DSC_0255_R.JPG

久しぶりのお江戸で丸ノ内線

銀色に赤いラインも良いけれど昭和生まれのおやぢが

イメージするのは真っ赤な丸ノ内線

やっぱりこの色ですよねぇ

波型のラインはホームドアに隠されないように窓上になっちゃったけど

ホッとします

ところで、軽井沢駅で見たE7系の床下部分

DSC_0218_R.JPG

台車制御は分かるけど

MMBMって何?

DSC_0221_R.JPG

Batって何?

DSC_0219_R.JPG

ブレーキ制御は分かるけど

APUってなんじゃ?

飛行機のAPUなら知ってるけど

最近の装置略語って難しいですよねぇ

で、教えて君になるのも悔しいのでちょっと調べたら

MMBMって電気機関車のMB(モーターブロア)のようで

なーんだ

APUも補助電源装置で車内の電気(コンセントもだ)を供給するための機器でした

Batはバッテリーかな

なんかつまらないところが気になる東京往復でした。

よろしかったらクリックお願いいたします

ということで

( ゚д゚)ハッ! たいめいけん!

しかも ラーメンコーナーでキリキリ仕事している料理人の姿を見ながら

赤いチャーシュー麺でも食べよう!

八重洲口から日本橋まで歩いて到着したのは11時半

DSC_0230_R.JPG

あうっ ラーメンコーナーお休みかぁ

ならば仕方ないので1Fレストランへ

レストランでもラーメン食べられるけど料理場を見ながら食べるのが

最高のスパイスなので ラーメンは止めにして

DSC_0225_R.JPG

ボルシチと

DSC_0227_R.JPG

メンチカツ

サラリーマン時代には12時過ぎて店に入ると

売り切れなことが多かったメンチカツ

塩沢の菊水のフワフワなメンチカツも良いけれど

しっかりとしたメンチカツって軽井沢ではあまりお目にかかれ無くて

楽しくお昼が出来ました

ところで隣のテーブルに座ったお父さんと娘さん(推定20歳)の会話

「ボルシチってこの店の名物でイタリア料理が元なんだよ」

「へぇー そうなんだ この赤いのはトマト?」

「そうそうトマト、イタリアっぽいだろ」

お父さんを見つめる尊敬の眼差、うーん困ったもんだ

というスパイス付きでした。

別のテーブルの人(男性)がコールスローダブルで頼んでいたいので

次は真似してみようと思います

よろしかったらクリックお願いいたします

素敵なものに囲まれた あさまCafe

DSC_0000_BURST20200706153922626_R.JPG

一日中パソコン画面に向かって仕事していると

気分転換したいというもの。

自宅がオフィスというのは、気分転換も重要な仕事で

お爺ちゃんジムニーを走らせて向かったのは

新軽井沢交差点から離山通りに少し行った左側

宿泊施設のBBあさま併設な あさまCafe

木の香りに包まれた店内には

漫画が沢山!!

そして紫煙をくゆらすために外に出れば(店内は禁煙)、

緑の葉っぱと木々に囲まれて

なかなかな感じ

ホットコーヒー400円で

軽い食事(クロックムッシュなど)が摂れます

ガヤガヤしたハイシーズンの軽井沢でも

静かなティータイムを過ごせます

夜は18時まで

まったりとしたティータイムと漫画タイムが

おやぢ的には嬉しい。

よろしかったらクリックお願いいたします

40分はちょっと忙しい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_0147_R.JPG

思い立ったら温泉へ即行けるのが軽井沢の良いところ

1時間ほどで行ける温泉がたくさんあるのも嬉しいところです

別所温泉 草津温泉 などなど 

朝早く 温泉に行こうと決めたけど午前7時から開いている温泉は

別所と霊泉寺あたりしか思いつかなくて

ジムニー走らせて60分、駐車場から徒歩5分ほどの

別所温泉 大湯

DSC_0148_R.JPG

源泉掛け流し 循環ありだけど塩素混入はなし

そして入浴料金は150円 ヽ(=´▽`=)ノ

長湯したくなる温泉ですけど

DSC_0150_R.JPG

入浴者管理カードに住所と電話番号の記入をするようになってました

うーむ 個人情報管理が大変だー

そして 入浴者数の制限(これは納得)

浴室での大きな声の会話(うーん 放たれたVirusって浴室で即消滅しないのかな)

着替えを含めて40分以内で (゚∀゚)

いやいや、別所温泉が悪いわけじゃないんですよ

業界団体が出したガイドラインに沿って掲示してあるだけなので

悪気はないんです

でも 男ならなんとかなるけど女性の場合髪を乾かさなきゃいけないし

色々と事後処理がたくさんあるから40分はちょっと忙しくないのかな

よろしかったらクリックお願いいたします

アフターコロナなバイキング

DSC_0185_R.JPG

独りでは朝の外食はゴルフのスループレーする時に

何もないとき以外はしないのだけど

2人なら違います (^_^)v

前日夜に軽く飲んで食べてない翌朝

営業再開してどうやってるんだろうということで

行ってきました ハーヴェストクラブ軽井沢&VIALA

バイキング形式で営業していたのだけどものすごく気を配ってました

受付でアルコール消毒はもちろん、使い捨て手袋もお使いくださいとのこと

今まで大皿に乗っていたごちそうは蓋付きのストウブの中へ

ストウブの鍋を開けるのにちょっぴり苦労したけど

安心感はあります。

テーブルの間隔もタップリ取っていて

苦労しているんだなぁと

DSC_0186_R.JPG

大きな皿に盛るバイキングは いろいろな料理の味がごちゃまぜになって

ビビンしちゃうのが苦手だったけど

小皿がたくさん使えるので おやぢ的には最高です

タップリ食べて お昼は抜きになったのでした。

朝ごはんに1時間以上掛けるってちょっと贅沢ですよね。

よろしかったらクリックお願いいたします

旧軽井沢別荘地を歩く

DSC_0160_R.JPG

朝8時から入山コースでコテンパンにやられてしまって

でも天気とメンバーは最高な午前中

昼に帰宅してお仕事してから大賀ホール近くの県営駐車場にジムニー置いて

DSC_0166_R.JPG

マロウドインの裏手から旧軽井沢へお散歩

ホテルあたりは樹の手入れがされているけど

奥に入ると19時前なのに薄暗いです

写真は撮れなかったけど旧軽井沢も建設ブーム

あちこちで建設中の邸宅やホテル(?)を見ることができました

昭和40年代に出来たであろう渋い木造別荘も有ったりして

散歩していて飽きません

サナトリウムレーン(GoogleMapで初めて知った)からフーガの径に出る手前には

小山みたいのがあって

DSC_0168_R.JPG

山と緑が素晴らしい

で、最終目的地はパーティ

DSC_0175_R.JPG

ミヤマクワガタがお出迎えしてくれました

素敵なメンバーと素敵なお酒と会話

素敵な夜を過ごさせていただきました。

よろしかったらクリックお願いいたします

小瀬温泉ホテルは静かで贅沢な旅館

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSC_0116_R.JPG

長野県民限定の宿泊クーポンをゲットしたので

どこの温泉に行こうかなー

( ゚д゚)ハッ! 近距離過ぎて宿泊するという概念がないところで

DSC_0189_R.JPG

軽井沢の奥座敷かつ名湯な 小瀬温泉ホテルに泊まってきました

ここは数年前に忘年会をやらせてもらって ご飯がとっても良かったのと

ここの温泉が源泉掛け流し100% 循環、加温、消毒なしというグランドスラムな温泉でした。

まずは貸切露天風呂 緑の中で入浴は40分を目処に

ところがお湯が良すぎるから40分入ってられませんでした

汗が引かないので

ダウンロード_R.jpg

水分補給とクールダウン

そしてご飯は 

DSC_0206_R.JPGDSC_0204_R.JPG

オシャレで美味しいっ

こんな美味しいものには 

DSC_0208_R.JPG

生のハートランド ヽ(=´▽`=)ノ

DSC_0209_R.JPG

鮎の塩焼き撮りそびれちゃった (TдT)

そしてお酒が更に飲みたくなったので

DSC_0210_R.JPG

別オーダーの薫製盛り合わせ

タコ、イカ、ホタテに 猪と鹿

うーん大変だ 盆暮れ正月がいっぺんに来たみたい

締めのご飯は仄かなお焦げの香りがおやぢ心を鷲掴み!

とても満足な週末を過ごさせていただきました

落ち着いた感じな静かな温泉宿って良いですよ。

軽井沢周辺の皆様も首都圏の皆様も是非是非!

よろしかったらクリックお願いいたします

毎月1日はお朔日参り

毎月1日は神社にお参りしようとおもっても

なかなか出来なくて、移動中に見つけた神社で済ませたり穂高神社行ったりしていたおやぢです

でも違いますよね

朔日参りなので地元の神社に行かねばななりません

IngressのポータルなのでIngressお散歩していたときは行っていたのだけど

ようやく朔日参り行きました

軽井沢の馬取地区を収める

DSCPDC_0000_BURST20200701161858222_R.JPG

駒形神社です

ピカピカの鳥居がとても美しいです

(いつ補修したのでしょうね)

厳密に言うと おやぢの地区は馬取の隣なので、

レイクニュータウンにある発国神社なのかなと思ったけど

軽井沢を束ねる熊野皇大神社のWebサイトによればレイクニュータウンの神社は載っていなくて

それなら一番近いのは 駒形神社じゃないかと

DSC_0156_R.JPG

階段の苔生し具合がとても素敵

無事にお参りしてきました

そして気がつけば 我が家の神棚、

左は穂高神社だけど右の御札がありません

熊野皇大神社で頂いてくればよいのかな

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_0135_R.JPG

軽井沢に住んでいると軽井沢で宿泊ってあまり考えられなくて

おやぢの脳内ではバイキングのランチが食べられるホテルという認識な

軽井沢バイパス沿いにあるプチ・リヴィエール軽井沢

このホテルの裏手は蛍がでていたということも聞きました

COVID-19前は ホテル内のレストラン シュシュは

バイキング形式の食べ放題だったので胃袋のお願いに負けた時に

何回か訪問していました

しばらくお休みしていたのだけど

「カフェテリアで営業」

の看板が出ていたのでお昼に行ってみました

DSC_0138_R.JPG

店内は昔のお嬢さんグループとカップル(多分観光でいらしてる)の2組

爺さんなんかいません (^_^;)

写真は第一陣のお盆

奥の皿は鳥のローストとグラタン

サンドイッチはトーストしてあって

温かいものは温かいまま食べられます

他には カレーライスとか信州そばとか

最後はデザート皿もあって 1.320円(税込み)って

頑張ってるなぁ

フロントで「朝食も外来OKですか?」と聞いたら

朝食は開放していないとのお返事

うーん残念

でもほっこりしたランチさせていただきました。

よろしかったらクリックお願いいたします

土日は宇佐美

長野県に住んで思うのは

ガソリンが高いこと。

川崎から列車で坂城まで走ってきてからタンクローリーで配送するから

仕方ない事だとは思うのだけど

さらに 全国平均なみの金額なので

( ゚д゚)ハッ!

都会の安売りガソリン(競争が多いものね)に慣れてしまったのか!

そんな長野県民の味方が 追分の宇佐美さん

DSC_0121_R.JPG

土日に時々実施している 10円引きセール

この価格はお江戸のマンション近くで入れる値段と

ほとんど同じです

さすがにその日は

DSC_0123_R.JPG

2円引きクーポンは使えません

なので土日はガソリンスタンドへ行く日にしているのです

平日でも5円引きとかなのでクーポン使えば7円引きという

軽井沢の周辺って不思議なところで

北軽井沢へ行っても

横川に降りても

下仁田に降りても

ガソリン価格って軽井沢とあまり変わらないのですよ

なので 最近はガソリンのために山を降りていない ジムニーとアウトバックなのでした。

よろしかったらクリックお願いいたします

翌日の解毒

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

激しく飲んで帰宅した翌日

あ、米と汁が食べたい気分

気がつけばジムニーにガソリンも入れないと...

で、安中方面へ車を飛ばした日曜日

第一チェックポイントは

すっかりファミレス層に狙いを定めた 山田うどん食堂

うーん 山田うどんで良いんだけどね 食堂ですよ食堂!

そして 飲んだ翌日の定番は

DSC_0133_R.JPG

ミニカレーセット(かき揚げプラス)

そうかー うどんもミニだったんだ(すっかり忘れてる)

東京都と埼玉県との関所ちかくで育ったおやぢ、

山田うどんに来るのはおっさんばっかりで かけうどん35円を食べた後に

入間川で釣りをしたのは遠い昔(半世紀以上経ってる!)

まー なんっていいうのかなかき揚げが立派になっちゃって 爺さん少し寂しい (^_^;)

安中榛名駅から吾妻川沿いに出て

林温泉を狙うも COVID-19の影響で一般開放が中止されてました

それならばと

DSC_0134_R.JPG

半出来温泉でデトックス。

ここのお湯はぬるめなので夏の温泉にはピッタリ

400円という日帰り料金もありがたいことです。

この暑い時にジムニーで群馬県なんてマゾじゃないの?

と思ったみなさん、その理由は明日のココロだー

よろしかったらクリックお願いいたします

真夏の群馬に負けない!(というか冷え過ぎで寒い)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お爺ちゃんが乗るお爺ちゃんジムニー

5月末にコンプレッサーが止まってしまったので

アパホテル前の荻原自動車さんに修理してもらいました

まずは

コリビルド品コンプレッサーに交換! ところが

引取時に残念なお知らせで

DSC_0139_R.JPG

レシーバータンクも詰まっているそう。

なるほどレシーバータンク内のフィルタが腐って落ちるんですね

部品が入ってきてから交換してもらい

DSC_0140_R.JPG

レシーバータンクもピカピカになりました

しかーし エクスパンションバルブも詰まっていて

DSC_0141_R.JPG

こんな狭いところにあるところで作業してもらいました。

やっぱり23年目のジムニーですから

コンプレッサーが止まってしまう原因はレシーバータンクにあったのかもしれません

車はシステム。

DSC_0143_R.JPG

完全に修理されたエアコン

手が痛くなるぐらい効いてます ヽ(=´▽`=)ノ

軽井沢だからエアコンなくてもいいじゃん? と思った皆さん

エアコンはこれからの梅雨の季節と霧の季節に使うんです

そして 灼熱の群馬県まで降りていくことも

そうそう 後ろブレーキが甘くなっていたので(自己流で整備したやつ)

これもキリッと調整してもらいました

パーキングブレーキが5カチカチだったけど

これも 2カチカチでしっかり停まります

オイル交換とか日常点検とかは素人でもなんとかいけるけど

やっぱりプロの技は大事だね。

よろしかったらクリックお願いいたします

夏の飲み物

夏至を過ぎて間もないので

19時のバスに乗って軽井沢駅前へ

DSC_0125_R.JPG

外が明るいのにバーに入るのはちょっと小恥ずかしい (^_^;)

都会生活の時に居酒屋へはいるのは恥ずかしくないのだけどね (^_^;)

この日は夏みたいな気温だったので

夏の飲み物大会を一人でやりました

DSC_0126_R.JPG

まずは ギムレット

これを飲むとおやぢ的には夏です ( ー`дー´)キリッ

懐かしいなぁ 新宿の飛鳥とか白州とかで一杯目はこれって決めてたのは

四半世紀以上前の話なんです 

2杯目は

DSC_0129_R.JPG

BALVENIEのカリビアンカスクをミストで

しっかり締まった氷なのでグラスにミストがつくと

そのまま氷になるような感じが これまた夏!

DSC_0132_R.JPG

3杯目は クラッシック・オブ・アイラ

ノンチルなので

これはストレート

ああっ 夏の飲み物コンセプトがガラガラと音を立てて崩れてきました

だって こんなお酒、氷で割るのももったいない感じなので

ほどよく酔っ払ったおやぢは フラフラと有名なお方のように

夜の闇に吸い込まれていくのでありました

よろしかったらクリックお願いいたします

朝7時のレイクガーデンはデジイチの聖地

DSC_0117_R.JPG

土日は7時開園のレイクガーデン

前回はスマホだけの撮影だったので

キャノンのデジカメ持って行きました

園内はデジカメもった爺さん率高いです

あ、お嬢さんも居たっけな

IMG_6451_R.JPG

デジカメだとこんな絵も撮れてちょっといい気分

薔薇も来週末あたりまで保ってくれそうだけど

雨予報なのでラッキーだったように思います。

おやぢは薔薇も素敵だと思うのだけど

IMG_6443_R.JPG

こんな花も素敵だなぁ

そして デジカメに300mm望遠持っていったのは

IMG_6426_R.JPG

IMG_6431_R.JPG

この花を撮りたかったからでした。

池に咲く アザサ(合ってるかな)

小さな黄色い花が実に美しくて可愛い

じつは アザサって準絶滅危惧種なんだそうで

毎年花を見られるからボーッとして見てたけど貴重な植物だったんです

7時に入園して9時には帰宅してお仕事

これも田舎暮らしの特権かな

よろしかったらクリックお願いいたします

カツ丼中毒の解毒には侘助

なかなか行けないお店ってありますよね

今日はこの店で食べよう!と決めていくと定休日だったり満席だったり

先日なんか

卵とじカツ丼(あ、群馬長野はソースカツ丼がデフォルトだったりするので)食べたくて

一週間ぐらい悶々とした日々を過ごし、

よーし 今日はカツ丼だぁ

と心に決めた水曜日

侘助さん おやすみ

丸屋食堂 おやすみ(または休憩中)

横川までドライブ行こうかと思うくらい禁断症状

そりゃ 御代田まで行けば食べられるのだけど

とんかつ屋さんのカツ丼が食べたいんです。

その翌日

DSC_0103_R.JPG

侘助さんに入れました ヽ(=´▽`=)ノ

そうそう これこれ

揚げたてのカツで作ったカツ丼

お供は アサリのお味噌汁に自家製お新香

DSC_0105_R.JPG

専門店ならではの 分厚いロースカツ

感動のあまりピントがズレちゃった (TдT)

食べながら思ったのだけどタマゴがまた上手い

黒子の玉ねぎもいい味してます

椎名誠のエッセイみたいに丼抱えたままでワシワシと食べ進み

気がついたら空っぽの丼 

DSC_0101_R.JPG

ランチタイムメニューで

海老フライとメンチカツのコラボもそそるなぁ

でも次は王道のロースかつ定食かな

よろしかったらクリックお願いいたします