布引電気鉄道 島川原駅

| コメント(0)

2018-10-24-11-21-www.google.com_R.jpg

小諸駅から御牧の島川原駅まで走っていた布引電気鉄道、

終着駅の島川原駅跡地を探検してみました。

全体の地図はこちら→ 

開業当時の5万分の1地形図と

現在の道路などが激しく変わっているので

正確な場所を調べるのが大変でした。

古地図から現在の地図にプロットするのは

郵便局とか高圧線とか役場とかの施設をもとに行うのですが、

島川原駅付近は劇的に変化していたので郵便局も移動しているようで

PIC_20181004_130548_DSC_0021_R.JPG

頼みの綱は東京電力の島川原発電所のみ。

空き地に車を止めて徘徊すること10分、

PIC_20181004_130728_DSC_0023_R.JPG

発電所裏の住宅から道路あたりが怪しい感じです

といっても当時の面影は全く無いので

地図からの情報しか無いのですけれど。

一つ引っかかるのは

御牧の湯から発電所に至る道はほとんどなだらかな勾配なので

実に線路跡地っぽいのですけど

住宅から400mほど布引駅側に出る道路が

25‰以上ありそうなんです。

草軽電気鉄道に比べたら笑っちゃうぐらいの緩い勾配ですけど

急斜面の必要性が感じられないんです。

ちょっと盛り土でもすれば緩勾配になるのに。

歴史を見れば島川原発電所建設資材を運搬するためにできたような路線

(本来は川西まで延長して人を運ぶのが目的だったようですが)なので

発電所に向かって急な下り勾配は問題にならなかったのでしょうか?

布引電気鉄道の駅は 花川、押出、布下の3駅が宿題として残っていて

押出駅は看板があるようなので花川、布下駅を次回探索してみようと思います。

布下駅って布引観音温泉がある場所の近くなようなので

温泉付きというインセンティブがついてて一番先に調べるかもしれません(^o^;

よろしかったらクリックお願いいたします

コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2018年10月28日 05:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「紅葉は北の方から」です。

次の記事は「薪ストーブの耐火レンガ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村