40m先。ポイントを塞いでます。
DSC_1179.JPG

折り返し停止位置で常用全制動、HB落とし、制御、バーニア、ATSをオフにして 本務機MR,MMオフしてパン下げ
ATSを上りに切替して戻る。

パン上げ、B9設定したら 発車。

坂を下って発電ブレーキ確認 電流計またはランプで確認(出来ない時もある:アナログだから)

--- ここから再開してね

いつもの様に下り坂で単弁で一旦停止。

ブレーキをかけたら補機が押してくる ?(゚Д゚)ガーン

押すなよ、絶対に押すなよっ!!

ガゴガコ音してますぜ旦那。


空気指令だがら補機のブレーキがワンテンポ遅れるんですって。

お師匠さんが最後に運転してた185系特急電車も同じなんだそうだ。
最近の電車は電気指令なので西武線なんかじゃ感じられない感覚。 ドキドキ

その後急にブレーキが効いてきたので弛めたら 今度は補機が引っ張る。
お"お"ー そこで停まっちゃ ダメよーダメダメ。

なのでピッタリ停めないと運転席から降りられない最後の停止も

単機なら停まれるはずなのに補機が引っ張るものだから手前で停止。

マスコン入れてブレーキかけたら補機が押す。

をいっ そこでは押すなよ、絶対押すなよっ ザブーーンみたいな

状態で停止位置オーバーラン(T_T)

バックしてみれば補機がブレーキ遅れる分ぎりぎりの位置で停止。


うわー 行ったり来たりと、おやぢのグリーン周りのゴルフみたいだ ?(゚Д゚)ガーン


停止位置に着いたら本務機パン下げ、バッテリー投入したまま補機でパン下げ バッテリー切断

難しいけど面白いです。 初めて運転した時みたいなドキドキ感がたまらないです。

次の予約は5月 どうなることやら。





おやぢ独りの格安朝食バイキング

| コメント(0)
土曜日の朝、横川に向かう前には和食の朝ごはんと決めていたおやぢです。

どうもおやぢ独りの食事って難しい。


酒場ならおやぢ独りでも様になる。

昼だってラーメン独りで啜っても実に自然だ。

朝の喫茶店で文庫本でも読みながら厚切りトーストとコーヒーでもなんとかなる。


でも 朝の和食でおやぢ独りの軽井沢と選択肢を増やしていくとこれが難しい、


和食の朝ごはんなら東急ハーヴェストクラブということになるのだけれど、
独りで行くのはなんだか場違いな気がしてしまうんです。

「あのお爺さん独りでバイキング来てるけど、若い奥さんもらって浮気されちゃって今は独りなのよ」
とか
「きっと仕事がんばったけど彼女も出来なくて一生独身なのよ」
などのあらぬ疑い掛けられそうで怖いです (^_^;)


 どうしようか悩んでいたら軽井沢駅北側の変な面白い帽子の社長が経営しているアパホテルが有ることを思い出した。

北陸に出張したときに朝食バイキングを食べた事があって、電話してみれば軽井沢も朝食バイキングなのだそうだ。

しかも7時スタートという 年寄りにはありがたい朝早い営業。


早速行ってみた。
味噌汁と ボルシチとが被ってしまった。

DSC_1174.JPG

他にサラダも有ったんだよね。 写ってないけど。

プリンスホテルの半額くらいのお値段でこれだけの品があれば十分お値打ち。

 ゆっくり食べて 御飯を半分おかわりして浅間納豆でフィニッシュ。

最後にコーヒーでゆっくりすれば 大満足。


大満足なんだけど出張で忙しい頃の朝を思い出しちゃったぜい。

ところでこのホテルの駐車場、昔の軽井沢駅構内なんですね。

DSC_1175.JPG

東京方面(信越本線上り)ホームの列車に連結するEF63の待機線あたりのような気がします。

バス停の辺りにあるのはEF63の留置線。

一本南側には恐らく上り本線の跡地がが樅の木に占領されてました。。

DSC_11762015-03-14.JPG

切断されて何もない線路って哀愁漂いますよね。


アパホテルの朝食バイキング、7時45分になったらちょっと我慢して まるほん食堂に
行ってしまうのだろうなと思います。

独りで朝一番に腹ペコで駆けつけるなら行く価値有りです。
 

今年はダメにならないかも。

| コメント(0)
日曜日の夜まではそれなりに元気だったんですけど、

朝 目覚めたら 芋虫   身体が動かなかったおやぢです。

春の季節はなんとなく体調がダメダメになるんですよ。


駄目にしちゃうといえば我が家の野沢菜漬け。

夜になれば零度近くまで落ちるとはいうものの、天気予報によれば今週の最高気温15℃とか14℃とか。 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

心配なのは
DSC_1182.JPG

そう。野沢菜漬け。

 残り少しになってきたのもあって 樽から出して
つけ汁ごとZIPLOCKへ入れて冷蔵庫へ移動。


 フキノトウが出るまでに食べ切っちゃうかもしれませんね。

日曜の朝ごはんは野沢菜とソーセージのペペロンチーノ、すっかり定番になりつつ有ります。


DSC_1190.JPG

そういえば野沢菜漬け

 漬物として食べるより、料理の素材として使うシーンが多いように思います。

 なかなか家で白飯を炊かないから自然とそうなっちゃうんですかねぇ。


 週末だけで2樽消費するのなら永住した暁には5倍の10樽ほど漬けないと駄目ですよね。

漬物小屋を作らなければ (^_^;)

もうすぐ春が

| コメント(0)
DSC_1185.JPG

雪の季節は一面真っ白の庭。

雪は良いよねぇ、全てを覆い尽くしてくれる。 とかいうセリフが有ったような気がしますが



雪が融けてくると姿を表わすのは秋にサボった落ち葉掃除していない庭。 

いやいや、ちゃんと掃除したんですけどね、

金と落ち葉は天下の周りものってわけで、庭の周辺部が落ち葉の絨毯だったんです (T_T)


仕方がないので落ち葉掃除開始な気温4度の軽井沢。

人間って怖いもので 4℃って暖かく感じられるんですよね。

冬山で凍死するケースはだいたい衣服を脱いじゃっているらしいですけど それと同じ錯覚なのでしょうか。


 庭掃除は地面が凍っている今の季節が楽でよいのだけど、一部は落ち葉の絨毯のおかげて凍結してなくて

春の準備は進んでいるのですヘ。


DSC_1184.JPG

見難いけれど 多分サクラソウの葉っぱなような気がします。

軽井沢町の花でもある ニホンサクラソウ、 実は日陰のほうが元気になるのだそうです。

こんな日差しの良い場所に晒して元気に育ってくれるのでしょうか?



 まだまだ寒いけれど春は確実に近づいて来てますね。

白糸ハイランドウェイのお話

| コメント(2)
旧軽ロータリーから三笠会館を見ながら三笠會館駐車場の箇所から唐松沢バス停留所までは
車でしか登れないほどの急勾配。

ましてや冬の季節になると雪やら氷やらで難所となるのですね。

こんなところを定時運行している草軽交通バスの運転手さん、その技量に感服してしまいます。

問題はレンタカーやマイカーで冬なのに夏タイヤだったりするドライバー。

軽井沢は雪国じゃないけどスタッドレスタイヤは必須なので
装着して来軽していただきたいとおもいます。

DSC_1107.JPG

この看板は伊達じゃないです。

おやぢの車はアウトバックで4輪駆動+コンピュータ制御+スタッドレス。

それでも積雪時に停まったりしたらバックするしか無いかもしれません。

雪のバックって滑ったら止まらないので登りよりきついんですよね。

真冬でもライジングフィールド軽井沢まで行くことが多いのでこの道をとおるのか

小瀬林道を星野からあがるしか無いんですよ。


常駐したら軽自動車+4WDにするのか 電気自動車にするのか悩むのですけど
電気自動車の4WDってアメ車のテスラしか設定がないので この3年で色々良くなってほしいと思います。


 ところでこの白糸ハイランドウェイ、 途中に 「FFP区間始まり」 「FFP区間終わり」とか
有るのですけど 何のことでしょう? ダボスから帰ったばかりのあの方に効くしかないですかね。


 今週末は東京、月末金曜夜に戻ります。




下仁田の秘湯(八千代温泉)

| コメント(0)
DSC_1224.JPG

軽井沢駅から北軽井沢とか御代田とかにはたくさんある温泉。

おやぢの小屋は軽井沢72ゴルフの近くなので帰り道にちょっと寄って温泉に浸かるには

群馬県の下仁田町になることが多いです。

下仁田町の温泉といえば

荒船の湯とか 清流荘とかあるのですが

荒船の湯はカルキ臭くて好みじゃない。

清流荘は露天風呂のみ外来開放なので冬はちょっと辛い(湯は最高なのですけどね)。


 それで 浅間プリンスから車で15分あまりの

 八千代温泉「芹の湯」 お勧めです。

ingress_20150315_104853_0.jpg

 ホームページはここから


 炭酸成分は無いけど初谷温泉と同じ塩分が多い鉱泉です。

 ホウ酸濃度が高いのでスベスベツルツルになること間違いなし。


 温泉だけなら500円(大人)

 日曜日は食事処で一日楽しむ群馬県民の皆さん。 食事もできます。

 釜に入った釜揚げうどんがお勧めなのですがホームページに載っていないなぁ

 メニューが変わったのかもしれません。


 成分が濃いお風呂なので足元に気をつけてゆったりと温まりましょう。




5月のキャンプは鹿肉祭りか?

| コメント(0)
DSC_1130.JPG

先日のこと、御代田のお友達の家に行った時に

「鹿肉要る?」と聞かれたので

脊髄反射的にお礼を言ってしまったおやぢです。



今年は特別保護区である軽井沢町の北側でも駆除が始まっていて

可愛くて美味しい鹿たちを駆除なんて言葉つかうのは申し訳ないのだけど

ずいぶんと肉が余っているようだ。



 いただいたのは3ブロック、で一つがなかなかの大きさ。

おやぢ一人飯ではとても食べ切らないので(嫁と2人でもちょっときつい)、

なのでとりあえず冷凍庫でお休みしてもらっています。


 我が家の冷蔵庫は古いので冷凍機能が弱いから冷凍焼けするまえに
使いきらなければなりません。


なので大勢でごはんを食べるときに使いたいななどと思ってます。


 確実に持っていくのは5月連休のキャンプ。


 鹿のローストビーフならぬローストディアでも作っちゃいますかね。

( ゚д゚)ハッ!

 そのためには ダッチオーブンとかスキレットとか必要なのではないだろうか (^o^;


17インチぐらいのダッチオーブン(鋼鉄製)なら充分なのだけど、

ダッチオーブン買わずにキャンプしてきたおやぢとしては ちょっと悔しいです。


 とりあえず値段だけ調べようっと。 調べるだけだよ 調べるだけ...


と、いうわけで5月連休のキャンプ、 彩の国キャンプ村でやってますので

鹿だけでも食べに来てください

庭掃除は点火の準備

| コメント(0)
我が家は森というか林というかの中にあって庭には楢の木(かな?)が鎮座しているのです。

なので、庭掃除をするときは2段階で掃除することになるんです。

まずは庭に落ちている小枝を目の粗い熊手で集めてから落ち葉などを吹き飛ばしたり吸い取ったりかき集めたり。

DSC_1187.JPG

拾い集めた小枝はかごに入れて窓の側に置いておくと便利なんです。

なにがというと 薪ストーブのスターターに使うんです。

かごの半分ぐらいの長さに折ってから コメリで100円しない着火剤(文化たきつけ)の上に並べて

点火!

DSC_12092015-03-20.JPG

最初はガスバーナーを使ってたんですけどね、厳冬期の軽井沢だと

深夜に帰宅すると室内温度は零下になっていてカセットボンベ製品は
根性がなくなってしまうんです。

軽井沢の冬はガスライターも機嫌が悪くなるのでマッチは欠かせないです。



一次空気は全開にしておくのですけど、ストーブが大きいせいなのかドラフトを得たら
扉も少しだけ開けておきます。
DSC_12102015-03-20.JPG

扉がほんの少し開いているのがお分かりでしょうか?

ドラフトが得られているので炎も元気よく炉内を舐めてます。


 ドラフトが得られないうちに開けると煙が扉から出てきちゃいますからね。


下のほうが赤く熾になって燃えてきた感じになったら太い薪を投入して

DSC_12122015-03-20.JPG

空気の通り道が出来るように置いたら 煙突の温度が200℃くらいまで上がるのを待ちます。

温度が上がったら一次空気を絞ってオーロラバーンと言われている2次燃焼だけで運転します。

先代の鋳物ストーブは温まり始めるまでに小一時間かかってたんですけど(小さかったしね)、

鋼板ストーブは立ち上がりが早いですね。

最後の写真状態から1時間かからずに室温を快適温度まで上げてくれます。

冷えるのが早いといわれてるのですけど 25時くらいに太めの薪を煎れて空気を絞れば朝の7時には燃え残りが
まだ元気で煙突温度も50℃越えなので気になりません。


庭掃除をやっているのは薪ストーブの為だったりするというお話でした。

しかしamazonで調べると なんでこんなに高いのでしょう文化たきつけ。

今シーズンのはじめに10袋買いましたが、まだ3袋ぐらいしか使っていないうちに春が来ちゃいましたね。



ベッドには気をつけよう

| コメント(0)
月に1,2回 ニホンリスの森に出掛けてるおやぢです。

家から上ること150メートル、標高1,100メートルになると 
まだまだ雪深くてカンジキが欲しくなっちゃいます。

3ー23image.jpg

それでも山中の良い気を体に浴びると幸せな気分になりますね。

 そろそろ雪もうすくなって散歩がしたくなります。


 長靴で歩けるようになったら小瀬温泉駅跡地を調査しようと思っています。


 ついでに蕗の薹とか採れたら最高なんですけれど(^。^;)


 そんな山歩きの中で見つけたのは

image.jpg

これ。

なんだと思います?

ニホンリスの寝床?

鳥の巣?

いえいえ、熊の寝床?なんてす。

熊棚というんです。


 実はこの熊棚、林道の真上にあったりします。

 熊は毎日寝床を変えるそうですからいつもここで寝るわけでは
ないのですけど。

 人間と熊との距離はこんなにも近いんですね。

 
 別に 人間が自然破壊するせいだ! とか 熊さんが可哀想! 
なんて戯れ言を言いたい訳じゃなくて、

 大昔から人間として獣は近い距離で生きてきたんだと思います。

 獣と人間は離れてるなんて都会だけのお話なんじゃないのかな。


 しかし山歩きしていて熊とバッタリと言うのは嬉しくないので
爆竹位は持ってあるこうかと思います。


 余っている弾を撃てれば簡単なのですけれど、犯罪者には
なりたくないのでした。(^。^;)





雪が降ってアイスバーンになる季節にはあまり夜は走りたくない女街道。

女街道とか表現が柔らかになっているけど、

軽井沢に来たことには 女衒街道といって 江戸時代のオドロオドロしい感じに
びっくりした記憶があります。



この女街道、軽井沢72ゴルフ北コースを我が家の方に向かって少し行った所で

大規模な伐採が有ったのは二年前。

DSC_1128.JPG

道路の南側が伐採されているんです。

同じ頃に 近くの私有地の森をバッサリと切ったのを間近に見てしまったので

軽井沢町に怒りを覚えていたおやぢです。


実は意味が有ったのを理解したのは最近のこと。

それは アイスバーンの箇所が少なくなったなぁと感じた午後の事でした。


伐採に寄る日当たりが良くなって早めに雪が消えていくように思います。

雪が融けると水になりアイスバーンになるですけど、日差しがあると

乾燥した冬の気候が水を蒸発させてくれるのでしょうか?。


伐採していない所はこんな感じ
DSC_1126.JPG

同じ時刻に走っているのに路面が濡れているのがわかるでしょうか?

いままで 無駄に伐採するなんて本当に??とか思っていたのだけど

無駄じゃなかったんですね。


私有地で伐採した方は未だに意味がわかりません。

Nikonの古いもの

| コメント(0)
昨日のブログで 「クマには爆竹」とか書いちゃったんですけど 間違いでした。m(_ _)m

そもそも乾燥している山で爆竹を鳴らすのは 火事の危険も有るし、爆発した紙片は撒き散らかされるし

良いこと無いんです。


 間違ったといえば そもそも 最近のクマは 発砲音を聞くと 鹿が倒されたから
ボクの分前があるんじゃないかと考えて寄ってくるのだそうです。

 熊鈴と同じですね。 やっぱりブツブツ言いながら歩くのが正しいのかなぁ

 ブツブツと山歩きしているときに持っておきたいのは猟銃。じゃなくて双眼鏡。



実家の遺品のなかから掘り出してきた双眼鏡。

自然の近くで生活していると時々使うので重宝しています。

先日 新たな双眼鏡を発掘したのでチェックしてみれば

目を当てる部分のゴムが一つ無くなってました。

Nikonのサービスでまだ購入できる部品なのかを調べるのに一週間ほど。

Webで問い合わせしてみれば即回答がありました。

部品番号でググってみれば楽天市場のカメラ屋が販売できるとのことで

さっそく取り寄せ、修理してみました。

DSC_1196.JPG

修理って行ってもゴムを外してつけただけですけどね (^_^;)

この部品の名前は 「目当てゴム」

そんな名前とはつゆ知らず。 

「接眼レンズ ゴム」とか
「双眼鏡 ゴム」とか

調べてみたのだけど 部品名まで辿り着かなかったんです。


 雪が溶けたら山歩きの装備がひとつ復活して嬉しいです。

ニホンリスの森 給餌の楽しみ

| コメント(0)
一ヶ月に1回か2回の楽しみは ニホンリスの森への給餌。

そろそろ雪が融けてきているので給餌の前後に軽くトレックできるのも

嬉しいです。(^o^)v



 場所によっては相変わらずカンジキが必須な場所も有るのですけれどね、

雪解けから小さな草花が生えてきて フキノトウとかタラノメとか、コシアブラとか

草花が生えてくるのを楽しみにしています。

( ゚д゚)ハッ! 食べることしか考えてないのがバレバレです (^_^;)



今までは雪があったのでこんな風に分かりやすい食べ跡なのですけど
DSC_1204.JPG

一つは食べ終わって もう一つは殻が半分だけ。

うーん もう一つは給餌箱にも無かったし、どうしちゃったんでしょうね。

殻ごと口へ押しこむなんてこと、ディズニーのアニメじゃあるまいし。

実際の ニホンリスはしないでしょうからねぇ


これからは 足跡などの痕跡もなくてその場で食べたときの

DSC_1198.JPG


こんな跡だけが残るようになるのでしょうね。

それでも新緑のフィールドを早朝に歩くのはいつもワクワクしてしまします。

( ゚д゚)ハッ!

7時に給餌して山を降りれば フランスベーカリーのフランスパン焼き上がり時間にピッタリじゃないですか。

森でゆっくりしていれば まるほん食堂で朝食というステキな予定も立っちゃいます。


山でも里でも お楽しみという ダブルで嬉しい 給餌の楽しみです。


彼岸ですねぇ。 暖かな埼玉

| コメント(0)
DSC_1247.JPG

 彼岸の中日に所沢の友人宅でたっぷりと飲んでいたわりには元気な日曜日。

朝早く起きて二日酔いもないので 墓参りに出掛けることにしました。


 我が家の墓は圏央道狭山インターからちょっとのところ。

 昔(親が)狭山市に住んでいた頃の名残で 草創 天正7年とか天正18年とか。

豊臣秀吉が小田原城を落とした年のあたりなのでそうで、

日本史には興味がなかった高校時代に毎時間寝ていたおやぢとしては さっぱりなんのことやら ┐(´∀`)┌


 まあ、境内の造りとか、古い墓石などを見れば納得できるというものです。

 暖かな日差しと青空に八重桜。

 日本人で良かったという気持ちがします。


 半年ぶりの墓は やっぱり雑草取りからスタートして小一時間。

DSC_1246.JPG

 綺麗になった墓に花を供えて香を炊き 林田家の見守りをお願いしてきました。

問題は 備えた花達、 途中のコンビニで買ったんですけどね、

よく見れば枯れていたり疲れていたりとちょっとみすぼらしい割に高かった (ノД`)シクシク


次からは 現地のヤオコーでしっかりと買うようするので 父さん、爺さん、お祖母さん 先祖のみなさん

どうか許してやってください。


 墓参りが終わった後は 入間市野田というところで昔からの造り醤油屋の鈴木醤油店を目指したのだけど

日曜日だからなのか閉まってた。 

 TKG用醤油とか出てくる30年も前に見つけた 卵かけごはんにピッタリの醤油が買えると思ったのだけど

ざんねんでした。


 帰りは圏央道狭山から関越道に出て所沢経由で帰宅。 1時間を切って帰宅出来たので次からは高速使うかな。



軽井沢駅を北口に出て、中軽井沢方面に歩く(旧)軽井沢駅舎記念館。

新幹線開業前の軽井沢駅舎を一旦取り壊して再築した建物で実に味わいのある建物です。

1階には鉄道資料 国鉄だけじゃなくて草軽電気鉄道も
2階には貴賓室が開放されていて 見どころがある割に 200円というリーズナブルな料金

碓氷峠を登り降りした電気機関車 EC40、EF63とか貴重な電気機関車とか......(10,000文字省略)


記念館の正面は交番、 その左手に保存されているのが 草軽電気鉄道の電気機関車「デキ12形 13号機」。
DSC_1118.JPG

パンタグラフに特徴があるのですけど今日はその中を舐めるように観察してきました。

運行当時は草津温泉方面に運転台を置いていたようです。
運転台の反対側には制御用の抵抗器が収められています。

モーターは2つ
DSC_1119.JPG
37KWの電動機が2つ 当然つりかけ式。

しなの鉄道で走っている115系電車の 3分の1のパワーで急勾配を登っていたのも凄い話ですけど、

鉄道の本質は安全に停止できること。

ところがこの電気機関車、ブレーキは手動ブレーキといって ハンドルを回してブレーキを掛けるという代物。

DSC_1120.JPG

運転席もさっぱりしたもので、今の電気機関車のような スピートメーターも圧力計も
有りません。
#昔々お西武鉄道の電車もスピードメーターが無かった記憶があります。

丸いハンドルがブレーキ。

他にも電気ブレーキが有ったようなのですが、手前のレバーがマスコンに相当するので
ここで切り替えたのでしょうか?

奥のレバーは逆転機かと思われます。


この狭い運転席でマスコンで電気ブレーキを掛けつつ、丸いハンドルでブレーキをかけながら
滑る山中(雪中)を走っていたのですから素晴らしい物を感じます。

昭和34年まで走っていたのですから、配線を交換して絶縁試験をすれば
モーターが元気なら走ることが出来るように思います。

草軽電鉄復活プロジェクトではバランスウエイトの代わりにバッテリーを積んで
ACCUMの様に 駅で充電→走行 という方式が取れないかなと思います。

今は交番の裏手なので部品盗難に逢わないでるのかもしれませんが

小瀬温泉駅あたりで走らせたいなぁと思うおやぢなのでありました。







下仁田町のポータル2箇所を大事に持っていたのに62日目にして反転させられてしまいました。

まぁ INGRESSってそんな遊びですからね、仕方ないので今週末に再奪取しようと企んでいるおやぢです。

下仁田町といえば昭和のグルメ店が沢山あってニコニコしてしまうのですけどね。


先日のことですけど 昼下がりの下仁田駅前、

普通のカツ丼だと食べきれないボリュームの「きよしや」に入ろうと思ったら
入り口近くで並ぶわけでもなくスマホに夢中な青年2名

ドアを開けたらウエイティングが居たので出てきたら (・∀・)ニヤニヤ されてちょっと嫌な気持ち。


おうおうおうおうおうっ こちとら下仁田の飲食店は庭みたいなものなんだぜ
きよしやがダメなら 鍋屋とか茶々とかいくらでも店はあるんでぃ

 と 啖呵は切らずに別の店へ。

安定の 日昇軒へ飛び込んで。

DSC_1227.JPG

ランチの 鶏肉ソテー、マヨネーズソースを横目で見ながら
安定のカツ丼850円。

思えば3年前の スタンプラリー以来のカツ丼でした。

洋食屋っぽいカツは 昭和洋食マニアのおやぢにジャストミートなのでございます。

アウトバックを停めた秘密の場所までテクテクあるけば頭上にあったのがこれ。
DSC_1229.JPG

上毛かるた 県大会優勝 !!!!

旭町子供会のみんな 頑張ったねぇ

素晴らしい ( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ


しかーし、 残念ながら上毛かるたって 知らないんだよ 東京育ちのおじさんだし。

ごめんなさい m(_ _)m


 
ググってみれば

ねぎとこんにゃく下仁田名産
日本で最初の富岡製糸
碓氷峠の関所跡
浅間のいたずら鬼押出し
登る榛名のキャンプ村 ← 昭和22年のかるたでキャンプ (゚д゚)!

ループで名高い清水トンネル !! ←昭和6年竣工
>DSC_1229.JPG
画像は上毛かるた写真館 https://members3.jcom.home.ne.jp/jomo-krt-photo/ より借用しました。


碓氷峠はアプトで登る とか出来なかったのかなぁ 明治の話なのになぁ

上毛かるた 昭和22年発行の話でした。

ワインの海に沈んだ後は...

| コメント(0)
昨日は佐久市にある ベストプランニングさんのペレットストーブショールーム
ワイン会。

17時あたりから開催でした。

食べ物はショールームから極近の 大好きなイタリアン ジンガラ さん


DSC_1336.JPG

相変わらず 素晴らしいお味とコストパフォマンス!

泡からスタートしたワイン会

ワインセレクトはいつも感動とびっくりさせてくれるあのお方。

手頃なお値段でワインの海に沈ませていただきました。

一番感動したのは 泡の部(といっても スプマンテですけどね)

これ

DSC_1334.JPG

お味でびっくり、お値段聞いて また感動という お約束の展開に。

白を堪能して、お腹もいい塩梅になってきたところで

真打ち道場

極々一部ですけど

DSC_1335.JPG

どうやら 20本以上のワインが空いたようです。

いろいろな方とお話して気がつけば9時

ショールームからググってみれば佐久平まで2.7Km


半月の元 星を見ながら歩こうかと思えば、風越へ帰る方の車が出るとのこと。

ほろ酔い気分だったので歩いていたら 岩村田のバーとか 佐久平駅のバーとかへ

フラフラと酔ってしまった、いや 寄ってしまったかもしれません。

軽井沢行き終電は22時だというのに (^_^;)


同乗していた方のお家で可愛いモカちゃんとシャイなワンコ(名前失念)にご挨拶してから

家の近くの道路で降ろしてもらうと...



ニホンリスの森運営委員会の後のパーティーがまだ明かりがついていて突入 (^_^;)

帰宅したのは23時過ぎ

ワインの海に沈んだ後は ビールと日本酒に溺れたのでありました。

楽しかったなぁ 


でも最近 軽井沢に帰ると良く飲んでいると思います。

昼間の肉体労働の話はまた次回にでも。




先週末は独身モードだったおやぢです。

独りだから あんな所とか、こんな所とか、バーホッピングとか

なんてやろうと思えばできるのだけど なんとなくそんな気持ちにもならないのは

老いたからでしょうか?

金曜日の夜だって帰宅したらこんな感じでナイトキャップしてました。

DSC_1292.JPG
ちょっと薫りが抜けてきたけど安定して美味いです

 山崎 ヘビーリーピーテッド 2013年


晩酌がこんな感じで終わった朝は なんとなくお腹が減ります。

朝から 白飯、味噌汁のラインアップが食べたいです。

アパホテルは先々週行ったからなぁ。

と 閃くのは 軽井沢のお手軽価格ホテルのツートップの一画をなす

チサンイン 軽井沢の格安朝食バイキングです。

若いころ 名古屋のチサンインによく停まったのだけど円柱形のビルだったから
ゲストルームはカットしたバームクーヘン状態だったのを 
不思議に思ってましたけどね。

 電話してみれば外来でもOKとのこと。

さらに 6:30から利用可能ということで 6:45にチサンイン着。

 朝食バイキング会場はなかなかのコンパクト、 おやぢは窓側のカウンター席を占拠して

朝ごはんの始まりです

DSC_1293.JPG


 そして プリンスホテル朝食バイキングの4分の1の料金で 白飯、味噌汁、サラダにオカズという
朝ごはんの完成です。


 おかずも 写真の他に ウインナー、スクランブルエッグ、ナポリタンスパゲティなど有って
白飯の友には 海苔に漬物と納豆が用意されてました。

 充分な品揃えなので味噌汁がボタンで出てくるタイプでも OK です。

 しかも6:30から食べられるというとてもありがたいスタートタイム。


 いままでは 佐久インター近くまで行っていたのが
無くなると思います。

 肝心の料金ですが 700円だったかな500円だったかな。

 牛丼屋で朝飯しなくなるという とても嬉しい話でした。


検索

               

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村