草軽電鉄アーカイブ

国境平から二度上駅へ

 

草軽電気鉄道 廃線跡のハイキング

おじさん6人は国境平駅から長日向駅まで半分ほど歩いて

そのまま車で二度上駅へ。

Screenshot_20181008-103453-1024x1638.jpg

昭和27年の地図をグーグルマップにプロット

していたのですが。

実踏するのは初めて。

PIC_20181006_124414_DSC_0014-1024x576.JPG

バブル末期に作られて、

廃線マニアより廃墟マニアに人気が出ちゃった

北軽井沢 つつじが原別荘地の入口に車を停めたら

グーグルマップと35年前に行ったことがあるといるガイド役に

お任せして

藪漕ぎすることもなく

PIC_20181006_131626_DSC_0022-1024x576.JPG

二度上駅へ到着です。

前出の地図とは違って

ゴルフコースの際にありました。

スイッチバックといっても

その高低差は1m程度、線路の間隔も7m位で、

なぜこの地でスイッチバックが必要なのか意味不明です。

古い文献によれば二度上には数十軒の部落があったそうで、

そのための駅なのでしょうか?

技術的に不要と思われる二度上駅のスイッチバック、

( ゚д゚)ハッ!

吾妻川以北のスイッチバックのための実験だったりして。

ところで、国境平駅から二度上駅への道

途中獣の匂いがプンプンしてました。

なので単独行はおすすめしません。

歩いていてよく見かける碍子

PIC_20181006_140135_DSC_0030-1024x576.JPG

東電の鉄塔もあるので草軽電気鉄道縁のものとは

思わなかったんですが、

山内のマーク付き碍子を見つけました。

検索してみれば 鉄道用碍子メーカーとのこと。

割れた碍子は草軽電気鉄道を歩くとよく見られるので

油断してました。

更に謎の鎖と鉄板も。

大人の社会科見学は栗平まで続いたのですが

スマホのバッテリー切れたので

その様子はいつかまた。


嬬恋村に草軽電気鉄道展

 

DSC_4147x1280.JPG

嬬恋村の郷土資料館、

常設展示は浅間山の大噴火や歴史の話なのですが


企画展 草軽電鉄と嬬恋村

これは行かないわけにはいきません。

展示物は撮影禁止なので入り口の看板だけをパチリ。


なかなか濃いないようでした。

とくに草軽交通からの鉄道省認可書類綴とか

デジタルデータにして保存しておきたいっ

でも草軽交通は軽井沢町なので

そのうち再会することもあるでしょう。


草軽電気鉄道に詳しい方が居て、暫くお話させていただきました。

やはり 国境平から二度上までの線路跡地はあまり残っていないようでした。

残念!

DSC_4149x1280.JPG

10月までこの展示やっているので

お時間がありましたら是非!


草軽電気鉄道 新軽井沢駅の話。

 

z2-40770.JPG

バレンタインのマルシェに押しかけ参加して、タバコ休憩を取ろうと思った

軽井沢駅北口。

階段を降りて行くと ん? 何かが足りない。


そうなんです、 草軽電気鉄道の新軽井沢駅ビルが撤去されていたんです。

去年から閉めていたのは知っていたので、いつかは来ると覚悟はしてましたけど

裏側のプラットフォーム跡地なんかじっくり見ておけばよかったです(ノД`)シクシク

新軽井沢.jpg
(国土地理院5万分の1地形図からGoogleMapへ転記)

画像中央の串状になっていうるところが新軽井沢駅、 

現在のバスのりばは、草津からやってきた貨物の載せ換え場所だったようです。



鉄道廃線後も バスターミナルとして機能していたのが、 北口のバス乗り場が整備されたので

不要になっちゃったんでしょうね。


工事フェンスの労災関係掲示からの情報では すぐにビルが建つような話ではなさそうなのですけど、

新しいビルが出来たとしてどんな展開になるのでしょうね。


改めて写真を見れば 軽井沢駅北口から草軽交通の駐車場、矢ケ崎公園、旧軽井沢からの碓氷峠とか

一望できるのはちょっと良いかもしれません。






新軽井沢駅のビルが...  草軽電鉄復活PJ

 

軽井沢駅北口を出てペデストリアンデッキを斜め右に降りれば新軽井沢駅。

土産物店を通り抜ければ草津や北軽井沢行きのバスのりば...... だったのですが

DSC_0768.JPG

昨年11月に閉店してました。 (´・ω・`)

駅前のバスのりばが改築されて横川駅行きのバス以外は屋根やベンチまで付いたので

バスターミナルとしての使命を終えたということなのでしょう。

土産物店を抜ければそこはバスのりば。 草軽電気鉄道当時は 2線4面のホームが有ったところです。


DSC_0770.JPG


写真左手から 国鉄の貨物列車に草津から運んできた硫黄を載せ替えるための線路があって

現在のバスターミナルへつながっていて国鉄の線路と平行に敷設されていたんです。

新道(国道18号)へはレンタカー屋の車庫になっているところから出ていたのではと推測しています

DSC_0769.JPG
旧軽井沢から軽井沢駅方面を望む


国道18号線には踏切の施設はなくて、貨物列車が横断するときには掛員が出てきて手旗で車を停めて横断した

ということです。



家族を駅まで送りに行ったすきに探索できる草軽電気鉄道跡地の話でした。

現在の地図でプロットするとこんな感じなのでしょう。

新軽井沢.jpg


謎のバス停 唐松沢

 

DSC_0447.JPG

現在、軽井沢から草津を結ぶ草軽交通バス。

急行バスが停まらないどころかほとんど乗降客が無いバス停があるのをご存知でしょうあか?

それは白糸ハイランドウェイの料金所から数キロ旧軽井沢側へ向かったところにあります。

バス停の名は 「唐松沢」。 


最寄りの施設は ライジングフィールド軽井沢なのですが、 

名称の「軽井沢レクの森」バス停のほうがキャンプ場直結なので便利です。


しかも バス停の周りは 歩行者通行禁止区間 なので どこにも行けないバス停なんです。

DSC_0448.JPG

その割には一日8往復と、おやぢの家の前を通る町営バスよりも便利だったりして (ノД`)シクシク

実はこのバス停、草軽電鉄廃止後に出来たバス停だそうで、

小瀬温泉駅への取付道路の入口になるんです。

位置関係はこんな感じ

koseonsen-karamatuzawa.jpg

おやぢの生まれ年に公開された 山鳩 という映画のケが行われたのが小瀬温泉駅。

劇中の駅名は 落葉松沢。

それにちなんで漢字を変えて唐松沢という名で新設されたバス停なのです。

地図上は唐松沢から道が分岐してますが、この道はレクの森敷地内なので通常は歩行禁止なんです。

車両もチェーンで通行できないようになっているので バスから降りたらどこにも行けない場所なんですね。


山鳩のデータを東宝から調べていくと

森繁久彌   多木弁造 
 岡田茉莉子 鶴江
千秋実     運輸省技師
東野英治郎  運輸課長 
中春男     蓬莱館番頭  
清川虹子   もと
佐原健二   村の青年
左卜全     蓬莱館老主人 

左卜全さんがこの歳で老主人とは......

どこかにビデオが残ってないかなと思います






給水橋から長日向駅  草軽電鉄復活プロジェクト

 

今日は給水橋から長日向駅へ向かいます。


kyuusui-nagahinata.jpg
Googleマップより転載


給水橋への線路あとから暫くは廃線跡と別れて林道をテクテクと歩く。

沢の折り返し地点は2つの沢が合流するという不思議な箇所で、盛り土をしている下を沢が合流しています。


今回の廃線跡トレイルイベントではスタッフでもあったので ハイキング一行の殿を努めていました。

先頭には私の一億倍以上詳しいS藤さんが解説しながら歩いていたのですが後ろのほうが離れていたので

前後2箇所で解説していたりして

給水場しから林道への合流地点が今ひとつわからないのでもう一度チャレンジしてみたいと思います。


給水橋は地図より右側にあるのかもしれません。


尾根道を歩きながらモミジイチゴを摘んだりして歩けば突然開ける視界、矢ヶ崎山なのか離山なのかの先っぽが見えました

_20150722_081817.JPG

このまま草津方面に進んで緩やかな右カーブを曲がりきると長日向駅跡地です。

DSCN1180.JPG

草津電鉄の駅はすべて行き違いが出来る駅で、貨物と客車の混成列車だったので写真から見る編成は4両とか3両。

このため 直線かつ平坦な80mから100m程度の駅の施設が必要なのです。

カーブを曲がりきって先に見えるカーブの入口までは約80m。

駅の施設跡は存在してませんが長日向駅跡に間違いないです

事前に古地図とかから予想していた場所にピッタリだったのでちょっと嬉しいですね。

n1-07-04.png
Google Earthより転載

長日向駅は白糸ハイランドウェイのすぐそばに有るのですが ハイランドウェイから長日向駅への道は

有りません。 なのでハイキングがてら歩くしかないんです。

航空写真(衛星写真?)の上下に横断する空き地は東京電力の送電線。

この送電線は昭和32年の5万分の1地形図にも登場しますが、下草が相当生えているので歩きには向いていないです。






給水橋ふたたび 草軽電鉄復活プロジェクト

 

日曜日に草軽電鉄跡を歩く会が有って、参加してきました。

スタート地点は小瀬温泉駅から草津側に少し行ったところ。

夏を迎えた林道は緑が濃くて気持ち良い。

歩くこと1時間余りで給水橋。

橋を渡るためのカーブがこんな感じ

DSCN1175.JPG

軽井沢方面から左カーブして川に直角になろうとしているのが分かります。

川を渡った先が崖なので左に行くために

なんとこの橋はカーブしているんです。

sketch-1437520995576.jpg

カーブしたまま向こう側の斜面を最小限に削って抜けている訳です。


給水橋の由来は蒸気機関車時代に此処で給水したからだそうで、

給水施設はこの写真撮影場所の左側だったのだそうです。

今は面影もなく平面な空間が在るだけ。





草軽電鉄復活プロジェクト 国境平

 

北軽井沢の久保農園へ行く途中、

ちょうど長野県と群馬県の県境を右折してプレジデントリゾート軽井沢方面へ

北海道の道東のような浅間牧場の風景を左に見て暫し走れば 国境平駅跡に到着

草軽電鉄線路推定図 - Google マップ.png

長日向駅からは未踏なのですけど 

DSC_0523.JPG
国境平から長日向方面へちょっと歩いて撮影。

軽井沢林道って名前があったんですね。

もちろんこの写真の通りゲートがあって通行は出来ません


DSC_0522.JPG

交差点から長日向方面はレール一本分しか幅がないのですが

写真集などの資料によれば国境平は1面2線の駅で、6両以上の列車が行き違いできたようなので

その長さは100m以上あると思われます。


これから推測するに

国境平駅は長日向から登り勾配を進んできて交差点の北側(群馬県)にあったのじゃないかと

思います。

DSC_0525.JPG
ピンぼけ写真でお恥ずかしい。

国境平までの緩やかな登り勾配が終わって水平になるというホットするポイントだったのでしょう。

草津行き列車はここから二度上駅へ向かってゆるやかに下っていくのです。

ここから二度上駅を経て、栗平駅までの探索は草軽鉄道廃線跡マニアにとっても

難しい箇所と言われていて下草の生い茂る季節はとっても辛いので

秋が深まってクマが寝る頃に探索してみたいとおもいます。


※当時の写真はhttps://rekigun.net/original/travel/kusakaru/ 学研デジタル歴史館 草軽電鉄跡を訪ねる を参照しています。 




【草軽電鉄復活プロジェクト】新軽井沢駅の配線詳細が分かった

 

DSC_0372.JPG

amazonで今まで「草軽電鉄」で検索していたので見つけられなかったのですけど

「草軽電気鉄道」と検索してみたらヒットした資料を入手しました。


「草軽 のどかな日々」という本で、 マニアなら知っているネコパブリッシング社の本です。


この本は結構中古品が流通しているようで入手の手間はそれほどかからないと思うんですけどね。


 車両データとかが満載でして デキのブレーキ横のレバーはどうやら逆転機ではなくて砂撒き用のレバーだったようです。

DSC_1120.JPG

そしてこの写真資料集は車両データが満載で、 おやぢが模型趣味があったのならば

作っちゃうんでしょうね。


 本物しか興味がなくて良かったです。


 新軽井沢駅の配線図がバッチリ載っていてとても嬉しかったのですけど

 三笠?鶴溜間にある築堤の上を走るループ線の写真がたくさん載っていて

 構図的にとても良かったんですね。


 このループは今でも車で走ればとてもよい感じの場所になっていたので

 次はカメラ持参で写真撮ろうかと思います。


 






草軽電気鉄道 もう少し詳しく

 

今回歩いたのはこの地図の下から給水橋まで。
Screenshot_2015-05-09-15-23-38.png

最大の収穫は給水橋の場所が確定できたということでした。



柳川橋梁を抜けてしばらく歩くと

分岐点はこんなかんじで

見落としてしまいました。

DSC_0235.JPG

写真左側がな線路跡なのです。


ちょうどここを通過したときには
Googleマップ見ながら下を向いて歩いていたんですよ。(;^_^A


改めて見てみれば明らかな線路跡の感じがしますよね。

スマートフォン見ながら歩くのはよろしくないというのが良く解ります。


次回は長日向までは行きたいのだけど、

問題は白糸ハイランドウェイが使えないということ。


歩行者禁止ですからね。


さすればタクシーで長日向→ライジングフィールド(軽井沢レクの森バス停)まで歩くのか?

こうなると バスで北軽井沢まで出て、タクシーで国境平駅へ

後は徒歩で小瀬温泉駅まで歩けばちょうど良いハイキングになるのかなと思います。  

半日がかりだなぁ。


もっとカジュアルなコースも考えなければ。