軽井沢 歴史アーカイブ

謎の鉄塔

 

Ingressという現実世界と仮想空間をつなぐゲーム

簡単に言うと 三角形を作って世界中で陣取りゲームができるやつなのですが、

旧国道18号線の碓氷峠のも三角形の頂点を作れる場所があって、行ってきました。

先日の雪がすっかり融けて氷になったところに

DSC_0016_R.JPG

ジムニーで乗り入れ!

バリバリと砕氷して走るのがちょっと快感です

うーん いい歳こいて子供かよっ (^_^;)

群馬方面の眺めが素晴らしいポイントですが

ふと上に目をやると

DSC_0000_BURST20190205133750031_R.JPG

謎の鉄塔がありました

うーん なんだろう?

電力線にしては周りに同じような鉄塔がないし

変な張り出しが2箇所ありますよね。

ここからテレビアンテナを東京タワーに向けたら

関東のチャンネルが見られますよね

地デジになって全体的に電波が弱くなったテレビ電波

(そのぶん電波を出すところを増やしてます)

軽井沢の別荘族が 小池百合子さんのワールドビジネスサテライトを見たいという思いで

軽井沢にあった有線放送局が大昔に建てたのでしょうか?

どなたか由来をご存知の方いたら教えていただけますか?

よろしかったらクリックお願いいたします


ダムカードはダムに行かなくても…

 

ダムカードって知ってます?

そうそう、リモンコンが大きくてプラスティックの棒でつついて…

それは DAMでんがなっ パーンチ

軽井沢のダムと言えば湯川ダムとか泥川ダムとか

とある理由で湯川ダムに行ってきました。

今まで通過することはあっても停まったことが無かったんです。

PIC_20181203_083700_DSC_0001_R.JPG

水の色が濃い緑の上流側

PIC_20181203_083859_DSC_0006_R.JPG

狭隘な場所なのでダムを作るならここしか無いって感じですよね

PIC_20181203_083842_DSC_0005_R.JPG

下流側は絶壁な感じで

足の間がゾワゾワします。

このダムはなんのためにあるのかなと不思議だったのですけど、

どうも灌漑用途に作られたそうで、

そう言えば畑なんかは丘陵の上側にあるんですよね。

いまだと発電しないのは勿体無いきがしちゃうんですけど

そうだ、ダムカードの話だった (^o^;

ダムの管理事務所に行くと大抵の場所でダムカードが貰えるのです。

けれど湯川ダムの事務所ってほぼ無人(遠隔操作で運転しているので)。

PIC_20181203_083729_DSC_0003_R.JPG

何故か エコールみよたで貰うことができます。

そして 佐久の合同庁舎でも…

合同庁舎だったら東信のダムカードをセットで貰えるのでしょうか?

こんど行ったら効いてみようと思います

よろしかったらクリックお願いいたします

エコな温泉

 

小浅間山に登ったあとは温泉

というわけで

PIC_20181114_114224_DSC_0006x1280-8-08-23.JPG

トンボの湯で Ingress (^o^;)

トンボの湯の木々もライトを付けられて

冬支度してました。

Ingressのポータルの1つ 「トンボの湯」は

受付のところじゃなくて 女湯側の裏手 (^o^;)

そこには温泉じゃなくて

PIC_20181114_113703_DSC_0004x1280-8-08-23.JPG

洋風な小屋があって

ハイドロ パワー プラント

小屋の下には水路があって自家水力発電なんですね。

PIC_20181114_113711_DSC_0005x1280-8-08-23.JPG

中には発電機のタービンが

いい音してます

調べてみたら

この発電所は相当昔からあるようで

軽井沢の電気って他の地区と比べると東京並じゃないかなと

思います。

トンボの湯で散歩のついでに寄ってみるのも

いいかもしれません

( ゚д゚)ハッ!

機械オタクのおやぢだけ?

よろしかったらクリックお願いいたします


Googleに「位の高い神社」と聞いた結果

 

11月朔日の話です。

佐久市川西の方に行っていたのですが

はっと朔日ということに気がついて

これは神社にお参りしなければ…

おやぢは軽井沢の神社の氏子ではなくて、

東村山の八坂神社(息子が年会費払っていれば)と

長野県の穂高神社の氏子なので

困った挙げ句

Googleさんに 「近くの位の高い神社」と検索させて出てきたのが

鼻顔稲荷神社、海三社神社など7社

一番近い 佐久八幡神社に行くことにしました。

PIC_20181101_094049_DSC_0016_R.JPG

軽い気持ちで選んでしまって本当に無礼なことで申し訳ありませんでした m(_ _)m

室町から続く由緒正しき神社でした。

しかも国宝

PIC_20181101_094017_DSC_0014_R.JPGPIC_20181101_094812_DSC_0025_R.JPG

室町時代なのか途中の営繕で作られたのか

全体的に素晴らしい彫刻が施されていいて

良い波動をいただくことができました。

実は車を裏手に停めてしまったので

改めて正門から入り直すと

PIC_20181101_094454_DSC_0020_R.JPG

鳥居の奥に

PIC_20181101_094443_DSC_0019_R.JPG

何百年生きているだろうかという大木があって

その奥には

PIC_20181101_094527_DSC_0022_R.JPG

建立天保14年の随神門

これまたあちこちに彫刻が施されていて

荘厳な気をビシビシ感じます。

軽井沢からだと春日、立科、鹿教湯などの帰りにちょっと

寄るのもよいと思います。

神社の正門は中山道に面していて、この道の両側の風景も

風情があって良かったです。

よろしかったらクリックお願いいたします


布引電気鉄道千曲川橋梁

 

軽井沢からの朝風呂に便利な布引観音温泉。

朝7時から開いているのはとてもありがたいです 

小諸のあぐりの湯に向かって千曲川を渡り

そのまま川に向かって降りていくと洞門があって

洞門を抜けるとすぐに出てくるのが

PIC_20181004_121817_DSC_0006_R.JPG

布引電気鉄道 千曲川橋梁跡

駐車するには狭いので布引観音の参拝用駐車場から

ほんの少し歩きました。

PIC_20181004_121809_DSC_0003_R.JPG

対岸にも橋脚跡がはっきり見えます

こちら側の橋脚からだと角度が違うので

不思議に思って川を見直してみれば

PIC_20181004_121903_DSC_0007_R.JPG

有りました!

土台だけだけど丸い石積みの橋脚跡がはっきりわかります

PIC_20181004_121910_DSC_0010_R.JPG

普通鉄橋って川を直角に横切るように作るじゃないですが、

そのために橋を渡る前にぐるっとカーブしてから直線の鉄橋を渡る感じ。

草軽電気鉄道もそうなんですけどね、

鉄橋の途中でカーブしているのって何なのでしょうね。

スピードが60Km/h以下だからやるのか、

でも工事費がかかるよねぇ

PIC_20181004_122754_DSC_0018_R.JPG

なーんてことを考えながら

布引観音温泉に浸かったのでありました。

よろしかったらクリックお願いいたします

 


軽井沢町文化財指定第一号

 

借宿の18号バイパスの工事、

11月まで続くんですよね。

旧18号線の交通量が多いこと、バイパスのありがたみが分かる今日このごろ。

おやぢの家から御代田方面に抜けるのは

発地から杉瓜、茂沢と抜けてみたり、

佐久に出るのも茂沢からパラダに出たりしてます。

いつも気になるのが

PIC_20180926_125634_DSC_0003_R.JPG

茂沢に抜ける手前にある看板。

書いてあるのは車を乗り入れちゃ駄目とか書いてあるのですが

じゃまにならないところにジムニーを停めて

柵の近くまでいけば写真の看板。

お、縄文時代の遺跡なんですって。

PIC_20180926_125627_DSC_0002_R.JPG

入り口は施錠されていて入ることはできないのですけど

軽井沢町文化財指定一号なんだそうです。

南石堂というのは地名のようですね。

遺跡と行っても縄文時代ですから建物があるわけじゃないのだけど

PIC_20180926_125643_DSC_0005_R.JPG

石畳のあとはよくわかります。

軽井沢の歴史という本を読んでいたのに

軽井沢の歴史は江戸時代から始まるとばかり思ってました。

記憶に残らないのは老いた脳みそのせいなのかも。

軽自動車だと側に停められる場所があるけど

アウトバックだとちょっと遠くに停めることになるので

ハイキングとかで利用できればもっと良いですね。

よろしかったらクリックお願いいたします


龍岡城

 

前々から気になっていた龍岡城。

なんでかというと 小海線の駅だからー

うーん いかんいかん みんなチコちゃんは知っているの話し方になってしまう

おやぢです (^o^;

なんでも五稜郭で有名なところで 函館のそれと日本に2つしか無いのだそう。

軽井沢の家からは45分ほど

PIC_20180624_131643_DSC_0001_R.JPG

周りを見ながらぐるっと一周しても10分たらず

この場所は学校になっているから休校日しか

ぐるっと廻るのが憚れますが、

この日は日曜日 ヽ(`▽´)/

後ろ暗さを感じなくてよかったです

PIC_20180624_132322_DSC_0003_R.JPG

校舎側はこんな素敵なんです。

お堀のところからは土手に上がり

ぶらぶら一周したけど

じつは通っちゃいけなかったかな?

2018-07-05-09-34-www.google.co.jp.png
(C)GoogleMap

地図でいうと下側が大手門

でも堀があって中洲があって

本当に大手門なのでしょうか、おやぢの地図の味方が間違っているのか。

ところで五稜郭の中に唯一残っている

龍岡城御台所

佐久の教育委員会に申請すると中を見せてくれるらしんです。

ちょっと覗いてみたいと思いませんか?

お仲間募集します (^_^)/

団体名は 軽井沢歴史探訪隊とかで良いですかね



よろしかったらクリックお願いいたします

絵より城

 

小学生の図画工作の点数が下から2番めだったおやぢです。

中学になっても暗記で融ける試験はなんとかなっても

実際に書かせるとダメダメ、 そのまま半世紀なので

美術音痴も甚だしいです。

東山魁夷とか好きな絵は覚えるんですけどねぇ


さてさて、そんな美術音痴が浅間サンラインを走るといつも気になる看板が

「白鳥映雪館」

うーん なんだろ。

小諸の宝みたいな大正レトロな映画館でもあるのかしらと

美術音痴丸出しのまま向かってみたら

美術館に到着、駐車場でググってみたら 

m(__)m 小諸出身の超有名な画家なんですね。

PIC_20180311_102502_DSC_0014x1280so-04j.JPG

そして景色が素晴らしいっ

空気が澄んでいる冬に来たかったなぁと

PIC_20180311_103437_DSC_0017x1280so-04j.JPG

浅間方面もことのおり絶景。

案内板によれば

富士見城の跡だったようで、

最後は徳川家の家臣が城主だったとのこと。

PIC_20180311_102809_DSC_0016x1280so-04j.JPG

手積みの石垣も健在でした。

白鳥映雪館駐車場から30分ほどで一回り、良い運動になりました。

で、美術館に向かうかと思えば

次の目的地へ (^o^;)

三つ子の(美術無関心)魂は死ぬまで... モウシワケナイ

しなの鉄道軽井沢駅

 

DSC_5290-1280x720.JPG

おやぢの誕生日にオープンした

しなの鉄道軽井沢駅 旧駅舎口  

仔虎で忘年会があったのて18時39分の

電車に乗ろうと北口に回ってみれば  

旧駅舎口は18時15分でクローズでした(ノД`)シクシク

まあ、夜の北口利用者が少ないので   

致し方ないところなのでしょう。

軽井沢高校の帰宅時間に便利だから19時くらいまでやってると

思ったんですけどね。

ともあれ、2階の改札口からホームに出れば

DSC_5284-1280x720.JPG

丸い電球が昭和。

DSC_5285-1280x720.JPG

ちょっと抑えめな明かりを見ると
 
12両編成の189系 あさま号が

今にも入線してきそうな感じです。

そうなんです 

この場所は新幹線開通前は

上野行列車のホームなので

2階の貴賓室から両陛下がお乗りになられた場所あたりなのです。

今は12両編成なんて

走ることは無いかもしれませんか

当時を良く知るおやぢ世代には懐かしい光景です。

ホームにベンチ置いてゴルフ弁当にビールとか

復活しないですかねぇ





マクドナルドの異変

 

DSC_4987-1024x1137.JPG

庭のモミジが最後の紅葉に染まってます。

明後日の雨で落葉してしまうのでしょうね。

すっかり秋の景色から冬の景色へと様変わりする軽井沢です。

様変わりといえば

時々食べたくなるマクドナルド。

DSC_4981-1024x575.JPG

ここも様変わりしました。

元々の黄色いアーチがマクドナルドのロゴに見えるという

日本上陸初期のデザインだったのです。

実は結構貴重な店だったのです。  

むかしの事なので  

軽井沢町の景観条例に引っ掛からなかったのかな?

今度の店舗は

カラーコードに準じたもののようです。
 
追分の宇佐美でコーヒー無料券もらったから

久しぶりに胸焼け覚悟で行ってみますかね。