温泉アーカイブ

左側のお風呂に入る

 

DSC_2083_R.JPG

看板犬が道路に寝てたけど 声をかけたら寄ってきてくれた

心癒される 下仁田の芹の湯

久しぶりに行ってみた

いつもの駐車場に止めて玄関まで建物を半周する途中で

DSC_2077_R.JPG

源泉のオーバーフロータンクから流れる源泉

こんな濃い温泉だから温泉出たあとも汗が止まらないのです。

久しぶりの温泉はお母さんも元気で営業中で良かった良かった

入口で検温までするのだから 大変ですよね

男湯に入って あれ? 違和感

そうなんです いつもは右側が男湯

この日は左側が男湯で、実は初めて

だれも居ないので

DSC_2081_R.JPG

浴槽も撮影

構造は右側の浴室とシンメトリーで大きさも同じぐらい

こんな素敵なところが500円で入れるのだから

軽井沢に住むって素敵なところだと思います

DSC_2080_R.JPG

浴槽は結構滑るのですけど その理由は 緑藻

入る時は要注意です

そして、浴槽の窓側の足元は足ツボ直撃な砂利

温泉と足ツボ刺激でげんきになっちゃいます

#入る時に思わず声を上げたのはご内密に (^o^;)

南軽井沢の我が家からは車で15分

ぜひお試しを

よろしかったらクリックお願いいたします

下諏訪の遊泉ハウス児湯

 

伊那まで出張したのにタイミング悪くて

DSC_2049_R.JPG

ローメン食べられなくて

なぜかテンホウでチャーメンなお昼 (ノД`)シクシク

新和田トンネルに向かう途中で

DSC_2050_R.JPG

温泉見つけた 

DSC_2055_R.JPG

児湯(こゆ)というのだそうです

DSCPDC_0003_BURST20210218154329774_COVER_R.JPG

石鹸、シャンプーは持参してくださいね

ちょっと熱めの源泉がドバドバと

幸せな30分

駐車場が広いので停められないことはないと思います

諏訪湖から軽井沢へ向かう道は蓼科経由と和田経由があるのですが

冬期は和田経由がおすすめです

といっても凍結はあるのでスタッドレスタイヤ必須ですけどね

軽井沢のみなさまなら余計なお世話でしょうが。

よろしかったらクリックお願いいたします

八風の湯横の蕎麦処行ってきた

 

DSCN5131_R.JPG

ちょっと前の雪の日

家から一番近い八風の湯に行ってきました

DSCN5124_R.JPG

COVID-19対策のためもあるのでしょうが

更衣室から浴室までの0.5秒だけ通る場所は屋外温度でした (^o^;)

ゆっくりとお風呂に入って

#ここは温めのお湯なので無限に浸かってられます

隣にできたそば処は

DSCN5128_R.JPG

残念! 休館日

で、数日後再突撃してきました

DSC_1846_R.JPG

ネギと油揚げの暖かい蕎麦

ちょっと塩分強めの汁でした

長野ではこのような汁はあまりうけないと思うのですけどね

ホテル宿泊の方には良いのかもしれません

メニュー撮り忘れちゃったんですけど

ランチは チャーハンとかスパゲッティとか

蕎麦だけじゃないんですね

蕎麦は普通で、メニューをよーく眺めたら

あ、詳しくは駅前でお会いした時にでも。

COVID-19のためにホテルも大変苦労されているんだなぁと思います

そうそう、素敵なスイーツは今まで通り販売していました。

テイクアウトも今まで通りということで良かった。

パティシエの皆さん(おっとパティシエールも足しとかないと。最近煩いので)

やはり風呂上がりはスイーツがよろしいようで...

よろしかったらクリックお願いいたします


長門町ふれあいの湯

 

軽井沢町から1時間程度の温泉は全て制覇したとおもっていたおやぢです。

立科町に用事があって、おわれば午後1時

どこの温泉に行こうかななどと考えてGoogleさんに聞いてみれば

行っていない温泉がありました

DSC_1771_R.JPG

和田宿のふれあいの湯

軽井沢からは80分ぐらい

現在主流のポンプアップな温泉です。

DSC_1772_R.JPG

コロナ中で慎重に営業しています。

あれ? 軽井沢はレベル5なのに良いのかな?

まぁ 東信仲間ということで許してもらいましょう。

建物は

DSC_1775_R.JPG

東京駅風 (^o^;)

この木材のドーム風建物って

昭和の終わりに流行りましたよね

どこかで見たなぁと思い出せば

そうだ! 埼玉県の名栗にある日帰り温泉だ。

浴槽に入れば先輩方がジロジロと見てくる

え? そんな都会者に見えます? (゚∀゚)

カランで身体を流そうという時に気がついた

マスクしたままじゃん (^o^;)

慌てて脱衣所に戻ると 着替え中の大先輩が

「マスクして入るなんてなんて神経質なんだろうと思ったよ」

としばし歓談

ご心配掛けました m(_ _)m

肝心のお湯は無色透明でpH8.6

なのだけど 循環かけ流しなのでそれほどヌルスベ感は感じませんでした

ちょっと温めのお湯なので無限に入っていられます。

温泉から大通りに出れば

軽井沢まで50Km 諏訪までは30Km

おもえば(ちょっとだけ)遠くに来たものだ

空いてておすすめ温泉です。

よろしかったらクリックお願いいたします


あれ? ケーキと珈琲から蕎麦へ?

 

DSC_1732_R.JPG

すっかり凍った八風湖

浅間山とのコンビがとても良い景色

八風湖はリゾートホテルのできる前は自然のままな

人造湖(うーん なんか変な表現)。

上流には砂州があって夏はここでBBQできたんですけどね。

今はそんな砂州もなくなっちゃった

そのぶん 八風の湯ができたから、まっ 良いか ( ̄ー ̄)bグッ!

八風の湯の横はパティシエが居てホテルのスイーツを作る傍らで

お茶が飲めたのだけど

DSC_1727_R.JPG

蕎麦屋になっちゃった (゚∀゚)

ここで蕎麦を食べる地元のひとっているのかなぁ

DSC_1728_R.JPG

金土日月の営業なので、平日しか行かないおやぢには

まだ食べることができません

そして ここで働いていたパティシエの皆さん

どうなったのか気になります。

風呂上がりに1杯やって蕎麦を手繰る

こんなお昼も良いかもしれない

よろしかったらクリックお願いいたします

注文の多い日帰り温泉は心地よい

 

DSCPDC_0003_BURST20210107132151250_COVER_R.JPG

長野市でお仕事した帰り道、

Googleさんに日帰り温泉を聞くと長野インターの近くの場所を

提案してきました

長野インターから5,6分で到着したのは

DSC_1670_R.JPG

加賀井の湯

昭和7年にできた建屋をそのまま使ってて

古屋好きなおやぢにはビンゴでした

料金払うところでは 「身体洗えないけど良いですか?」

源泉かけ流し100%なのでもちろん異議などあるわけなく

DSCPDC_0001_BURST20210107140312859_R.JPG

毎分700リットルのお湯がドバドバと使えます

pH6.3の鉄味と鹸味で珪酸、、硼酸たっぷりなので

石鹸は使えないけど、身体を洗うには十分

湯量が多いから酸化して茶色くなるまえに透明のまま湯船から出ていく温泉って

なんて贅沢なんでしょう

これで400円とはありがたい

ちょっとぬるめ(源泉で40℃ぐらい)なので無限に浸かってられそう。

露天風呂もあるけど、一旦外に出なければならないので

バスタオルが無いとだめかな

加賀井温泉一陽館 湯治スタイルということなのだけど

宿泊はやっているのかな?

軽井沢からは高速で1時間と少し

善光寺帰りとかいかがでしょう?

よろしかったらクリックお願いいたします


りんごがギューーっとね

 

ジンガラでご飯したら

温泉!

近場の見晴らしの湯

以前はJAFとかタイムズカーシェアで割引が有ったような気がするのだけど

いまは無いみたいです

DSCPDC_0003_BURST20210109124743871_COVER_R.JPG

なぜか館内は鬼滅の刃祭りで

手ぬぐいやらマスクやら

佐久市って鬼滅の刃となにか関係あるのでしょうか?

#実は漫画もテレビも映画も観てないんです

炭酸風呂で10分を3セットもやってしまって芯から温まったら

御代田の ル・パステさんへ寄り道

Facebookでやっていたタルトタタンが食べたくて (^o^;)

お店ではなくてテイクアウトしました

DSC_1692_R.JPG

温めたほうが美味しいですよということで

電子レンジを最弱の200Wにして2個で50秒ほど

酸っぱさの中の甘さがとても良いんです

軽井沢の冬、楽しんでます

よろしかったらクリックお願いいたします

坂城ICで下りて

 

出張で降りたのは坂城IC

行き先は姨捨の近くなのですけど

昼抜きだったので

DSC_1653_R.JPG

20分有れば食べられるぞと 戸倉駅のロータリーに車を停めて

DSC_1654_R.JPGDSC_1655_R.JPG

駅そばの「かかし」さんに飛び込みました

定番の天ぷらそば

DSC_1656_R.JPG

この店の良いところって 全部手作りなんですよね

蕎麦汁にしても全部天然素材でつくられてるんです

美味しいし、ほんわか優しい気分になります。

打ち合わせが終わって

DSC_1659_R.JPG

国民温泉でひと浴び

DSC_1660_R.JPG

棚が綺麗になったような気がします

時間が夕方近くなので地元の先輩が沢山居て

コロナ談義に花咲いてました。

「コロッと逝くから良いよねぇ」とか

「あんたみたいなしぶとい奴はコロナに勝つ!」

など ポジティブな会話で こちらも元気もらいました。

で、この日はETCカードを忘れてきたので

DSC_1663_R.JPG

なん年ぶりかな通常ゲート

入り口はチケット受け取るだけでOKなんですけど

昔はおじさんが料金所にいたんだけど、今は自動精算機

クレジットカードで支払えることもすっかり忘れていて

シートベルト外さないと料金払えない (TдT)

ETCの便利さが見に染みたのでありました。

よろしかったらクリックお願いいたします


12時の魔法

 

温泉に行くと心をきめて国道146を北軽井沢方面へ

11時前に到着したのは

DSCN5053_R.JPG

この車両があるホテル

残念ながら冬期休業でした

DSCN5042_R.JPG

しかたないので(本当にしかたないので)寝台車の周りを

じっくり観て へー こんなところに発電機あるんだねぇ

と感激したら

おもちゃ王国の近くのグリーンプラザ!

営業しているのですが

日帰り利用は12時から (T_T)

うーん残念

さらに長野原に下りて川湯温泉駅横にできた

施設へ。 Web情報だと外来入浴はしていないようですが

受付で聞いたら 12時から営業とのこと

うーん 12時の魔法に掛かったよう。

DSC_1585 (1)_R.JPG

結局王湯になりました

気のせいかもしれないけど

温泉の質が変化しているような気がします

昔(ダムができる前ね)はもっとキツイお湯だったのが

おとなしめになっているように思います

次は12時過ぎに訪問しようっと

川湯温泉のNOA、

DSC_1583_R.JPG

オフシーズンの平日にソロキャンしたいなぁ

よろしかったらクリックお願いいたします


雪を見ながら富士山も? 高峰高原ホテル こまくさの湯

 

気がつけば 今年もあと2日

今年はお江戸で過ごした年越しも 今年は軽井沢で

暇なんです (^o^;)

そんな暇な年末、小諸へ向かっていたときのこと

浅間山から黒渕山まで雪雲でびっしり

それならば お風呂はあそこと決めて標高2,000mまで駆け上がれば

DSC_1560_R.JPG

高峰温泉までの道は通行止め

その理由は

「スキー場だから」 Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ASAMA2000スキー場から雪上車で送迎しているのは知っていたのですが

通行止めの理由が除雪できないから、とか、冬期閉鎖なので とかは

よくある話なのですけど

スキー場だから通行止めってすごいなぁ

DSC_1564_R.JPG

戻る途中の高峰温泉ホテル

日帰りの温泉利用ができます

料金なんと500円 ヽ(=´▽`=)ノ

ホテルなので2倍以上掛かると思っていたのでちょっと嬉しい

DSC_1574_R.JPG

これが絶景

目の前に雪がどーん!

晴れていれば富士山も見えるとのこと

DSC_1569_R.JPG

流石に温泉は湧いていないけど

布施温泉からの輸送をしているようです。

加温加水循環という普通のお風呂なんですけど

布引温泉の優しいお湯がいい感じ

雪で視界がわるかったけど

おそらく小諸市街がどどーんと小海方面まで見えるんじゃないかな

営業時間は 11時から18時まで(?)

うーむ 夜景を見たければ宿泊するしか無いのですね

よろしかったらクリックお願いいたします