2014年11月アーカイブ

日産リーフモニター

| コメント(0)


 日産リーフモニターで走ってます。

 1500ccエンジン車に乗ったと思えば走りは快適、もちろんエアコンは普通に使います。

 ヒーターは相当電源を食うとのことです。

 100%充電で田無の営業所スタートして所沢インターで82%

 上里インターで25%

 遅いご飯食べながら充電して92%

 高速では120キロで巡航、エコモードオフにするとアウトバックより加速良いかもしれません。モーターの全回転域トルク全開特性のお陰ですね。

 シートに押しつけられますもの(^。^;)

 松井田で高速降りて55%

 碓氷バイパスはエコモードで65キロキープして登ると入山峠で20% (゚◇゚)ガーン

 塩沢の交差点でバッテリー警告。

 あと20キロ走行可能ですって奥さん!

 峠の登りが続くという前提なので30キロは走れると思うのですけどね。

 なので町役場で充電。

 東京から軽井沢まで走りきれないのはちょっとしんどいけどバッテリー性能の問題なので5年も経てば何とかなるでしょう。

 今日は午後に横川往復が有るのだけど横川のコンビニで充電する事になりそうな予感。

 

後ずさり (゚Д゚)

| コメント(0)


 昨日は横川、ロクサンの運転日。

 碓氷バイパス下りの回生発電に期待しつつ坂を下る。
 
 横川の鉄道ぶんかむらに着いたところで5%バッテリー回復。

 ところが帰りに軽井沢まで戻るために30%、残量40%切ったのでまた充電┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 電気自動車の技術はまだまだですね、山間部は航続距離が読めないし。


 ロクサンの運転は故障が直ったばかりの12号機。

 単弁がバッチリ決まる相性の良いヤツです。

 この日は推進運転と言ってバックで軽井沢方面へ山登りします。

 坂の途中で停止するのでモーターに電気を流したままの3ノッチで停まるんですが、停止と同時にノッチオフしちゃいました。

 ノッチオフと同時にブレーキを強めるのが間に合わず横川方面へ坂を転がり始めちゃった (゚◇゚)ガーン

 指導運転士の先輩は「へーき、へーき」とか言ってましたけど

 おやぢはパニックです。

 早くブレーキ効いて停まれ停まれ停まれ停まれ停まれ停まれ、とーまーれーーーーー 

 後ずさりの話でした。


 今日は小布施に来ました。乗ってきたのはアウトバックです(^。^;)

小布施行ってきた

| コメント(0)


 丸一日オフな連休中日、小布施堂のやっている栗の子テラスでモンブラン食べたくて小布施へ行ってきました。


 コースは北軽井沢から菅平経由の須坂。

 こんなコースだとリーフ君の出番は有りませんな、充電ポイントも無いし山道は急速にバッテリーを消耗するし。

 アウトバックでお出掛け。


 小布施に着いてみればハルニレテラスなみの混雑で駐車場を探して渋滞。(゚◇゚)ガーン

 給食センターの駐車場に入れて近くにあった塩屋櫻井さんで栗最中、栗羊羹、そして栗鹿の子を購入。

 最中なんか箱代がもったいないとそのままバラで売ってくれました。ありがたい事です。


 昼はラーメン、小布施の共栄というお店。

 ワンタンメンとチャーハンをシェアしようと頼むと、チャーハンのスープがワンタンスープ。

 もろかぶりです、井の頭五郎なら「うわぁ、ワンタンかぶっちゃったぞ」な感じ。さらにチャーハンの盛りが良くて自家製チャーシューがゴロゴロと(^。^;)


 食べ終わり直前に気が付いたけどタクワンの微塵切りも入っていたのね。


 お腹がいっぱいになったので須坂から屋代までは長野電鉄屋代線の跡に沿って走って来ました。

 線路も架線もとりはずされた踏切はちょっと寂しい。

 帰宅してまったりと晩酌。

 ゆっくり出来た日曜日でした。

道の駅おがわまちで充電

| コメント(0)


 昨日は日産リーフモニター最終日。

 我が家を残電力71%で出発したのは午前10時すぎ。

 和美峠との分岐で68%。和美別荘地を紅葉見ながらゆっくり下って芹の湯入り口で73%と少し充電。

 下仁田?軽井沢線の紅葉はこれから、途中にある巨大なカエデも先が僅かに色づく程度でした。

 再来週辺りが見頃だと思います。

 国道254を吉井まで走って残り55%、ここから高速に入り上里では45%ほどだったのでそのまま走り嵐山小川で降りて道の駅 おがわまち。

 残電力25%

 アクセルをオートクルーズにしていると燃費が延びるような気がします。

 ここのうどんと蕎麦は本格派、なのにお手頃価格。

 出てくるのに30分以上掛かったけど、お陰で95%まで充電完了。

 お腹もバッテリーも満ち足りたところで東松山インターから所沢まで。

 エコモード解除で走れば150キロまで一気に加速ヽ(^。^)丿

 やはりモーターは凄い。

 車体とタイヤがそんな高速巡航には耐えられないでしょうけど加速感を充分楽しんでディーラーに返却。

 残り60%

 やはり500キロの航続距離が無いとおやぢの様な車の使い方にはフィットしないなあ。

 連休中日のような軽井沢ー嬬恋ー菅平ー須坂ルートを走れないものね。

 3年後に期待しましょう。


 

おやぢの草軽電鉄復活プロジェクト

| コメント(0)


 新聞の報道で政府の●●PTで…

 とかいう件が有るのだけれど其処まで略さなくても良いのじゃないかという気がしているおやぢです。

 検討会、提案委員会とか意見招聘機関とか、政府は日本語使いましょうよ。

 悪夢な政権時代に半ちくなカタカナアルファベットになって困ったものです。


 困ったと言えば 軽井沢の唯一なオートキャンプ場、軽井沢ライジングフィールドで草軽電鉄復活プロジェクトが密かに進行中です。


 おやぢが5歳の時に廃止になった草軽電鉄、廃止後50年以上経つと昔の資料なんか残ってないのでしょうねぇ。

 まずは正確な路線図からと言うことで国土地理院の50,000分の1地形図をもらいに九段の合同庁舎へ。


 昭和32年の地図を見つけました。

 今日は新軽井沢駅から旧軽井沢駅まで。

 現在一階が土産物屋になっている軽井沢駅北口の草軽交通の建物が新軽井沢駅。

 ここから本通りの右側を線路が走ってます。郵便局の東側をかすめて東雲へ出て旧軽井沢ロータリーまで延びています。

 本通りは5m ほどの幅だったので線路は今の本通りの東側歩道辺りを走っていたようです。

 東雲からも道の右側を北上して旧軽井沢駅。

 旧軽井沢駅はロータリー東側の建物で現在は草軽交通の建物になってます。

 この話続くかもしれません

余計なお世話が多い昨今。

| コメント(0)


 長い列が出来ているスーパーマーケットやコンビニで一々お辞儀とかする前にレジ打ってくれないかなと思うおやぢです。

 スーパーマーケットやコンビニでオーセンティックなホテルやバーと同じサービスを求める人は居ないと思うんですよね。

 それがファーストフードやファミリーレストランとかまでやり始めるから上っ面だけのサービス(の様なもの)が蔓延するんです。


 昨日の朝の話なんですけどね、娘の軽自動車(マニュアル5速)を借りて出ようとしたところ…

 キーを回してもエンジン掛かりません(>_<)

 バッテリーは有りそうなんだけどセルが回らないんです。

 JAFを呼んで見て貰ったら一発起動。で、おやぢにエンジン掛けてみてと仰る。

 セル回らない(゚◇゚)ガーン


 なんでもクラッチ踏まないとセル回らないんだそうだ。

 皆さん知ってました??


 マニュアル車でしかも軽!!

 万が一1速に 入れててセル回しても問題少なそうなのに。

 だったらギアがニュートラル以外のときにセル止めれば良いのにね。


 無知を隠す言い訳のようですが(;^_^A 、余計なお世話だなあ。


 東村山辺りで用事を済ませて昼ご飯はソウルフードな武蔵野うどんの老舗である小島屋。

 肉うどんかき揚げ付き。

 芋天サービスしてくれて、食べ終わったところにサツマイモ素揚げに白砂糖を溶かして絡めたのを戴いた。

 しみじみと美味い。


 言葉とか仕草はオーセンティックなホテルと同じにならなくても心がこもっていれば自然に出る仕草。

 素晴らしい昼御飯でした。

 あれ? 草軽電鉄復活プロジェクトの話はどうなる??


 明日は旧軽井沢から鶴溜までを走ります。かも(^。^;)

おやぢの草軽電鉄復活プロジェクト

| コメント(0)


 マニュアル車はクラッチ踏まないとセルモーター回らないショックで寝込んだおやぢです。(嘘です寝込んでないです)

 ゆるーく草軽電鉄の跡地を地図で追うという、アームチェアディテクティブ風鉄道趣味。

 今日は旧軽井沢駅から鶴溜までを走ります。

 旧軽井沢ロータリー、今ある三笠へ向かう道路が無くて離山通りと本通り、旧軽井沢銀座の3本が交わるだけだったんですね。

 三笠へ向かうメインの道はレストラン菊水の前の道だったようです。

 旧軽井沢駅から次の三笠駅まではとても分かり易くて現在の三笠通りと重なって三笠へ向かって左側を走ります。

 一方通行が無くなる三笠パーク入り口を左に曲がって三笠駅。

 三笠駅から沢を渡って南下して旧軽井沢ゴルフの北側を切り通しで余り高度を上げず進んでます。 


 そして鶴溜駅


 こんなに遠回りするのは沓掛(今の中軽井沢)に配慮したとか諸説あるようですけど、
 鉄道ファン(システム)としては三笠会館から上の急坂を上れなかったのが原因かと思います。

 地図上標高1,000m 程の三笠駅、ここから1,230m の小瀬温泉駅までを登るのですから傾斜の緩い所を選んで走れば一旦離山の北側にでるのが自然かとおもいます。

 鶴溜から小瀬温泉、柳川橋梁は次の機会に。

 カラーの地図は最新の国土地理院25,000分の1地形図に線路跡を加筆したものです

おやぢの草軽電鉄復活プロジェクト

| コメント(0)


 朝一番の新幹線で軽井沢向かってます。

 今日は鶴溜から小瀬温泉まで

 なぜ三笠からそのまま小瀬温泉へ向かわないのかと不思議だったのですが、何となくわかってきました。

 沓掛に配慮したとか諸説有るようですが、三笠から小瀬温泉へ抜けるためには一気に100m ほどの登りが待ってるんですね。

 東側に迂回しても同じ。

 現代なら大規模な土木工事をして抜けるのでしょうけれど大正時代ですから無理。

 迂回することで高度を60m と半分に抑えて小瀬温泉まで出られるんです。


 現代の機関車でも三笠会館から一気に登るのは辛い勾配、当時の蒸気機関車や可愛い電気機関車の能力を 考えると最大でも15‰位に抑えたくて計算すれば約4Km ほどかけて上り下りする必要が有ったのでしょう。

 鶴溜までは僅かな昇り勾配、小瀬温泉までも同じような勾配で現在の小瀬林道を走っていたんてすね。

 天空のカフェ・アウラを掠めて白糸ハイウエイを横断してライジングフィールド軽井沢の南東に小瀬温泉駅と発電所マーク。


 しかし川が無いので発電ではなくて変電所なのかもしれません。

 このあたりは実踏して当時の遺構を探したいと思います。

 草軽交通に路線台帳みたいな資料があると良いのですが。


 線路の様子をGoogleマップにプロットしてみました。

 https://karuizawa.wiki/
から覗いてみてください。

雪国の人の苦労が分かるこの季節。

| コメント(0)


 土曜日始発の新幹線で軽井沢入り。

 15分位の待ち合わせで町営バスに連絡します。

 町営バスも新幹線とか横川からのバスと連絡すればよいのにと思ってしまいます。

 72ゴルフの送迎バスなんか使っちゃ駄目ですよね。

 二日酔いの体に鞭打ちつつ、秋の終わりのお約束な庭の落ち葉掃除。

 雪国の方々が雪堀りを毎年する苦労がわかる気がします。

 ブロアで集めたらこの高さ(゚◇゚)ガーン


 去年までは工事用一輪車に移して裏庭の片隅に積んでいたんですけど、先日ゴルフ場で見ていた片付け方を真似してみました。

 その方法とはブルーシートを広げてその上に落ち葉を載せたらブルーシートごと引っ張るだけ。

 9畳のブルーシートを引っ張ること4回で落ち葉の移動完了です。(^_^)b


 今までなら20回以上往復していた仕事がを僅か4回 ヽ(^。^)丿


 来年からはこの方法で決まりです。

南軽井沢ホテル

| コメント(0)


 昨日のゴルフコンペ、ミドルホールで8打を3回も打ったのに優勝しちゃったおやぢです。

 そして今回も100切れませんでした(T^T)

 ダブルペリアのハンデ計算による優勝なのでなんちゃって優勝でありますね。

 昨日は雨でしたけども、晴れるときは朝方に霧が出て陽が上がると共に晴れて来るという秋の軽井沢なパターン。

 家から見える押立山も幻想的です。

 草軽電鉄復活プロジェクトのついでに我が家の周りの古地図も貰ってきました。

 馬取は草原と湿地帯。

 押立山を目印によく見ていくと、ん? 


 ホテル?

 おやぢの生まれ年にホテルが有ったんですね。

 南軽井沢ホテル、後のピークホテルです。

 軽井沢プリンス開業の16年前の地図のお話しでした。

もうすぐ乗れなくなる新幹線

| コメント(0)


 昨日はバタバタとした1日で、夜は10時前に轟沈。

 とある病院に行くと肩が張って早寝する感じのおやぢです。

 シンクロする何かが有るのだろうか?

 先日浅間山が初冠雪の便りが有りましたが、我が家からも木々の隙間から浅間山。

 落葉のシーズンが終わると見える季節限定の風景です。

 この季節だけと言えば17年間走りつづけてきた長野新幹線専用車両のE2 N 編成。


 これに乗れるのも後僅かです。

 土曜日の始発新幹線がこれだったのでテンションあがってしまいました。

 年明けにはすべて新型になるのでグランクラスの無い新幹線ら今のうちに乗っておきたいものですね。

珍山海で軽ーく軽ーく

| コメント(0)


 東京も朝方は15℃を切る気温なのにコートの必要性を感じないおやぢです。

 因みに暑がりなおやぢのスーツは冬でも夏物。(;^_^A

 でもINGRESS のお陰で帰りに良く歩くようになっているので、今年はコートの出番が増えるかもしれませんね。

 レベル9へは遠い道のりなんです。

そんな冷めた身体には居酒屋、それも美味しくて飛びきりの逸品があるのが田無駅から徒歩3分の珍山海。


 コハダにカンパチ、牡蠣フライ。

 牡蠣フライは当然生を使うので大ぶりです。

 (゚д゚)ウマー

 明日への活力になりますね。


 ここしばらく草軽電鉄復活プロジェクトネタが多かったので東京のグルメネタでした。

 明日は小瀬温泉から長日向まで辿ります。←結局やるんかーい

 実はこの区間、新軽井沢から北軽井沢までで一番見るべきものが多いのかとおもいます。
 

 

マッサンの心意気がわかる本

| コメント(0)


 あちこちで新そば祭りが開催されている今月。
 軽井沢にも沢山の蕎麦畑が有ってつい最近まで白い花を咲かせていたと思ったら、いつの間にか収穫の時期だったんですね新米の季節ですね。

 新米の季節は食が進んで困ります┐(´д`)┌ヤレヤレ

 進むと言えば老眼が進んでから昔から暫くご無沙汰していた紙の読書。

 電子書籍に行ってました(^◇^;)。タブレットなら文字の大きさ自由自在ですから。

 タブレットが壊れたので老眼鏡作って本をよく読むようになったおやぢです。

 タブレット欲しいな。

 我が家にはあるお酒関係の古書は2冊ほど有るんですけど、その一つが「ウィスキーと私」。

 今話題の竹鶴さんの自伝というかエッセイが載っているんです。

 ニッカウヰスキー創業何十年記念(1976年)に配られた非売品。


 ウィスキー作りを盗んできたついでにリタさんも盗んできちゃった(^。^;) なんて話は余りなくて余市に蒸留場を置いた理由とかが書かれています。

 オークションに出したら高値になるかなと思ったら文庫本が出ちゃってました(≧▽≦)


 しかもAmazonで3,000円で出てるし(^。^;)


 大事に仕舞っておくことにします。

小瀬温泉駅から長日向駅は見所満載

| コメント(0)


 昨日のバーベキュー、行きたかったなあ。ザンネン(T^T)

 追分の重鎮に勧められた「草軽電鉄の詩」という写真集、Amazonで取り寄せてしまったおやぢです。

 Amazonでもブックオフが出店しているなんてなかなか衝撃的でした。


 写真集から地図の発電所マークは小瀬変電所で位置が違っているのが確定しました。


 手書きですからね、スペースが無かったんだと思います。


 中身の濃い本で当時の話が満載なのが嬉しいです。

 さて、今日は小瀬温泉から長日向。

 小瀬温泉駅を出発するとライジングフィールド軽井沢の裏手を高度を上げずに進みます。

 地図に掘割のマークが出ていて無駄なアップダウンを土木工事で回避しているのが分かります。

 柳川橋梁の手前で左カーブして谷を渡り等高線に沿って右カープ。

 その後もゆったりと高度を稼ぎ、谷の終わりでヘアピンカーブ、給水橋です。

 等高線をなぞるようにもう一度ヘアピンカーブして長日向駅に到着です。


 新軽井沢からここまでのところは急勾配が出てこないんですけど、写真集には40‰の標識が有ったり(上れたんだ(゚◇゚)ガーン)。40って書いてあるけど書類上の話で本当は67‰有ったとかの話も載ってました。

 長日向を抜けると次は国境平です。

 国境平から北軽井沢までのトレースが難航してます。ゴルフ場の間を抜けて行くのですけど時間がかかりそう。

 今日は松本行って来ます。

松本でお勉強してきました。

| コメント(0)


 ♪8時ちょうどーの?あずさ2号ぉでぇ?

 この歌が流行ったころは本当に有ったのかあずさ2号8時新宿発?


 昨日は年に一度の講習会、松本開催です。

 7時ちょうどのスーパーあずさ1号松本行きに乗るため新宿駅到着は出発10分前。

 朝ご飯は田中屋の鶏飯と決めていたのに時間が無くて売り場までたどり着けませんでした(T^T)

 そんなわけで朝からチキン弁当。

 この駅弁、小学生の頃に九州行きブルートレイン(そんな愛称は無くて走るホテルと言われた頃です)に乗って食べたのが最初かもしれません。

 親もお金が無くて晩御飯を食堂車で食べさせるのは辛かったのかもしれないですね。

 朝は食堂車で洋定食食べさせてくれましたけど奮発したと言ってました。

 お陰で50年経った今でもオートミールは食べたくありません(^。^;)


 チキン弁当と言いながらケチャップご飯に鶏の唐揚げを基本として、
昔はポテトチップにゼリーという豪華弁当だったのですが、
 今はスモークチーズにマヨネーズで和えた何か(マカロニサラダ??)。

 悔しいことにケチャップライスを完食出来ませんでした、歳を感じます。

 甲斐駒ヶ岳がくっきりと見えたので気持ち良く松本到着して講習会。

 駅ねっとの特だ値で行けばチケットショップの金額より缶ジュース一本分安い松本行き。

 なのだけど朝一ビジネス客相手なのだから石和温泉とか唯一の単線区間である茅野、上諏訪、岡谷の連続停車は止めてほしいな。

 6時半発にして新宿、八王子、甲府、上諏訪、塩尻、松本位の停車にすれば9時には松本に着けるのに。

 高速バスとの競争が厳しい新宿ー松本、それでも松本までほぼ満席なのでありました。

新宿ー松本の高速バス

| コメント(0)


 松本往復の話ですけれど、山梨側の八ケ岳を久しぶりに見ました。

 主役級のキャラクターなのだけれど、佐久平だと超弩級スターの浅間山の前だとちょっと影が薄い八ケ岳、山梨側から見れば立派な一枚看板。

 こんなに綺麗に見えたのは5年前以上に白州蒸留場に行った時ぶり。


 研修終わればダッシュで松本バスターミナルまで5分、発車15分前に到着。

 アルピコと京王との共同運行で新宿行き高速バス。

 これが特急あずさといい勝負なスピードでお値段も安いです。

 1,000円足してスーバーシート?で東京へ。

 チケットショップで売っている「あずさ回数券」より牛丼一杯ほどお安い。

 しかも双葉サービスエリアで紫煙タイム付きヽ(^。^)丿

 100V コンセントにパソコンつなげてイーモバイル使ってYouTubeのサンダーバードの映画版(火星探検ロケットXの話)楽しんでいたら2時間40分程で日野バス停到着。

 立川ー松本がスーパーあずさで2時間20分だからあまり変わらないね。

 日野バス停って昔々日野駅から歩いて酷く遠かった記憶があるのだけれど、多摩モノレールが出来たおかげで便利になりました。

 バス停から甲州街道駅まで徒歩10分、玉川上水まで20分


 渋滞が無い平日なら高速バスが快適かもしれませんね。
 
 そう言えば練馬ー軽井沢もバスで3時間ほどで時間も料金もトントン。

JRの各駅停車が昔持っていた長距離移動手段、今は高速バスが担っている感じがします。

 鉄道ファンにはちょっと寂しい。

 

都下にも紅葉

| コメント(0)


 イングレスというGoogleが関わっているお散歩陣地取りゲーム。

 軽井沢に戻れない週末は午前中に軽ーく一回り。

 家の近くにはお寺さんとか神社がいくつか有ってなかなか良い感じです。


 東京も朝方紅葉と言えば東京都のマークにもなっているイチョウ。

 良い感じに黄色く色づいてます。

 気が付けば七五三なんですね、露店まで出ていてなかなかの賑わいなんです。

 そんななか、お爺さんの年代の男が1人スマホちら見しつつの不審者演じていました(^。^;)

 軽井沢も零下に落ちて冬の始まりです。

 ( ゚д゚)ハッ!

 排水トラップに不凍液入れてない(>_<)
 水まきホースヘッドを外に出したまま(毎年寒さで壊してる)(>_<)

 上水のヒーターと便座の電源入れて安心してた(゚◇゚)ガーン


 月末まで凍り付きませんように。ナムー



 今週はお仕事全開モードのおやぢです。残り少ない期間で3年後の準備は出来るのでしょうか?

 残り少ないといえば奥さん!

 西武鉄道の本線から最後の3扉車である3000系が来週末で引退ですって。

 西武鉄道に乗り続けて50年余り、実は3000系って余り思い入れがないんです(^。^;)

 なので今回は華麗にスルーで御願いします。


 それに機関車代わりに改造された3扉車はあと10年以上残るでしょうから。

 本線から3扉車を無くす理由はホームドアを4扉車に統一したいのが本音なのでしょう。


 残ると言えば横川の車掌車(緩急車)、先日の運転体験で床下をじっくり見て来ました。

 床下のタンクは意外と大きくて空気溜め?

 更に走ると動く発電機、キャンバス地のベルトが良いですねぇ。


 連結体験の時に同じ目線でみるそれはアチコチ錆びて穴明いてるんですけどね、足まわりは立派に見えますね。

甘いのはお好き?

| コメント(1)


 軽井沢になかなか行けない内にZIP!によれば21時の予想気温-2℃ですって奥さん!!

 11月末は野沢菜漬けたり水道周りの点検したり忙しいってぇのに何故か東京、そして連休は秩父でキャンプという過密スケジュール。

 そうそう、衛星アンテナの支柱もモルタル流ししなければ

 ( ゚д゚)ハッ!

 モルタルって零下でも施工して良いのでしょうか?? 凍ったりして(^。^;)

 色々と冬支度しなければ。

 悶々としながら帰宅して

 食後に 小布施の櫻井さんで買った栗ようかん。

 甘さの加減が本当に美味しいです。

 最近お酒を飲むことが減っているので甘いものが食べたいんです。

 こんな量ならたまに食べたい栗ようかん、軽井沢本通りのあのお店はどうなんでしょうね。

 

種村直樹さん逝く

| コメント(0)


 軽井沢へ3週間も行かないと段々とこのブログも「おやぢの呟きリターンズ、鉄道ネタ!」とか改称しなければならないと危惧しているおやぢです。

 ブログの右側にでている軽井沢情報のボタンも外さないとダメかも(^。^;)

 高倉健さんが逝ってしまってサイトは合掌とか日本国中で喪に服したりしていますね。

 最後に見た映画は「ぽっぽや」でした。

 ぽっぽや(鉄道員)と言えば鉄道ファン。

 実は先週末にもう一人大事な方が無くなっていたんです。

 レイルウェイライターの種村直樹さん。


 鉄道の旅 時刻表二万キロとかそれまで一部の正統派しかいなかった鉄道ファンの裾野を広げた方でした。


 そんなわけで本屋で種村直樹さんの本を見ていたら、

「喪われた鉄道をもとめて」、表紙は草軽電鉄。

 買ってしまいました(^。^;)


 草軽電鉄の章しか読んでないのですが、廃線後に小瀬温泉から国境平へ徒歩で向かう下りなど、

 Googleマップに書き込んだおやぢですから、あぁっそこは違う! とか そんな所は無い! とか思いながら読んで行けば、間違った林道を歩いていたようです。(^。^;)

 翌日リベンジして国境平までは到達したと書いてありました。ヨカッタ


 でも、この本は種村直樹さんのじゃ無いんです(゚Д゚)


 おやぢも早く小瀬温泉から長日向まで踏破しなきゃなと誓った水曜日の夜なのでした。

神田須田町 蕎麦屋巡り

| コメント(0)


 東京のサラリーマンの一つが昼飯。一年前は外出が多かったからどこで昼飯するのかはちょっとした問題なんですよね。

 外出の少ない今の仕事、田町ならともかく新木場ではまともな定食屋はひとつだけで後はファーストフードばかり。

 身体壊しそう。


 先日病院への道すがら神田で降りてみました。

目指すは須田町交差点。


 まつやは相変わらずの風情で良い味出してますね、お母さんはお元気でしょうか?

 続いて 最近復活した藪。

モダンな造りになっちゃってて、店も少し大きくなったのかな?

 モダンな定食屋の分お客様の年齢層が高いので相殺されてる感じがします(^◇^;)

 ちょっと戻って六文そばへ。数年前まで20店舗以上有ったのが今は片手位まで減りました。

 不況のせいというより継承しなかったというのが正しいのでしょうね。

 オーナーがお年だし、店は都内の一等地ですからねんけど会社組織にしてビル建てて悠々自適といった感じなのかも知れません。

 混雑している藪はパスして、まつやの丼物と天秤にかけてくれこの日は六文そば。

 げそ天とソーセージ天の温かいそば。クラッシュドペッパーを添えていただきます。

 げそ天のゲソが太いことこの上なし、これに魚肉ソーセージ天という唐橋ユミと加賀まりこに囲まれて飲んでいるような快感がたまりませんです。

 さてさて今日のお昼は何を食べようか...

自然を守るというのは難しいね

| コメント(0)


 東京中央郵便局に出来た商業ビルのKITTE、今年もクリスマスのディスプレイが出来ました。

 毎年思うのですけど


 山から大木を切り倒して都内へ運びプラスチックを吹き付けられて佇み

 クリスマス終わったら切り刻まれて建材にもならずに廃棄されてしまうという悲しさ。


 どうみても美しいとか思う前に悲しい気分になるのはおやぢだけなのでしょうか?


 林を整備するとか、間伐材は木材として使うとか、木っ端は薪にするとかするなど言っている訳じゃないんです。

 ただのディスプレイなら合成品で良いじゃん、無駄に使うなといいたいだけです。

 馬取のメガソーラーも同じ。

 無駄に切らずに葦の原になっている隣の敷地で作れば良いじゃんと言いたいです。


 法を無視して浜岡を停めさせた独裁者の末期に設計不備のまま施行された悪法のツケは、大きな負債として次世代に引き継がれてしまうんですね。

 庭の小さなモミジのほうが癒されますね。

読書の秋

| コメント(0)


 焚き火には読書

 零度まで落ちたキャンプの朝です。
 
 鉄道本ではないのです。

ウッドガスストーブを作る

| コメント(0)


 秩父に着いてカインズホームへ。

 目指すのはペイントコーナー、150円と250円の大小バケツ。

 大きいバケツの下から2センチ位ぐらいにぐるっと穴あけ。

 小さなバケツは底にたくさんの穴と上から3センチほどにぐるっと穴あけ。

 大きなバケツに小石を数個入れ嵩上げして小さなバケツを入れたらスペーサー代わりの小石で中央に固定すれば完成です。

 ウッドガスストーブは小さなバケツの上側の穴から二次燃焼させるという仕掛け。

 枯れた杉の葉をスターターにして(このキャンプ場にゴロゴロ有るから使っただけなので何でも良いです)、炎が上がったら木っ端を入れていくと… 見事な二次燃焼 ヽ(^。^)丿パチパチ

 ソロキャンプならこれで充分。

 二次燃焼の為の穴はもっと上の縁ギリギリにして大きなバケツの穴は嵩上げの高さに合わせれば更に良かったと反省しとります。


 夜は零度まで落ちる場所でのキャンプなのでメインの焚き火で暖を取るので主など暖は此方で。

 熾きを半分ほど入れればミニミニ焼き台にして塩鯖とか栃尾揚げなんて焼いてみたり(^_^)b

 なかなか使える400円コンロ。


 Webで調べると100円ショップの500円貯金箱が良いとの話でしたが売って無かったので急遽カインズホームにしたのですが結果オーライな感じでした。

 コンパクトなキャンプにウッドガスストーブ。お勧めです。
 

上トンカツ単品のお昼

| コメント(0)


 秩父キャンプの初日な土曜日のお話。

 昼ご飯は西武秩父駅から徒歩五分の「エデン」。

 9月の初訪問ではポークジンシャーで大満足だったけど、お勧めはトンカツとのこと。

 ならばトンカツ。

 普通のトンカツ850円

 メニューに少し時間が掛かりますと書いている上トンカツ1200円

 実はもうひとつ上のランクのトンカツ2,000円が有ったのだけど、ポークジンシャーのボリュームを考えてとどまったんです。(^_^)b


 待つといっても10分は待たなかったような…

 出てきた皿に思わず声が出た。

 やや厚めのトンカツと思えば、カットしてある一個が寿司より大きい。(゚◇゚)ガーン

 思わず楊枝を刺して測量開始しちゃいました(;^_^A

 タップリのキャベツ千切りにはトンカツと共に出てくるソースを掛けて、トンカツはソース掛けるのが勿体なくて塩で頂きました。

 頬張ると口中に広がる肉汁がドーパミン全開にさせますな。

 定食にしなくて良かった、タベキレナイ。

 御飯なしでも充分な満足を得られこのお店

 嫁のオーダーしたヒレカツとエビフライ盛り合わせではヒレカツがビリヤードのボールからふた周りほど小さい大きさ(≧▽≦)

 柔らかくて美味しかったそうです。


 味噌豚丼とか、こいけとか、わらじトンカツの大行列を横目で見ながら幸せな洋食屋さんのエデン、超お勧めですがトンカツ頼む朝のご飯は控え目がお勧めです。

 

WILD-1 オリジナル焚き火台

| コメント(0)


秩父キャンプは日中気温6℃、日が陰る16時辺りは3℃、夜になると1℃という完全耐寒訓練なキャンプでした。

 この時期のキャンバーは上級者が多いのですれ違ってご挨拶、直ぐに仲良くなれるのも心地よいシーズンですね。


 昔(40年前)は皆がそうだったんてすけどね、小綺麗になった分何かを失っているように思います。


 久しぶりのキャンプ用品レビューします。


 キャンプ仲間が買ってきたWILD-1 オリジナルのフォールディング焚き火台。


 組立後の大きさは充分、おやぢの愛用品であるユニフレームの焚き火台より一回り大きい。


 また、底が高いので膝の高さが暖かい。


 高い側面は風除けになっていて空気供給の為の穴が空いているので燃えも快適。


 欠点としては2つ

 ロストルの間隔が広いから炭火には別のロストルを用意したほうが良い。隙間から皆落ちてしまいます。

 また、焚き火台を調理に使うには強度が物足りないです。小さめなダッチオーブン1つが限界かも。

 おやぢのように焚き火で調理する人は鍋を乗せると薪の投入が困難になるのも有り、トライポッドを立てて使うのが良いと思います。

 暖をとったり焚き火を楽しむ方にはコストパフォーマンスが良いのでお勧めですが調理道具としてはイマイチでした。


 使い込むと良い点が出てくると思うのでWILD-1 さん一台モニター指せてくれませんか? (^。^;)

kusakaru-map.jpg

草軽電鉄 新軽井沢から北軽井沢までの線路をGoogleMapでGoogle Mapsにプロットしてみました 

国境平から栗平までの区間は実踏調査しないと詳細が分からないです。

上手くハイキングコースなどに転換できれば良いのですけれどね。

ライジングフィールド軽井沢から小瀬温泉駅から長日向までと 小瀬温泉駅から新軽井沢までをサイクリング(下りのみ)
というのは受けるかもしれませんね。

画像は鶴溜駅から小瀬温泉を抜けて長日向駅まで

冬キャンプの食べ物

| コメント(0)


 久しぶりの青空な東京都、軽井沢まで40時間。

 今週末は仕事が沢山。

 スタッドレスタイヤ換装
 野沢菜漬け
 洗面台の元栓チェック
 ウッドデッキ補修
 矢ヶ崎でマルシェ

 なかなかのんびり出来ませんね┐(´д`)┌ヤレヤレ

 公示前だから選挙もしたかったんだけど出来ないし(T^T)


 ところで、冷蔵庫より低い温度でのキャンプで何を食べます?

 今回買っていった肉系はビーフシチューの為のスネ肉と肉汁うどんの豚肉。合わせて800グラム(^。^;)

 最初の夜は仲間が作った鍋、鶏団子に野菜たっぷりと。

 翌朝はジャガイモにチーズ、ビールが進みます。

 昼は肉汁うどん。

 夜はビーフシチュー。

 ポイントは温かいまま食べるということ。

 ジャガイモチーズはフライパンのまま、急激に冷えるから皿に移したりはしません。

 出来たらフライパンを保温したままで食べたいものですね。

 ところで肉汁うどんの麺は秩父のスーパーマーケット「おがわや」の地粉うどん。

 これが美味いんです。

 なぜかイオングループのスーパーマーケット、ベルクでも売っているという有り難さ。


 秩父の隠れた名品だと思います。

三大●●

| コメント(0)


 軽井沢まで16時間になったおやぢです。

 独身モードで行くのですけどね(T^T)

 秩父山中でのキャンプから早くも四日目、年取ると時間が早いというのは本当ですねぇ。ついつい若い頃と比べてしまいます(;^_^A


 比べると言えば西武鉄道の秩父キャンペーン。

 東京の大手私鉄では京王小田急に後れをとってますけどね、頑張ってますね。

 京王は高尾山

 小田急は箱根

 西武は秩父、川越

 京急は三浦半島に羽田

 京成は成田

 東武は日光、赤城山。

 あれ? 東武東上線の売りは何なのでしよう??

 

 ともあれ、西武鉄道のポスター。

 三大祭りは分かるけど

 餃子は宇都宮(浜松からクレーム来そうだね)

 香川のうどん(香川じゃなくて讃岐と言ってもらいたいなぁ)

 秩父のわらじトンカツ (゚Д゚)

 ええーーー?

 そうなの? (@_@)

 そりゃ御花畑と影森の踏切にある店なんか大行列だけども、だ。

 わらじトンカツは小鹿野でしょ?

 東京ディズニーランドみたいな微妙なズレが気になります。

 では秩父といったら...

 そば、うどん。( ゚д゚)ハッ!

 秩父といったら日本酒、ウヰスキーにワイン。

 これじゃないでしょうか?

 結局酒に落ち着く酒のみの論理でした。
 

小林農園 小諸

| コメント(0)


23時ちょっと前に軽井沢到着、そのままカフェ・コンヴェルサへアウトバックを停める。

 ようやくボジョレー・ヌーボーを飲みました。最初の一杯にはちょうど良いフルーティーの中に三年後が楽しみなお味でした。

 代行で帰るときは星が出ていたのですけど今朝から雨。

 軽井沢に居ると車生活なので傘をあまり使わないんですけど土砂降りなので傘を出しました。

 八時半に動き出して浅間サンラインを西へ。

 大雨のくせに濃霧の箇所を何カ所が抜けて御代田から小諸には行れば目的地はすぐ。

 隠れたグルメスポットの高原ドライブインの次の角。

 小林農園に到着です。

 狙いは野沢菜。


 新潟の酒田のみなさまは鮭が上がると仕事そっちのけで塩引きを作るそうですが、

おやぢの場合は長野県民なら漬けない人はいないという野沢菜漬けのシーズンなんです。


 思えば去年は入山トンネルで覆面パトカーに捕まってから早一年。

 今回は捕まらずに野沢菜二束ゲットしました。


 カレンダー頂いてルンルンな気分。


 野菜王国に住めることの幸せを感じる冬の始まりです。


 午後は矢ヶ崎公園でマルシェ。

 ライジングフィールド軽井沢のブースにいますので宜しかったらのぞいて下さい。

 16時から18時30分まで

軽井沢ウインターフェスティバル

| コメント(0)


 軽井沢に居て一番好きな季節は冬。

 東京の皆さんは「夏が涼しくて良いですね」とかいうのだけど、涼しいのは涼しいけども湿気が多くて涼しいというバランスの気候なんです。

 人も多いしツルヤは混むし運転の危ない都会ナンバーの外車は多いしで夏の軽井沢よりも冬の軽井沢が好きなんです。

 昨日は軽井沢ウインターフェスティバルのオープニングセレモニー。

 矢ヶ崎公園のマルシェでライジングフィールド軽井沢ブースで遊んでました。


 夜の花火見たのは五年ぶりじゃないだろうか、綺麗だったね。


 綺麗といえばイルミネーション。規模は小さいのだけど若いカップルには堪らなく良いのだろうね。

 でも冬の軽井沢に素足なミニスカートでヒールは止めといた方が良いなあ。オジサンは見ているだけで寒くなっちまう(^◇^;)


 さてさて、このイルミネーション。町の中に青と緑。

 絶対INGRESS を意識しているよね。

検索

               

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村