わっすれられないのー 

| コメント(1)

年末までツルヤの買い物は日曜日の3%オフに合わせようと

ずーーーーっと思っていたのに

中々行けないおやぢです(^o^;

そして無駄な買い物しちゃうんだなこれが…

連日寒いので、たらちり鍋なんぞを独り寂しく食べようかなと

御代田のツルヤへ行ったですよ。

そしたら塩たらの隣に

DSCPDC_0003_BURST20181011134432933_COVER_R.JPG

佐久の名物 鯉が沢山!!

ちょっとググってみれば

鯉の旬って11月からなのだそうで

何故なんでしょうねぇ 鯉は年がら年中居るような気がするのですけど。

なんとなく農作業も収穫が終わって一段落、関東なら麦を植えるところが長野県だと

凍結するのでオフになり、田んぼとか水路に居る鯉でも食べようかと思っていたのかな?

で、気になったのが

PIC_20181011_134429_DSC_0011_R.JPG

うま煮のレトルトパック!

30歳ぐらいのときに米坂線に乗って予約販売の鯉の甘露煮弁当を食べたのを

思い出しました。

前日の夜行新潟行列車で飲みすぎて弱った胃に甘露煮が優しく入っていいたのを

忘れられません

恋の季節だけに /(^o^)?

#さてこの洒落(タイトル含めて)分かるのは何歳以上なのでしょうか?

鯉のぶつ切りなら軽井沢ツルヤでも売ってたけど甘露煮(こちらではうま煮と呼ぶようです)、

これからぬる燗相手に良いマリアージュしそうですね

よろしかったらクリックお願いいたします

コメント(1)

コメントするのはもしかすると初めてかもしれませんので、
改めまして、初めまして、檸檬哀歌と申します。2017年に嬬恋に終の棲家を持ちまして、ただいま移住準備中です。
と言う事で、嬬恋村民新座者があちこち、立ち寄らせて頂いております。今後共よろしくお願い致します。

と言う事で、今回のお話の中に<鯉>が登場して、思わず幼いころ
祖母が作ってくれた鯉こくを思い出してしまいました。子供の頃は、さほど美味しい!と思った事はなかったのですが、大人になり、妊娠中の飲んだ鯉こくは最高の味だった事今でも思い出します。
鯉の旬が11月だったことも知りませんでした。なかなか普段は店頭に流らないもの、これからは嬬恋の方にも並ぶのでしょか。
次回行ったときは、意識して探してみます。

コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2018年10月19日 05:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ゴールドカード」です。

次の記事は「半ライスは嬉しい 麺堂坂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村