おやぢの呟きリターンズ

軽井沢のお弁当

| コメント(0)
プリンスホテル、ショッピングプラザ、星野リゾートなどなど

これだけ軽井沢で仕事をしている人間が多いと言うのに

軽井沢に無いものは フランチャイズのお弁当屋。


オリジン弁当、ほっともっととかの持ち帰り弁当が軽井沢町に無いんです。

あるのは コンビニとスーパーの弁当とか。


月単位の契約で良ければ

弥助鮨の日替わり弁当とか美味しそうなのですけど

毎日弁当は要らないおやぢとしては

中軽井沢の「けろけろキッチン」なんて良いんじゃないでしょうか?


DSC_1767_1280x768.JPG

日替わり弁当(数量限定) 520円 ヽ(^o^)丿

ご飯はホカホカ、おかずも楽しいです。


しかし問題は けろけろキッチンも12月後半から春までお休みになること。

軽井沢のマツヤ(改めデリシア)が再開するまで

コンビニ弁当が主体になってしまうのですかねぇ


ちょっと昼ごはん事情が厳しくなる軽井沢です。





野沢菜の話

| コメント(0)
DSC_1762_1280x768.JPG

毎年この季節になると そわそわしてくるおやぢです。

ゾワゾワじゃなくてソワソワするというのは

野沢菜漬けの季節だから (^_^;)

毎年 小諸の小林農園とか佐久のJAとかで買っていたのですが、

今年は時間が無かったので 中軽井沢のJA直売所へ行ってみると

ありました。 ちょっと丈が小さくて細いけど野沢菜。


JA直売所で初めて会ったお母さん(息子さんがトンボのコーヒー屋さんで働いている)が言うには

「馬取なら農家がイッパイあるから買わなくても貰えば良いんだよ」 ← ごもっとも

「細いほうが美味しいんだよ」 ← お、眼からウロコが...

軽井沢の野沢菜は生だってイケるんだから」 ← うまそー

といっていたので

帰宅後

さっそく生の葉っぱをパクリ

うーーーん えぐ味が口の中に広がります (TдT)


悔しいので 小さいところを選んで
DSC_1820_1280x768.JPG

油炒めにしてみました。

うーーーん 美味しいっ!

これはもう一度食べたいお味。


次に軽井沢産野沢菜が買えたら お浸しにもトライしてみようかなと思います。





今年の夏は雨が多かったですよね、晴天って何日有ったのだろうな感じ

軽井沢の家って落ち葉で詰まるから雨樋を点けている家は少ないんです。

屋根からの雨がウッドデッキの塗装を直撃して剥がれちゃうので、

今年は雨樋をウッドデッキの部分だけ付けてました。


東京なら 軒下の雨樋から垂直のパイプに繋ぐところなのでしょうが、

枯れ葉で詰まるのが嫌だったので

雨樋の端には細引きで地面まで垂らしてました。

それが

雪の後、 雪解け水が雨樋から細引きに流れて

DSC_1760_1280x768.JPG

氷のオブジェになりました。

普段な1月から2月に見られるこの氷柱

薪を取りにうっかり裸足で外に出ると

指先がジンジンするわけです。

DSC_1749_1280x768.JPG

初雪は25cm、翌日は角瓶半分

| コメント(0)
軽井沢の初雪、例年ならサラッと降るところが

今年はドカッと降りました、 我が家での積雪は雪だまりで25cm

ウッドデッキは

DSC_1755_1280x768.JPG

角瓶半分。 (^_^;)

実はこの角瓶、現在販売していない角瓶だったことを思い出して

慌てて雪から引き上げてラベルを乾かしたおやぢです(うーんなんて長い前フリなんだ)。

すでに大きな通りは乾燥するか凍結するかしているので安全運転できるのだけど

軽井沢インターチェンジからプリンス通りに出る接続道路の北斜面は凍結しているから

冬用タイヤじゃない車は高速道路出口でチェックしてもらいたいです。


今回の雪でも大型トラックが坂を上りきれずにスタックして大渋滞を引き起こしていたりして、

現在道路交通法改正を検討しているようですが、長野県条例で 冬用タイヤを履いていなくて道路を塞いだら

5億円くらいの罰金刑にしてほしいですよね。


確信犯にはそのくらいの刑罰が相応しいと思いませんか?

そんなかんなで一昨日の朝の庭

DSC_1822_1280x768.JPG

まだ地熱がのこっているから徐々に裏道も含めて

雪は融け始めてます。

我が別荘地内私道も軽く雪かきしてもらったら地面が露出してます。

11月の雪は珍しくないけど、初雪から積もるとは...

先が思いやられます。



ツルヤでいつもの東信あるある

| コメント(0)
マツヤが改築中なので

買い物はツルヤですることの多くなったおやぢです。

買い物しないと生活できないですからねぇ

旧軽井沢や新軽井沢からもツルヤに来ているような状態なので

昔は空いていた時間帯も満遍なく買い物客が居るような気がします。

おかずは料理してもOKなのですけど、主食と刺し身はそういう訳にはいかないので

DSC_1653_1280x768.JPG

時々食べたくなる 〆鯖

スライスレモンが付くところが 東信スタイル。

東京では見たことなかったのでちょっとびっくりしましたが、今は平気。

ところで このレモンが何と無く国産に思えるのは気のせいでしょうか?


DSC_1651_1280x768.JPG
そして 油揚げを裏返して詰めてある稲荷寿司。


東信では(信濃では?) 定番のからし味の稲荷寿司。

これもこちらに来て初めて見たんです。

中身は からし味の酢飯だけ、

山菜とか野沢菜とか肉とか無しというところが潔くて好きですね。

どうして辛子味なのかは謎のままなのですけど

実は松本名物という噂です /(^o^)?オワタ

中軽井沢でモーニング

| コメント(0)
朝9時、中軽井沢駅前でご飯が食べたくなったので

周辺をウロウロしていたら

かぎもとや開店のお時間です。 日曜日だからか開店前から数人が行列してました。

朝から蕎麦はイメージに無かったので、かぎもとやには入らず

さらにウロウロ。

軽井沢病院辺りまで歩いていて見つけました。

れむの巣_1280x768.jpg
画像は googleMapより

レストラン れむの巣

燦然と輝く「モーニング」の文字

しかも 550円 ヽ(^o^)丿

DSC_1717_1280x768.JPG

サラダにスープ、バタートーストにコーヒー。

これで充分

マスターとしばらく2014年の大雪の話などをしてたら

10時近くになっちゃいました。

昼はハンバーグ定食850円など 

昭和を感じるおやぢ好みのレストランでした。

ザワークラウトが作れない季節

| コメント(0)
2週間ほど前に 軽井沢のキャベツが今季終了という話を聞いて

最後の軽井沢産キャベツのザワークラウトを作ってみました。

時間が無かったのと腐敗が怖かったので 24時間掛けて水があがるのをまって

ジップロックに入れて空気を抜いて、冷蔵庫へ入れたんです。

DSC_1724_1280x768.JPG

そろそろ食べごろかなと食べてみたら

キャラウェイシードの香りは高いのだけどキャベツの塩もみになってました

発酵してません (ノД`)シクシク

やはり適当な温度が無いと発酵まで進まないんですね。

慌てて冷蔵庫から出したものの

DSC_1728_1280x768.JPG

最高気温が一桁前半の予報。
  
これじゃぁ冷蔵庫と大差が無いですよねぇ

もっともこれから浸ける野沢菜だって乳酸発酵ですからねぇ

外気に触れる時間が短かったのがダメだったのかも。






軽井沢ストーブってなんだろう

| コメント(2)
一昨日庭の落ち葉を眺めたままにしておいたら雪積もっちゃったですね。

あーあ

こんなことなら図書館に行く時間を落ち葉掃除に当てればよかった。

離山図書館へ行ってみたら既に冬季休館

DSC_1716_1280x768.JPG

ならばと中軽井沢図書館へ行ってみたら

DSC_1721_1280x768.JPG

9:30開館 (ノД`)シクシク

30分ほど時間を潰してでも行きたかったのは

ちょっと気になる本があったんです

DSC_1722_1280x768.JPG



軽井沢新聞社が2013年くらいに出版した本で、

弥生時代から現代までを短いコラム風にエポックをまとめている本です。

弥生時代から江戸時代までは僅か数ページ、やはり軽井沢の歴史は江戸時代の中仙道からなのでしょう。

本当は弥生時代から明治までの詳しい話を知りたかったのですが

この本だと大正以降が詳しいですね。


この中ででていた

「軽井沢ストーブ」

ぐぐってみても出てこない

僅かに 「軽井沢という聖地(NTT出版)」に

彼らは寒い冬も「軽井沢ストーブ」と呼ばれる鉄板製のストーブを頼りに多数常住していた。

という下りがあるだけ。


うーーん 薪ストーブにストのおやぢとしては是非とも知りたい 「軽井沢ストーブ」

どなたかご存じないでしょうか?

碓氷バイパス軽井沢側で工事中

| コメント(0)
DSC_1672_1280x768.JPG

碓氷バイパスを軽井沢側から入山峠までの上り坂、

暫く前から工事しているのは知っていたのですけど

ようやく全容が見えてきました。

今年1月のスキーバス事故現場まで登坂車線を歩道として開放していたのですけど、

専用の歩道を作っているようです。

山の方も工事が進んでいて こっちは何を作るのでしょうね。


歩道工事が終わって登坂車線が開放された途端に事故現場じゃたりに違法駐車が

始まったりして。


新たな事故のトリガーとならなければ良いのですが。

毎日通る道だけに心配です。


DSC_1642_1280x768.JPG

思い起こせば 11月3日くらいの話、

ヤマガラやらシジュウカラやらが騒がしく庭のモミジに止まっていたので

ウッドデッキ下からバードフィーダーを引っ張り出して

ひまわりの種を入れて

気がつくために下の皿にも入れたのに...


まったく気が付かない小鳥たち ヽ(`Д´)ノプンプン


まだ新鮮なミミズとか虫とかが食べられるから、輸入ヒマワリ種なんて食べたくないよねぇ


自分を慰めているおやぢです。  

うーん なんと長い前フリなのでしょう。



カケスは毎日きて ドングリを数粒づつ食べてくれているというのに

さてさて、今夜から雨/雪予報なのですけど

積もらないと良いなぁ


ところで、Androidアプリの外国製天気予報ガジェットなんですけどね、

水晶雨」 って表示があるんです。

Googleで調べても出てこないので 知ってたら教えて下さいませ




西武秩父駅前の駅前

| コメント(0)
イチローズモルト→田中技研さん→兎田ワイナリー→秩父錦と楽しんだ大人の遠足。

旅の〆は西武秩父駅近くの店で 秩父錦を1升飲み干して中締めとなりました。

さて、乗るべき特急までは1時間ほど間があるので

西武秩父駅前をウロウロ。

何軒かある店の中で 2階にある店が気になって入店。

その名も 「駅前」 !

カウンターに秩父市内でも入手不可能なイチローズモルト・ブレンデッドがあったので

親父さんに聞いてみると ボトル丸ごとで ◯千円だと言うことで

8人で飲むことにしました。

お通し5品で500円!

DSC_1693_1280x768.JPG

黄色いのはヤマメの卵を塩漬けにしたもので、

日本のウィスキーにピッタリ ヽ(^o^)丿

塩っぱくないきんぴら、椎茸の煮物、ほうれん草のオニグルミ和え、自家製こんにゃくにヤマメの卵。

うーーーん 秩父に来た感じがします。


さらに きのこ汁を小振りの椀に入れてもらえば

DSC_1695_1280x768.JPG

親父さん云わく「天然キノコ100%というわけには行かないが」

天然キノコたっぷりで天然ナメコのヌメリがあるきのこ汁

柚子の香りも楽しめて 満足満足

さらに天然ワカサギの天ぷらと


お腹いっぱいだったはずなのに しっかり食べちゃいました。


最後は 残ったイチローズモルトを飲むための

コップや、熊笹茶、氷、 そして 柚子と梅干し(これがまた美味かった)

を頂いて 1人 3,000円にしてもらいました。


最後に 記念撮影

DSCN1459_1280x768.JPG

一番奥の親父さんが持っているのが イチローズモルト ブレンデッド。
この店って 昼から飲めるのだそうで、

この日は朝から雨だったのでたまたま貸切状態でしたが、普段は混雑しているようです。


熊、猪、鹿 の鍋も1人前 2,000円からあるそうで

東京方面の皆さん、 秩父までジビエ鍋ツアーやりませんか?

あ、 イチローズモルトがあるとは限らないそうです。

いい店を見つけました。

西武秩父駅前って 洋食のエデン といい 素晴らしい食堂が沢山あるんですね。

食堂といってもご飯は無くて飲まない人は入店できないんですって。



秩父でイチローズモルト

| コメント(0)
DSCN1442-1280x960.JPG

軽井沢という場所はとても特異な場所で、

ラーメン食べてたら隣に渡辺謙さんが独りで座ったり

パブで飲んでいたら向かいのテーブルに有名漫画家が食べたり。


友達の友達の友達を頼れば有名人に辿り着くという、

バミューダトライアングルのような力があるのでしょう。


そんな御縁で軽井沢のみなさんと大人の遠足

目的地は秩父。

最初の立ち寄りは 秩父蒸留所

一般の見学は出来ないのですけど、友達の友達の友達コネクションで

伺うことができました。

DSCN1427-1280x960.JPG 

こんなところまで間近で見ることができました。

ウイスキー造りのほとんど知ってると自負してましたが、

知らないことだらけでした。 オハズカシイ


仕込み、ボトリングの棟には

DSCN1428-1280x960.JPG

MWRがどどーんと。

か、買いたいっ

有り金全部で買って◯◯オク!

じゃなくて家宝にしたいっ (^o^;)


そんな思いを断ち切り、たっぷり90分ほどの見学。

細かい所まで教えていただき勉強になりました。


そして試飲

ブレンデッド、ダブルマチュード、ピーテッド、ワイン樽仕込みなどなど

レギュラー商品全て試飲したのですが


びっくりしたのは

DSCN1443-1280x960.JPG

この2本。

詳細はラベルを拡大して想像してみてください。

破砕直前の大麦も食べれたし、

DSCN1447-1280x960.JPG

伊知郎さんと記念写真も撮れました。


軽井沢のみなさんに大感謝です。

こう寒いとお酒(敢えて日本酒という言葉は使わない)の季節ですねぇ。

土鍋に昆布とお湯を入れて30秒経ったら昆布は引き出し、

たっぷりの鰹節で出汁をとれば

ゆで卵と大根とがんもどきだけのおでん。

ぬる燗で2,3本飲んだら キリリと冷えた白酒(パイチュー)を...  


キリリと言えば11月になってキリリと冷えた軽井沢。

DSC_1420-1280x720_1280x768.JPG

夜間は薪ストーブ全開運転が続いたんです。

なので まだ11月中旬というのに

DSC_1654_1280x768.JPG

薪の消費が早いように思います。1立米ほど消費済みな薪棚3号。


今年の1月に満杯にしたんですけど、

全てが貯木場からの丸太を割ったものなので針葉樹が中心。

燃えるのが早いのか、盛大に燃やすほど酸素を入れすぎているのか。

年末までに棚1つ空になりそうな勢いです。

平日は燃やさない薪ストーブでこの消費量、

随分先の話ですけど365日が日曜日な身分になって毎日薪ストーブな日々になったら

年間どれだけ必要になるんだろうと 今から ((((;゚Д゚))))ガクガク  してます。

薪棚をあと2つ増やして6棚体制にして足りるでしょうか?


今年の1月には貯木場で来年用の丸太を貰ってこなければなりませんね。



貯木場に冬が来た

| コメント(0)
軽井沢町の薪ストーブニストならば必ず訪れるのが

貯木場。

鳥井原から油井を抜けて風越団地に抜ける途中にあります。

DSCN1402_1280x768.JPG

搬出できるのは軽井沢在住者、

2mまでにカットした樹の搬入は 軽井沢町民+別荘所有者という

不思議なカテゴリ分けなんですね。

在勤者は捨てに来られないってことなのかな?



不景気な頃はガラガラな貯木場だったのですが、

今の軽井沢は建築ラッシュなので丸太が大量にあります。

DSCN1400_1280x768.JPG

注意いただきたいのは ほとんどが針葉樹ということです。

触媒内蔵型の薪ストーブへ使うときは慎重に使わないと

触媒が壊れてしまいます。


おやぢの家のストーブはクリーンバーンだけど触媒は無いので

針葉樹だってモリモリと燃やしちゃいます。

広葉樹と違って油分があるので早く温度が上がるというメリットもあるんです。


DSCN1401_1280x768.JPG

この日は珍しく45cmほどに玉切りされた丸太も転がってますが、

搬入される丸太は2mほどが基本なので、

エンジンチェンソーを持っていくことをおすすめします。

自分の薪ストーブに合った玉切りサイズが重要です。



貯木場で玉切りすれば、おが屑掃除不要、軽トラに積むのも楽ですよね。

チェンソーの故障を防ぐためにも昼間の気温が零下にならない

12月上旬までが勝負なのかも。


マイナス10℃近く冷えた場所で工具を使うと電動・エンジン関わらず

よく壊れますよね。



軽井沢からの朝風呂ポイント

| コメント(0)
社会人経験が長いからなのか、それとも年寄りになったのか...

休日でも午前6時には目が覚めてしまうおやぢです。

朝からシャワー派のおやぢですが、休日くらいはゆっくりと 温泉に浸かりたいのですが、

オナーズヒルの温泉が6:30開始だったころは朝風呂+温泉という

ありがたいシチュエーションが楽しめたのですけど、今は昔。

万葉超音波温泉 04:00
戸倉観世温泉  05:00
戸倉国民温泉  08:30

と 戸倉まで行けばあるのですけどねぇ高速使わないと90分、高速使っても60分

このさいカランなんて無くて良いからと

DSC_1663_1280x768.JPG

布引観音温泉!

07:00から営業中です 軽井沢からだと浅間サンライン経由で30分くらい。

そして料金が400円(土日でも)!

源泉での湯温が47℃程度なので湯船に注がれるところで42℃程度になるのでしょう。

湯口の側でゆっくり温まったら水風呂へ入り、また戻るという

何回か繰り返しているうちに汗が噴き出して来ます。

DSC_1657 (1)_1280x768.JPG

浴室にはボタン式のシャワーがあるだけで、蛇口がありません。

ですけど このシャワーも源泉100%という戸倉国民温泉並の有り難さ。

備え付けの石鹸類はないので 忘れずに持参しましょう。

ここのお風呂に入る前は足の踵などがガサガサ(歳だね)だったのが

ツルツルとまではいかないけどガサガサが無くなったような感じです。

一度だけでこれだけの効果なのですから7日間ほど通えば

娘っ子のようなスベスベお肌になること間違いなしです。


60歳のおやぢには無駄なスベスベ。

八風湖に来年秋オープン予定のホテル、町民限定で朝風呂やってくれないかなぁ。








最近 Youtubeにコックピット動画が沢山出てくるでしょ、

先日ANAの公式動画で、羽田のD滑走路から離陸するビデオがあって、

見ていたら滑走路に正対する直前に副操縦士の手がオーバーヘッドパネルに伸びて

カチカチカチと3回何かを動かしたんです。

気になって気になって調べていったら シートベルトサインの摘みでした。

そう言えば 3回は離陸 5回はファイナル(着陸に備えよ) だったでしたっけ?

そんなかんなで気がつくと夜更かししちゃってる鉄道も航空機も大好きなおやぢです。

787といえば飛行機じゃなくてデゴイチ。


先日 D51型蒸気機関車 通称デゴイチに有ってきました、といっても鉄道文化むらのそれではなくて

DSCN1407_1280x768.JPG

御代田駅に保存されている D51 787号機

煙突の後ろの蒲鉾型蒸気溜めが3次製造車ということを示してます。

DSCN1408_1280x768.JPG

保存も良くて関わっている方々の苦労が忍ばれます、ありがとうございます。

10月、11月と柵の中にも入れたようで何時かはデッキに上がって触りたい (^o^;)


ところでこの場所は昔の御代田駅って知ってます?

あ、知ってますか。常識ですものねぇ

DSCN1412_1280x768.JPG

奥からこちらへ(小諸から軽井沢に向かって)来た列車はホームのある急坂で停まると

再起動できなくなるので一旦駅を通り過ぎて

この写真の場所から本線と離れて右方面の水平な所で停まるんです。

は車輌の性能が良いから上り坂途中で停まっても動き出せるので廃止されたスイッチバック。


軽井沢周辺は鉄道遺跡が沢山あって廻りきれないです。

最後に鉄道写真オタクには絶対取れないバックショット

DSCN1409_1280x768.JPG

御代田はまだまだ秋ですねぇ








今年は諦めて来年にかけるおやぢです。

え? 宝くじの話ですけど (^o^;)

オナーズヒルの風呂が閉鎖されている今、朝風呂ポイントって何処に行けばよいのでしょうねぇ。

時間的には 06:30から07:30でよいのですけど。

そんな朝の話ですが

風越団地辺りを走っていたら

真っ赤なモミジが

DSCN1403_1280x768.JPG

氷イチゴ状態 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

こうやって霜が降りたところから茶色くなるのじゃないでしょうか?

本当に軽井沢の秋はあっという間に駆け抜けていきますね。



毎年見事に真っ赤になる 我が家のモミジ。

今年は長雨だったり日照不足なのでしょうか?

イマイチ赤くなりません

DSCN1391_1280x768.JPG

どんじゃ条件で黄色くなっちゃうのでしょう?

調べた学者さんはいないものか。

そして先日掃除したばかりの庭は落ち葉だらけ (ノД`)シクシク

我が家の楢(ミズナラ?)の葉が見事に紅葉しているので

DSCN1392_1280x768.JPG

次の掃除は この葉っぱが全て落ちたら考えようと思います。

落ち葉掃除の次は

落ち葉の下に隠れている大量のドングリ。

カケスの群れが毎日のように来ているのに

ドングリをガシガシと食べてくれません。

君らが食べれば掃除の手間も減るのにねぇ

Garrulus_glandarius_3_(Marek_Szczepanek).jpg

カケスの画像はWikipediaより。

この写真だと可愛いけど、

実は鳩ほどの大きさがあるんです。

今年は雪が早い軽井沢、なので

| コメント(0)
男子カーリングの軽井沢SC

アジア・パシフィック選手権優勝おめでとうございますヽ(^o^)丿

ほほ次のオリンピック出場権を手にしましたね。

そんな熱いカーリング、

暑いといえば昨日の最高気温17℃って

なんでしょうね

DSCN1399-1024x768.JPG

お山は雪が積もってるというのに

そんな暖かな日曜日、

例年より1ヶ月ほど早く

DSC_1635-1024x576.JPG

スタッドレスに換装しました。

スタッドレスだと走行時のノイズが

モーーーーー って

うるさいんです。


2週間ほど戻れないかもなので

早め早めの対応とは、

お仕事とはずいぶん違うな(^o^;

ブロアの季節

| コメント(0)
軽井沢にいて毎年繰り返す作業といえば

草刈りと落ち葉掃除。

雪かきと同じで無駄な作業だなぁと毎年感じてます。

だって 野沢菜漬けとかと違ってご褒美が無いんですもの(ノД`)シクシク

我が家の楢の木から大量のドングリが振ってくるので、

これも根が付く前に片付けなければいけません。

DSC_1555_1280x768.JPG

ブロアで集めて

DSC_1560_1280x768.JPG

ブルーシートに移したら

端を持って裏庭の片隅に積み上げてます。

本来なら可燃物処理袋に入れてゴミに出すのがお作法のようなのですけど

毎年画像の量の10倍は片付けているので腐葉土作りになるように

しています。

ロケットストーブを作って煙を出さずに焼却できればよいのですけど。

暇ができたら作ってみますか。


男子カーリング、アジア・パシフィック決勝進出

おめでとうございます!

次は世界選手権大会でベスト8に入れば

来年のオリンピックに出られます。

さてさて、


軽井沢町の豆腐屋さんといえば

Google検索上位にでてくるのが 白ほたる豆腐店と松水庵

ふっふっふ

週末軽井沢町民歴10年のおやぢのお勧めは

加賀屋の豆腐


追分宿の中程にある元々旅籠屋だったと思われる佐藤豆腐店です。

惜しむらくはマツヤで買えたのに建替え中で買えないのです。

こりゃ追分まで行かないと手に入らないのかなぁ

と、諦めていたら

DSC_1570_1280x768.JPG

実は発地市庭にありましたヽ(^o^)丿

左は絹豆腐

右は木綿豆腐。

奥は おから

木綿豆腐を2丁買って

DSC_1602_1280x768.JPG

湯豆腐(追分食堂風)


追分の豆腐は追分区のサロンとでも言うべき

追分食堂のスタイルで楽しみたいものです。

中身はほぼ豆腐だけという潔さ。

鰹出汁と醤油が2:1という濃いタレに豆腐を沈めて、

中学生時代の弁当のおかずみたいに染みたところで食します。

ずっしりと重い豆腐は軽井沢の宝、

身体もしっかり温まってビールもワインも進みます アレ?


来年の春、マツヤ軽井沢店改めデリシア軽井沢になったときにも買えるのだろうか 佐藤豆腐店


発地市庭で安いもん

| コメント(0)
先週の収穫祭で賑わった発地市庭。

我が家から一番近い食材販売店なのでついつい寄ってしまうんです。

軽井沢産だけじゃないけど、冬のシーズンを迎えれば

町内産食材ってものすごく限られちゃうので おやぢとしては無問題。


万咲でのフライドポテトアンチョビ和えに感化されて

DSC_1571_1280x768.JPG

小さな キタアカリ 80円!

2人なら2,3回使える量があるのに、このお値段は嬉しい


そして意外なものが安かった

DSC_1604_1280x768.JPG

薪 300円 Σ(゚∀゚ノ)ノ

直径30センチほどの丸太を割ったものがこのお値段って...

週末に趣味で火を入れるストーブなら十分じゃないでしょうか


行く度に発見がある発地市庭。

これから冬に向かってどのような変化があるのでしょうか

((o(´∀`)o))ワクワク


佐久からの帰り道、借宿ジャンクションの手前左側にある気になっていたお店が

「万咲」

先日お願いして連れて行ってもらいました。

テーブル5卓にカウンター5席くらいの程よい大きさな店内には

薪ストーブが暖かくて嬉しいです。

まずはトマト酎ハイを頂いて、

DSC_1541_1280x768.JPG

これが美味しくてスイスイ入るので危険 (^o^;)

お通しはこれ。

DSC_1542_1280x768.JPG  

大根とツナのマヨネーズ和え。

美味しい。

おやぢの家訓に 「通しよければ全て良し」 というのが有ります (嘘)

こんな美味しいお通しを出す店に間違いはありません

というわけで 飲みモードから食べモードにチェンジして

DSC_1544_1280x768.JPG

生のポテトを揚げてアンチョビで和えたもの

このアイデアは戴きました。 ちゃんとしたジャガイモを揚げてます(^o^)v

DSC_1543_1280x768.JPG

自家製豆腐の醪漬け、赤大根に乗せてポリポリとかじれば野菜の旨味と醪の美味しさが口中に広がって、

日本酒行ってたら帰れないほど飲んじゃう危険が。

DSC_1546_1280x768.JPG

そして〆は きつねご飯。

おやぢの予想だと薄い油揚げを細く切って炙ったのをご飯に乗せて

醤油ぶっかけて食べるイメージなのに


こ、こ、これは

手造り豆腐の油揚げ(厚め)を炙って

中央には キュウリと大根の卸しに醤油で味付けて鎮座させて

胡麻を振ったものでした。

美味かったぁ

おやぢの家からだとちょっと遠いですけど、

地元価格が嬉しいお店だと思います。


日月定休

18:00から23:00まで(ラストオーダー22:00)



線路は続くよ ここまでは。

| コメント(0)
1997年に新幹線が開通して廃線となった横川・軽井沢間

ファンは 横軽(よこかる)と呼ぶのです。

先日 矢ケ崎公園を通った際、ふと思いついて訪ねてみました、

矢ヶ崎踏切。

軽井沢駅から横川方面へ行く最初の踏切で、

踏切を超えると程なくトンネルに入り66.3‰という急坂を下っていくのです。

DSC_1577_1280x768.JPG 

踏切跡はあるのですが踏切の先には新幹線の保守基地があって、奥のゲートから先は立入禁止です。

新幹線開通前のこの警報機はひっきりなしに鳴っていたのでしょう、

蔦に覆われ始めた制御箱が物悲しいです。

警報機の先に入ってみれば

右側は

DSC_1578_1280x768.JPG

軽井沢駅に続く しなの鉄道(?)の土地 
※軽井沢町の土地かもしれません

軽井沢駅のオー・デパールからここまで660Vの架線を張ってEF63で往復すれば

商売になるようなきがするのですけどね (^o^;)

町が保存している EF63-2は動けないだろうなぁ



実は 今日お話したかったのは 踏切の左側

DSC_1579_1280x768.JPG

実はこの線路は この場所から横川の鉄道文化むらにつながっていて、

さらに 信越本線に合流して高崎、東京、大阪、博多、鹿児島までつながっているんです。

もちろん 北海道、東北、四国、北陸、山陰とも。


知る限り3年前までは鉄道文化むらからここまで除草剤を撒くために

横川からディーゼル機関車が上がってきたのですけど。


数年毎に現れては消える横川ー軽井沢の鉄道往復構想。

実際はここまでインフラはちょっと整備すれば使えるのですが、

横川・軽井沢を往復するための機関車が億単位の価格になるので

難しいのかなぁ


機関車を新造するのか、 電力線を再整備・維持してEF63を走らすのか...

線路は続いているのですけど ここまでは

どなたか20億円ほど戴けませんか (^o^;)

費用とやる気があれば

横川発軽井沢(矢ヶ崎踏切)ゆき 列車が

DSC_1581_1280x768.JPG

線路の間にある黄色い停止標識まで走れるのに。

勿体無いことです。




ホタテの季節

| コメント(0)
都内ではキャベツ1玉450円とか、
白菜は1/4カットで200円とか。

葉物の端境期が更に夏の長雨や台風のおかげてとんでもないことになっていますね。

先週末の軽井沢は 収穫祭だらけで

11/3から5日 発地市庭
11/5 JAの収穫祭(発地の出荷場で)
11/6 JAの収穫祭(中軽井沢の直売所)

普段渋滞なんか見たことがない女街道の貯木場辺りは

DSC_1603_1280x768.JPG

直売所の入口先頭で両方向に渋滞。

幸い 除雪基地の駐車場が使えたので待ち時間なしで入場できました。

キャベツ 150円 ヽ(^o^)丿
でも今年は高いなぁ (ノД`)シクシク

青年部の方も ここで売らなくて段ボールに詰めて出荷したほうが儲かると言ってました (^o^;)

儲けられるときはしっかり稼がないとね。

リンゴが20個で1500円とか買い物したところで

発地市庭へ。

葉物野菜は買ったけどお目当ては 大槌町の出店

DSC_1607_1280x768.JPG

もちろんお目当ては

DSC_1606_1280x768.JPG


ぷりっぷりの ホタテ浜焼き 500円!

生のホタテの平たい面を下にして貝柱が離れたところで

ひっくり返し、平たい貝殻を取り去り

醤油を...醤油を...ひとたらし  しません( ゚д゚)


見ているとただ焼いただけ Σ(゚∀゚ノ)ノ

海水の塩気だけでプリプリに火を入れたホタテ

美味しゅうございました。



ホタテを生のままで販売してくれると家でたっぷりのお酒と楽しめるのですけどね、

認可関係が難しいのでしょうか、ちょっと残念です。





芋煮の季節は

| コメント(0)
サトイモが店に並ぶと冬の気配な軽井沢。

山形県では芋煮の季節、なんでも河川敷での直火が規制されてしまったようで、

オートキャンプインストラクターとしては

納得しつつも伝統とかを考えると複雑な思いがありますね。

軽井沢のサトイモと言えば

DSC_1596-1280x720.JPG

2日連続の軽井沢駅前の本陣。

ゴーゴーカレー蕎麦の場所に燦然と輝く

里いもコロッケ 

DSC_1593-1280x720.JPG

ソースを出してくれるのですけど

そのまま食べてみました。

うーん

コショウを効かせた塩味

サトイモのねっとり感が

ビールに合うだけどなぁ


この後の温泉行きが無ければモツ煮を追加して

佐久の銘酒で夕方まで飲むのもありだな。

オフシーズンに蕎麦屋で昼酒会、プロデュースしますね。

新そばの季節

| コメント(0)
一昨日は高崎線が動かなくなら休暇取らなくて良かったじゃん

とか邪悪な考えが横切ったおやぢです。

大宮から高崎駅までの新幹線を在来線定期券の人々に開放したので

新幹線には乗れたのでしょうが混んでてグリーン車に行きたくなりますね。

グリーン車と言えば普通はモーターが無.........

( ゚д゚)ハッ!

グリーン車の話をするんじゃなかった。

緑と言えば新蕎麦、そうです、新蕎麦の話をするのでした。

東京からお客様が来ていたので

軽井沢駅前の本陣で

DSC_1591-1280x720.JPG

ざる蕎麦(大盛)。

蕎麦の香りが口中から鼻に抜けて

むふふふふふふふふふふふふ

ウマーーーーイ

夢中になって気がつけば

DSC_1594-1280x720.JPG

無くなってました(^o^;)

この大盛は普通盛りの倍量な感じでした。


右下の皿は何だって?

それは明日に続きます。

駅前難民になりそう

| コメント(2)
DSC_1588-1280x720.JPG

今の勤め先もあと一年あまりで出ることになるけど、

満員電車に乗らなくて済むと行き場所が無くなって

なんか人生迷子になりそうなおやぢです。


迷子といえば、今月から軽井沢駅前で難民が沢山生まれそうです。

他国からの亡命じゃなくて

駅前郵便局近くの立ち飲みワインバー、

Ketvin's BAR

今月から、ひと月ほどお休みだそうです。


ワンコインで飲めるワインや生ビールの店なので

若者からおやぢ世代まで賑わっている店なのです。


休みの間どこに行こうか

これから冬になるとお店が少なくなるで

彷徨う呑み助駅前難民が増える予感。


12月中旬から再開とのことです。

薪棚がすべて埋まる

| コメント(0)
日記代わりにつけているこのブログ、

実は生活の記録だったりするのです。

この冬使う薪の乾燥期間を調べてみたら、

前シーズンの薪は使い切っていて、薪棚はすっからかん。


薪を割り始めたのは今年の3月、4つ目の薪棚の半分まで積んだ所で

半年以上放ったらかしだったようです。

DSC_1524_1280x768.JPG

転がっている丸太を ヴィポキルヴェスで割ること15分、

ようやく最後の薪棚が埋まりました。

丸太を貰いすぎていて、割ったものの薪棚に入らない分がおよそ4束(コメリ調べ)分。


乾いているようなので薪ストーブの温度が高くなったところで試しに燃やしてしまおうかと企んでいます。


今シーズンは毎晩燃やさない(あたたまるまで1時間掛かるから平日は使えない)ので

2棚分は来年の秋から燃やし始められないかなと

取らぬ狸の皮算用をしております。

そして まだ丸太は10個ほど転がっており

DSC_1526_1280x768.JPG

スエーディッシュトーチでも作って ライジングフィールドで1,500円で売ろうかな。




軽井沢の気温は燻製のシーズン

| コメント(0)
全開になると暑苦しくて、止めると足りないもの

それは 松岡修造 じゃなくて

この季節の薪ストーブですよね。

日が落ちると一気に外気温一桁まで落ちたら

燻製時間の始まりです。


マツヤの閉店セールで安く購入した Q.B.Bのホテルチーズ、

賞味期限が近くなってきたので燻製してみました。

外気温が低いから燻製器の上蓋はしっかり閉じたまま90分間

使ったのは サクラのスモークウッド半分とウィスキー樽チップを小さいスコップで2杯分。

DSC_1512_1280x768.JPG

良い色になりました。

一晩(我が家で1番寒い)洗面所に放置してからラップでくるんで冷蔵庫へ。


毎年 冬になるとベーコンやハム挑戦しようと思うのですけれど

年末年始も時間が取れないから無理かなぁ

軽井沢の燻製名人に色々と教えてもらわないといけません。

先生は沢山居るのにねぇ

誰が付き合ってくれるかなぁ


( ゚д゚)ハッ!

フレスガッセの大将か! (^o^;)

DSC_1012.JPG



なんの映画だったかな

高倉健さんの映画で、ムショ帰りで降り立った駅。

駅前の食堂に入りビールとカツ丼を注文するのが格好良くて、

鉄道旅すると駅前食堂でカツ丼を食べたくなるおやぢです。

ググったら幸福の黄色いハンカチだったんですね。 正しくは ラーメンにカツ丼かぁ


桃井かおりちゃん可愛かったなぁ、やっぱり アグネス・ラムと同じでぽっちゃり系が......(妄想中)......

( ゚д゚)ハッ!

桃井かおりはどうでも良かった。

時々 昼はカツ丼!と決めて食堂を探すときってありませんか?

この日の気分は正にそれ。


駅前の レストランまるほん のカツ丼がとても気になっていたんです。

だって 駅前で 800円という地元価格

DSC_1527_1280x768.JPG


天丼もカツカレーも 900円 ヽ(^o^)丿

持病の関係でご飯半分にして作ってもらいました。

DSC_1530_1280x768.JPG

安定のカツ丼が登場。

運転が有ったのでビールは飲めなかったけど、

本来ならば両脇の卵部分とカツ2切れで瓶ビールを飲み干して、

残りのカツでタレの染みたご飯を楽しむというパターンですよねぇ。

ごちそうさまでございました。

DSC_1529_1280x768.JPG

店内は「高原にいらっしゃい」な感じの昭和なレストラン。

おやぢの感性に適合率120%で迫ります。

次はカツカレーだな。










このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

最近のコメント

     
   



Powered by Movable Type 5.04