古い機械は軽く叩くのがコツ

| コメント(0)

DSC_0002_R.JPG

朝起きると、トイレの中にある水道ヒーターのランプが赤く点くのが日常になってきた軽井沢。

そうです、気温が0℃以下になると点灯する季節がやってきました。

家の中でもそうなんですから

外に出れば零下5℃以下が普通の朝。

おじいちゃんジムニーも最近調子が悪くて

エンジンが冷えてると(ボンネット内が零下5℃とか)、

エンジンかけてアイドリングが安定しなくて停まっちゃう。 Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

プラグなのかなぁ、ディストリビューターなのかなぁと

インターネットで調べてみたら

ISCVという部品があることが分かりました

キャブのスロットルと反対側に付いている

DSC_0001_R.JPG

コネクタの根本がむき出しになっているこれこれ、

サービスマニュアルを読むと

アイドリングが安定しないときにこのバルブが

自動チョーク(古っ)みたいに動いてアイドリングを安定させるのだそうな。

ネット情報だと

これを外して汚れを取れば一発で直るようなことが書いてあるのですけど、

コネクタを抜くとジムニーのECM(コンピュータ)リセットが必要とのこと。

うーん 出発予定時刻まで10分しかないから無理っ

DSC_0003_R.JPG

こうなったら 昭和の修理方法だっ

ドライバーの柄で 軽く叩いてみた

直っちゃった Σ(゚∀゚ノ)ノ

真空管の時代から叩けば直る電気機器

ジムニーだって(古いから)電子部品というよりは電気部品

叩けばホコリが… じゃなくて 直ることもあるんですよ。

とりあえず昨日は無事に動いたのですけど

今朝の調子はどうなんでしょう?

正解はFacebookでのコメントをお楽しみに。

よろしかったらクリックお願いいたします

コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2019年1月 8日 05:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「疲れたときにはカレー」です。

次の記事は「鉄分と温泉分補給に言ってきた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村