吉田うどんの老舗 桜井うどん

| コメント(0)
PIC_20180607_134601_DSC_0001x1280so-04j.JPG

富士吉田に付いたのが13時ちょっと過ぎ。

最近伊豆に行くと富士吉田経由が定番になりつつあるおやぢです。

最初に飛び込んだのは、みうらうどんインスパイヤみたいなお店。

摺りだねに山椒が入っていてよかったのだけど

コシが強いというか硬い。

ふっふっふ 吉田うどん素人 とか言われちゃいそうですけど

こちとら30年以上前から吉田うどんの茹で汁に浸かっているんでぇ(嘘です)。

うどんを噛んで食べたあと、時計を見れば13:40

もう一軒いけるな

というわけで 老舗の桜井さんへ

PIC_20180607_134818_DSC_0002x1280so-04j.JPG

冷たいのを食べました。

この店は 温かいの(かけうどん)と冷たいの(もりうどん)しかメニューに無いのです。

うーん これこれ!

これですがな

程よく強い腰のうどんを噛みながら食べるスタイル

もちろん摺りだねもちょっとうどんに直接つけて

美味しくいただきました。

もう一軒行きたかったのですけど、

14時をすぎたら吉田うどんのお店はほとんどが閉店。

正確には、くれちうどんは開いているのですけど

これも みうらうどんの系列なので

後は次回のお楽しみということで

西桂スマートインターチェンジ(できたのを知らなかったけど)から

お江戸に戻りました。

故郷の東村山市のうどんとは違うけど

時々食べたくなるのが 醤油と味噌で採った汁で食べる硬めのうどん。

北関東から信州には無いスタイルです。

あ、そんなことをかいていたら おしぼりうどんが食べたくなった

来週の出張で坂城によってたべられるだろうか。

軽井沢とは関係ないけど、よろしかったらクリックお願いいたします

コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2018年6月10日 05:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「熱海へ行ったらブルーマンに拉致された」です。

次の記事は「ドッグパンじゃないよコッペパンだよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村