温泉アーカイブ

妙義の湯

 

ジムニーのガソリンが空っぽになり始めたので

ガソリンを入れたいのだけど土日の特売を待っていると

走れなくなりそうなので

碓氷バイパスを下って横川のガススタンドへ

碓氷バイパスの下り坂ではガソリン供給を止めるので

水温がどんどん下がります

お、今回は エンジンチェックランプ点かないぞ ヽ(^o^)丿

ガソリン入れたら温泉へ

妙義カントリークラブの温泉にはちょっと早かったので

DSC_1162_R.JPG

妙義の湯へ行きました JAF会員だとコーヒー1杯無料になります

DSC_1160_R.JPG

近くで見る妙義山と温泉って

加賀まりこと、浅丘ルリ子ぐらいの強力タッグはないのかなぁ

DSC_1167_R.JPG

温泉は極めて普通

だけど 自噴の温泉って貴重ですよね

ここに限らず(群馬県には多い)露天風呂の塩素濃度が高めなのは

なんなのでしょうね

プール入っているみたい

内湯はとても良いのに残念

で、帰り道を間違えて下仁田にでちゃったのだけど

展望台みたいのが有って

DSC_1177_R.JPG

どーんと妙義山に

DSC_1179_R.JPG

荒船山に艫岩

目の保養になりました

心残りといえば

DSC_1165 (1)_R.JPG

これが買えなかったことかな

美智子様の実家の醤油味

よろしかったらクリックお願いいたします


町営の湯のダジャレかと思えば高野長英の長英

 

浅間山に雲がかかっていた昼下がり

これは 台湾製スタッドレスタイヤのテストだっ

と北軽井沢に上がってみれば、なーんだ ちらついてる程度じゃん

北軽井沢駅に車を停めて温泉をググってみたら

長英のかくれ湯発見!

旧六合村の赤磐という集落の中にあるんですね

ちょっとアウトバックではギリギリな路地を上がったところにありました

DSC_1053_R.JPG

長英の隠れ湯

料金は協力金100円

どうも出来たばかりな感じがします

DSC_1055_R.JPG

源泉はこのタンクでしょうか?

浴室は大人4人でちょっと狭い感じ、2人なら余裕ですが。

DSC_1060_R.JPG

風呂の蓋は自分で開けてくんねぇっ な感じ

DSC_1061_R.JPG

ヌルヌルすべすべな Ph8.9 ヽ(^o^)丿

だけど湯温が低かった 

DSC_1063_R.JPG

加水、加温、循環、消毒、入浴剤ゼロの 本当の温泉なので

源泉が流れる右側の蛇口を開けて温めてもいいですよと

書いてあるけど、源泉100%に差し湯するのはとても気が引けます

こんな気持は小学生の時、銭湯で 「こらぼうずっ 水入れんじゃないっ」

と怒られた時以来 (^_^;)

ぬるいお湯ですから無限に入っていられます

気がつけば1時間も経っていました

湧出地泉温42.6度をタンクに貯めて流しているから

そんな温度なのでしょうね

これは冬じゃなくて夏にじっくり入りたい温泉でした。

でも雪の季節に行ってみたいです

軽井沢からは60分でお釣りが来ます、草津温泉からは15分

草津のキツイお湯に浸かった後にここで中和するのも良いかも

よろしかったらクリックお願いいたします

ひと風呂浴びて仕事してひと風呂浴びてワーケーション

 

和美峠から下仁田に降りて20分少々

DSC_1083_R.JPG

もみじ街道は芹の湯辺りが紅葉の見頃です。

国道254に出たら佐久方向へ右折して

荒船の湯

この数年閉館していて、さらに売出しに出ていたけど購入先が決まらないで

放置されていたと思っていた荒船の湯

10月にリニューアルオープンしていました

朝のベッドで温泉行きたいなぁとgoogleMapを眺めていたら出てきて、

閉館だろうっ(確かGoogleMapに修正報告したのはおやぢです)

と思ったら再開していたのでした

しかも 9時開店というとても嬉しい時間帯

DSC_1070_R.JPG

門構えは昔のままだけど凸凹な駐車場はきれいになっています

今風に 玄関前で自動検温して、半導体工場みたいなブロアに噴かれて

#ウイルス撒き散らしているだけのような気がするのは面倒くさい理科系の爺さんだからでしょうか?

平日700円 土日祝日800円

DSC_1075_R.JPG

内湯の浴槽は昔のままだけど

カランはリニューアルされていて

さらに露天風呂(これはちょっと塩素多め)横には

寝湯と、うたせ湯が増設されていました

女湯は壺湯があるようです

これだけなら普通の日帰り入浴施設なのですが

DSC_1071_R.JPG

コワーキングスペースが出来ていました

うーん これなら

朝9時に到着してひと風呂浴びてからの仕事

(もちろんWifi飛んでます)

してからの帰り際に風呂 とか

アイデアに煮詰まったら風呂!

とか面白い展開が期待できますね。

#館内着のレンタル300円でした

デスクの後ろには大きめなソファもあり、

贅沢を言えば皆で使えるデスクがほしいところですけど

地元のお年寄りが浸けものとか出して食べてしまいそうなので

敢えて置いていないのでしょう。

一部新聞でワーケーション! とか書いてあったけど

仕事→風呂→仕事のループではワーケーションというにはちょっとしんどいかも

ちなみに土日祝日は8時30分オープンなので

混んでいる軽井沢の温泉から逃げ出して使うにはとても良いかと思いますよ

よろしかったらクリックお願いいたします


浅間越えからの万座・鹿沢口からの鹿沢温泉

 

紅葉ドライブ

北軽井沢からの二度上峠

太陽を浴びた紅葉(主にカラマツ)が

美しいっ

感激しすぎて写真撮り忘れたぁ (TдT)

そして大桑から万座・鹿沢口に出て

DSC_0991_R.JPG

てんぐ食堂で昼ごはん

鍋焼きうどんセット 1,000円はちょっとお得感

麺の中に揚げ玉が入っているのがポイント高いです

単品ならば700円というありがたいお値段と

嬬恋名物のキャベツ千切りサラダに

モツ煮込みが付いてます 

いかんなぁ ビール飲みたくなっちゃうじゃないか(運転だから無理だけどね)

ご飯食べたら

DSC_0996_R.JPG

お風呂っ

鹿沢温泉って紅葉館だと硫黄臭がたっぷりだけど

同じ地区からの別源泉は無臭です

DSC_0995_R.JPG

貸切状態なので写真撮っちゃいます

右の四角い浴槽は源泉100%掛け流し

ならば右にしか入らないおやぢです。

ほこほこに温まって軽井沢へ帰りました

湯の丸高原とか北軽井沢とか高度が高いところの

紅葉は盛りを過ぎてます

軽井沢からはご飯とお風呂入れて4時間ほどのドライブ

次はどこに行こうか...

よろしかったらクリックお願いいたします

千ヶ滝温泉で猿に会う

 

DSC_0699_R.JPG

10月の下旬ってこんなに寒かったっけ?

などと考えながら薪ストーブ全開なおやぢです。

こんなに寒いと家でシャワーなんて考えたくもなくて、

でも1人のためにお湯を張るのも、もったいなくて

DSC_0695_R.JPG

温泉に入りたくなるのは仕方ないですよね

町民カードがあればほぼ半額の700円(土日祝日16時まで料金)

冷え切ったからだを内湯で温めて

露天風呂へ

DSC_0696_R.JPG

こんな感じの紅葉の始まりをみながら

屋根付きのお風呂に浸っていると

ドンドン! と音がして

うーん 小さい子供が走りまくっているのかなと思えば

湯口の近くにあるイチイが大きく揺れて

猿2頭の登場

イチイの赤い実をパクパクと食べてました

最初は屋根の上から恐る恐る手を伸ばしていたのが

だんだんと大胆になってこちらから丸見えの位置まで出てきて

猿との距離7mほど。

紅葉ならぬ猿見の湯 (^_^;)

イチイの実って渋くて美味しくないのになぁ(食べたんかーーい)

7,8年前にトンボの湯で見た猿の団体をイメージしていたので

続々と来るなと思ったのだけど、若い猿が3頭だけでした

ご飯が済んだ猿は内湯の屋根の湯気が出るところで固まってました

あそこは幾分温かいのでしょうね。

人も猿も大事にしたいけど

軽井沢に家を買うなら猿が居ないところがおすすめです。

熊のほうが安全な気がします

よろしかったらクリックお願いいたします

戸倉観世温泉

 

お仕事で千曲市へ行った時に

車の中にはお風呂セット

いや待て待て 千曲市へ行ったのなら

DSC_0554_R.JPG

まずは姨捨の棚田でしょ

収穫が始まっていた田んぼ、こんなに狭い区画で米作りしているなんて

先人の苦労がよくわかります。

DSC_0552_R.JPG

ついでに(本当についでなんですってば)姨捨駅の

スイッチバックも撮影してきました。

蒸気機関車時代は... ああっ そうじゃない

温泉の話をしなければ。

仕事が終わって温泉に入ろうと決めてカーナビと相談して決めたのが

DSC_0555_R.JPG

戸倉観世温泉

DSC_0556_R.JPG

この下足箱

木札の意味が分かる人って首都圏では絶滅危惧種じゃないでしょうか?

さすがの浴室は撮影出来なかったですが

湯船が2つ

一つは大きくて源泉掛け流し100%

もう一つは大人2,3人ぐらいの大きさ

脱衣所で温泉表示を見たら

違う源泉のお風呂だそうで うーむ 何という贅沢

それでもって大人300円という うーん アグネス・ラムと一緒に飲むぐらい幸せ

軽井沢からは高速使って1時間足らず

それでも戸倉、新戸倉、上山田には温泉に行く価値アリです

よろしかったらクリックお願いいたします


GoTo トラベル

 

上越でお寿司食べたら

妙高高原ICまで戻って

赤倉温泉

DSC_0614_R.JPG

昔の旅館(スキー宿かも)をリフォームして

内装がとてもきれいな旅館でした

DSC_0615_R.JPG

中は総畳張り、そして肝心の温泉は

源泉掛け流し100

DSC_0598_R.JPG

湯口からは源泉ドバドバ

DSC_0599_R.JPG

洗い場4つだけの素敵な大きさの大浴場

素敵です

金曜日だというのに8組ほどの宿泊客

しまった! きときと寿しで7皿も食べなきゃ良かったと

思うぐらいの晩ごはん

DSC_0600_R.JPG

みんな美味しかったけど煮物が好きなタイプでした

野菜たっぷりのすき焼きとかのどぐろの焼き物とかあったけど

割愛 (^_^;)

妻の人の都民割とか合わせて半額以下で宿泊できちゃいました

そうそう、インターネット予約サイトでは割引額が減ってますけど

宿に直接予約すると宿の収入も上がって、割引額も減額前のまま

ぜひぜひ 直接予約して宿泊施設を助けてあげてください

よろしかったらクリックお願いいたします

浅間山、ひとりじめ

 

近場の温泉が良いなと思っていながら

気がつけば佐久北インターチェンジから八千穂方面へ

( ゚д゚)ハッ! 夕方から仕事があったんだ

慌てて佐久南インターチェンジで降りれば

のぞみサンピアなら間に合うかも...

DSC_0527_R.JPG

なんといってもこの温泉は浅間山がドドーンと一望できること

布施観音温泉やアグリの湯でも同じようだけど

ここは八ヶ岳を背に真正面から望めるのが良いんです。

そしてコロナ対策なのでしょうか

DSC_0532_R.JPG

東信地区の皆様限定で

会員証を発行すれば 一般850円のところ600円

嬉しい仕組みになっていました

露天風呂に入ればヌルヌルすべすべ

浅間山を眺めながらついつい長湯してしまい

帰路の運転が辛いのでした

DSC_0531_R.JPG

会員証も 浅間山、ひとりじめ

発行は無料なので軽井沢住民なら持っていていいと思います

よろしかったらクリックお願いいたします


山を3つ越えて春日温泉行ったのだけど

 

思い立ったらすぐに温泉に行けるおやぢです

朝から悶々として決めたのは春日温泉

春日温泉ってヌルヌルすべすべですものね。

そんでもって川西の手前(布施温泉のところね)で県道から離れて

山に向かってGO!

Googleのナビを完全無視してずんずんと進んでいくと

突然ジムニー1台分の山道へ (^_^;)

そして突然開けた場所にでたら

DSC_0494_R.JPG

なんだか長野じゃなくて北海道見たいな風景 Σ(゚∀゚ノ)ノ

遠くに見える3本の木なんて

富良野で観たような景色

一本道を間違えると

こんな素敵な出会いがあるんですね。

そうして山を3つ越えて(随分回り道しちゃった)

春日温泉に着いてみれば

DSC_0496_R.JPG

日帰り利用は休止中 (TдT)

宿泊はOKなので日帰り利用も開放してくれればよいのにね

コロナにビビり過ぎです

まぁ仕方ないので

春日温泉からさらに山登り(ジムニーでね)

DSC_0498_R.JPG

立科に抜ける途中で牧場があったり

DSC_0497_R.JPG

ひと足お先に秋を感じたりして

東御に抜けて帰ったのでした

温泉は空振りしたけど ドライブできて良かったです

春日温泉はやく再開しないかなぁ

よろしかったらクリックお願いいたします

山田温泉 大湯

 

金曜日に珍しく家飲み

そうすうると21時には眠くなっちゃって

午前3時に目が覚めるおやぢです

2時間ほどウダウダしていたのだけど

そうだ! 土曜日だけど温泉に行こうと思い立ち

東御から菅平からの須坂からの五色温泉

到着したのは午前8時前、で五味温泉の日帰り利用は10時から _| ̄|○ il||li

DSC_0442_R.JPG

でも大丈夫、山田温泉の大湯は午前6時からやってます。

400円払って浴場に行けば

地元の先輩2方だけ ヽ(=´▽`=)ノ

源泉掛け流し100%だけど 加水しているのがちょっと残念

カランが特殊で木の札を傾けると浴槽に注がれている温泉が

出てくる仕掛け

良いぞ、良いぞ、こんな温泉に入りたかったんだ

DSC_0451_R.JPG

消火栓のサイズが雪深さを感じます

軽井沢からは高速使って90分ぐらい?

ジムニーは高速乗れないから120分

ドライブがてら行くには良いかも

よろしかったらクリックお願いいたします