グルメ 旅飯アーカイブ

飲んだ翌日は食欲が亢進する

 

ちょっと飲んで帰った翌日

立科に用事があっておじいちゃんジムニーでGo!

で、時刻は昼時

前の日に飲んだということは晩ごはん抜きということ

#いつものコースは 小澤さんからのカラオケスナック なので食事摂りません

するすると昊鑫(コウシン)へ

食欲亢進するとコウシン行くのは仕方ない

で、炒飯が食べたかったので炒飯とラーメンのランチ

これが大失敗(いや、美味しいんですよ)

IMG_2782_R.JPG

炒飯はメインで注文しているからだけど すでに大盛りサイズ

IMG_2783_R.JPG

台湾ラーメンもフルサイズ

う、ここまでなら

な、なんとか頑張れる!

IMG_2784_R.JPG

そしてラスボスてきな鶏の唐揚げ(小学生のげんこつサイズ)2つ

昭和ドップリなおやぢですから 残すなんでできません

なんとか食べきって

晩飯抜きになりました

そうそう 帰りのセブン-イレブンで

IMG_2706_R.JPG

余市のN/Aをほぼ定価でゲットしました

庭でのBBQで飲みましょう

よろしかったらクリックお願いいたします

東京で ちょっと寂しく ちょっと嬉しく

 

IMG_2824_R.JPG

新軽井沢駐車場から駅へ向かう道で

なんとなーく 春が近いかな な感じの軽井沢

月に?度のお江戸で打合せ

新幹線は貸切状態から普通の状態に戻りつつありますね

平日でこんな感じなので土日は2年前と同じ感じになるんでしょう

#はやくなってもらわないと困るひとがイパーイiいるので

最初の打合せは神田岩本町辺り

北乗物町とか紺屋町とか昔の町名があちこちで見られて

素敵ですね

神田◯丁目〇〇番地とか 江戸っ子風に言うと 粋じゃないねぇ

お仕事終わって神田から秋葉原まで歩き、御茶ノ水に出て神保町へ

IMG_2809_R.JPG

スイートポーズの閉店は知っていたけど実際に見ると寂しいです

で、昔のキャンパスがあったところも再開発で

何がなんだか分からなくなってました

芳賀書店はまだありましたけど(知らない人はお父さんに聞いてみよう)

で、お昼は

IMG_2810_R.JPG

あの 「いもや」の流れを引継ぐ 神田天丼家さん

IMG_2813_R.JPG

天丼 600円!!!

最後に食べたのは10年以上前に「いもや」で食べたきり

うーん懐かしい&ちょっと嬉しい

海苔の天ぷらが良いんです

還暦過ぎの爺さんには、ご飯軽めにしてもらえばよかった

お腹がいっぱいになったので神保町から銀座まで歩こうかと

思ったけど時間が無くて残念

16時には新幹線の人となりました

よろしかったらクリックお願いいたします

長野市で草笛

 

DSC_2346_R.JPG

平日の軽井沢9時少し前に発車する快速長野行

新しい車両になってました

実に快適で

DSCPDC_0002_BURST20210318085639023_R.JPG

大きな窓から見える浅間山もいい感じです

鉄オタ鉄道ファンとしては

DSC_2347_R.JPG

トイレチェックも欠かせません

水タンクの容量もあるからウォシュレット付きは無理なんでしょうね

#洗浄水は循環式です

このためにトイレのダンプ装置を作ったようですよ

午前中の仕事が終わって次の会議は15時

MIDORIにある草笛で昼ごはん

IMG_20210318_125324_679_R.JPG

量が少ないと嫌だなと思い、

「佐久の草笛と同じ量ですか?」

「はい」

定番の 盛りそば並盛にかき揚げ

セットになっていて1,000円ジャストは佐久の草笛より少しだけ高いかな

家賃とかあるから仕方ないけどね、駅ビルの宿命ということで。

そういえば佐久の草笛も随分ご無沙汰です。

そして帰途は

IMG_20210318_184819_062_R.JPG

ちょっとうれしい115系電車

うんうん こっちのほうが気分が出ます

あれ? 旅飯の話が鉄道になっちゃった

よろしかったらクリックお願いいたします

坂城ICで下りて

 

出張で降りたのは坂城IC

行き先は姨捨の近くなのですけど

昼抜きだったので

DSC_1653_R.JPG

20分有れば食べられるぞと 戸倉駅のロータリーに車を停めて

DSC_1654_R.JPGDSC_1655_R.JPG

駅そばの「かかし」さんに飛び込みました

定番の天ぷらそば

DSC_1656_R.JPG

この店の良いところって 全部手作りなんですよね

蕎麦汁にしても全部天然素材でつくられてるんです

美味しいし、ほんわか優しい気分になります。

打ち合わせが終わって

DSC_1659_R.JPG

国民温泉でひと浴び

DSC_1660_R.JPG

棚が綺麗になったような気がします

時間が夕方近くなので地元の先輩が沢山居て

コロナ談義に花咲いてました。

「コロッと逝くから良いよねぇ」とか

「あんたみたいなしぶとい奴はコロナに勝つ!」

など ポジティブな会話で こちらも元気もらいました。

で、この日はETCカードを忘れてきたので

DSC_1663_R.JPG

なん年ぶりかな通常ゲート

入り口はチケット受け取るだけでOKなんですけど

昔はおじさんが料金所にいたんだけど、今は自動精算機

クレジットカードで支払えることもすっかり忘れていて

シートベルト外さないと料金払えない (TдT)

ETCの便利さが見に染みたのでありました。

よろしかったらクリックお願いいたします


松本名物 天ぷらラーメン

 

松本で仕事の日

松本の隠れたB級グルメは

「天ぷらラーメン」

一般的には野菜のかき揚げがラーメンに乗っかったやつです

ああっ

これなら 有楽町の新角の醤油ラーメンに天ぷらそばの天ぷら乗っければよかった

#新角は閉店してしまいました

山田うどん食堂のラーメンにかき揚げ乗せれば良いのだけど、冷凍かき揚げの揚げ直しは

イマイチだしなぁ

伺ったのは

DSC_1381_R.JPG

松本の南側にある 豊作さん

蕎麦専門なのかなと恐る恐る入ってみれば

定食も豊富でちょっと安堵しました

DSC_1377_R.JPG

ホワイトボードにはメニューに無い定食が沢山あって

天ぷらラーメン狙いじゃなければ定食食べてたかも

DSC_1380_R.JPG

やってきたのは

牛蒡と玉ねぎをメインとしたかき揚げが乗っていラーメン

天ぷらの下には白菜と豚肉を炒めたものが乗ってます

これはすごい!

スープは甘めの醤油味

天ぷらを固めに揚げているので山田うどんみたいに

食べ終わることにはスープと同化してしまうような事はありません

最後までしっかりとカリカリ食感が残っていました

いやー 美味いなぁ

お腹と心を満たして午後の会議に向かったのでありました

次の松本出張あったらもう一軒、天ぷらラーメン狙いで行きたいところがあるんです。

軽井沢の話じゃないけど

よろしかったらクリックお願いいたします

養命酒の作ったクラフトジンはすごかった

 

DSC_0945_R.JPG

伊那合同庁舎到着 13:00

駐車場に車を停めて、久しぶりのローメン(焼きそば風)を求めて

うしお到着13:05

ああっ 準備中 (TдT)

(ピー)に車を停めていれば間に合ったのかぁ

そして夜の部オープン!

店に入れば おおっ 皆酒飲んでる Σ(゚∀゚ノ)ノ

うーむ 井之頭五郎みたいになっちゃったぞ

DSC_0958_R.JPG

悔しいから 目玉焼きトッピングしちゃいました

目玉焼きをソースで食べるという なんか後ろめたい感じ(おやぢは醤油派)

3年ぶりのローメンは相変わらずの美味しさでした

そのあと伊那市駅辺りを徘徊して

バー ICHINANA(いちなな)へ

DSC_0977_R.JPG

新しくなった 竹鶴NAをようやく飲むことができました 

これって長野県だとなかなか入荷しないんだよねぇ

どこに消えていくのだろうか

お味は一つ前の黒いラベルの竹鶴NAとそれ程変わらずホッとしたら

これまたなかなか軽井沢では変えない セッション

とても良いバーだったので カクテル

DSC_0978_R.JPG

ベースは長野県の誇る養命酒が作ったクラフトジン

黒文字の味付けは ジュニパーベリーより好きかも

ギムレット作ってもらいました

このジンはDeliciaでも酒のたかギでも売ってるから

一本買っていても良いかも

色々と勉強になった出張でした

よろしかったらクリックお願いいたします


ちょっと吉田うどん食べてきた

 

妻の人のアウディをお江戸に持っていく日

突然富士山が見たくなったので国道141を南下して

石和温泉の近くに泊まって翌日の日曜日

吉田うどんを食べたくなりました

あ、セントラルキッチン方式になった山田うどんじゃないですよ よしだうどんですよ

日曜日なので美津弥、桜井などのお気に入りはお休み

最初に妻の人が見つけたが ふじや 

DSC_0770_R.JPG

並ぶこと無く入店できてラッキー(その1)

頂いたのは全部乗せみたいな ふじやうどん

DSC_0773_R.JPG

海老天、ちくわ天、肉にわかめに油揚げに茹でキャベツ

オールインワンな丼ですけど

DSC_0774_R.JPG

麺はちゃんと吉田うどんで、もぐもぐと食べる麺で

小麦の香りが香ばしい

本当は肉うどんにかき揚げ天ぷら載せようとおもったのだけど

別のお客さんが注文したかき揚げを見て、その大きさ(丼はみ出そう)に

追加注文しなくて良かったと安堵したのでありました。

食いしん坊夫婦ですから1杯で済むわけもなく

DSC_0777_R.JPG

入山うどん

本当にお家の客間でいただきます的な由緒正しい(何が?)吉田のうどん店

DSC_0780_R.JPG

おやぢは冷やしうどん

DSC_0781_R.JPG

妻の人はきんぴらうどん

ここのうどんも美味しいっ

実はもう一品注文していたのが

「山椒おにぎり」

山椒の実の佃煮かなと思ったら

DSC_0784_R.JPG

山椒の葉を刻んで混ぜ込んだ塩むすびでした

これは庭に生えてて背丈がおやぢを越えた山椒の葉を

たくさん収穫して冷凍保存しなさいという啓示なのでしょう

春のBBQの締めとかにいいなぁ

今日も勉強になりました

駐車場は我が家以外は全部山梨ナンバーで

地元の人に愛されているお店なんだねぇ

軽井沢から富士吉田って圏央道経由が早いと思うけど

ついつい野辺山周りを選んじゃうのでした

よろしかったらクリックお願いいたします


地域共通クーポンで うなじいとうなばぁ

 

DSC_0609_R.JPG

GoToトラベルで宿泊すると

地域共通クーポンがもらえます

ヽ(=´▽`=)ノ

6千円かぁ チェックイン時にもらえるので

翌日に使い切らなければなりません

軽井沢に戻ってスーパーやコンビニで使うのも面白くないし

そこでひらめいたのが飯山のうなぎ

DSC_0620_R.JPG

うなぎ専門店 本多が対象だったので

うなぎに決定

11時に予約して朝ごはんは控えめなおかわり1回で。

DSC_0617_R.JPG

およそ35年ぶりの斑尾高原を抜けて

雲海を見たり、斑尾高原ホテルのフォルムにノスタルジーを感じたりしながら

赤倉温泉から4,50分ほどで到着

11時10分前に駐車場に車を置けばちょっと早めに入れてくれました。

DSC_0623_R.JPG

お江戸のくどいタレと違ってさっぱり目なタレは

おやぢ好みです

うなぎかぁー 魚吉のテイクアウト以来だなぁ

ツルヤにも国産うなぎの蒲焼き売っているけど

スーパーでうなぎ買う気分にならないんです。

軽井沢のうなぎといえば たくさんお店はあるけど

借宿のゆうすげが一番好きかも

DSC_0624_R.JPG

そしてお新香は白菜の浅漬

シャクシャクとした歯ごたえが堪りません

さいごに

DSC_0622_R.JPG

限定フォルダもらって帰宅の途に着きました

よろしかったらクリックお願いいたします

軽井沢から2時間で回転寿司

 

DSC_0591_R.JPG

氷見 きときと寿し

軽井沢から30分 佐久平の...

あ、違ったっ

小布施でおやつを戴いたあとは上信越自動車道つかって上越インター

あっというまに 回転寿司

DSC_0592_R.JPG

コロナ対策なのでしょうか

オーダーはタブレットになってました

板さんとの会話とか新しいネタの話なんかするのが

楽しいのに...

ここに来たら

DSC_0594_R.JPG

普段は回転寿司では食べない 烏賊とかふくらぎとか

特に ぶり、はまち、ふくらぎの3点セットが良かった

タブレットではすぐにわからないので壁のお品書きを見ていたら

「つづのめ」

なんだろうと調べたらメバルの一種だそうで

DSC_0595_R.JPG

こんな感じ。

コリコリムチムチな美味しいお魚でした

普段行く スシローや、はま寿司とかだと3皿も食べればごちそうさまな

おやぢですが

この日は7皿も食べちゃった

しかも

DSC_0593_R.JPG

こんなにたっぷりのあら汁まで食べたりして

うーん 食べすぎたぁ

つぎに回転寿司食べたくなったら佐久平のきときと寿しに行こうと思います。

よろしかったらクリックお願いいたします

意外と小さいけど強敵

 

DSC_0586_R.JPG

朝8時に軽井沢出発して9時半頃に小布施到着

並んで食べるのはオートミール並みに好きじゃないおやぢです。

Covid-19におかげで今年からインターネット予約のみになった小布施堂の朱雀

気がついたのが予約開始1週間後だったのですでに土日は満員御礼

なんとか平日に予約が取れました

10時からの予約だったのだけど9時半にはすでに行列が (^_^;)

列が消えるまで界隈を散歩して10時ごろに正門から入場

検温(うーん大変な手間だ)してお庭の指定席へ

DSC_0580_R.JPG

軽井沢に家を買って13年、ようやく拝めた朱雀

DSC_0582_R.JPG

意外と小さい(いや、手がでかいという話も...)

箸とスプーンが付いているけど

箸でつまむと蒸した栗を濾しただけな栗はホロホロと空中分解

だけども感想は 「うーん栗だ」

栗を湯がいてスプーンで救って食べた子供の頃を思い出す。

DSC_0585_R.JPG

最深部に鎮座する栗餡と少しずつ混ぜて食べればちょうどよい感じ

一気にパクパク行けるものじゃないので意外と強敵

テニスボール大の朱雀を食べるのに15分以上掛かっちゃった

食べ終わって出口の途中に売店

DSC_0588_R.JPG

朱雀は食べられるけどアダムスキー型は食べられませんって (^_^;)

そして工場の裏手には

DSC_0590_R.JPG

栗の搬入中でした

これだけ有っても1日で使い切るんだろうなぁ

丸々と太った小布施の栗

なんでこんなに大きく育てることが出来るのでしょうね

軽井沢からは高速使って1時間と少し

小布施の街の散策も楽しいですよ。

よろしかったらクリックお願いいたします