DSC_4581_R.JPG

1月下旬から始まった毎冬恒例の ラーメン
ちゃんとした洋食屋さん 菊水のラーメン

金曜日に行ったのですけど
ラーメンは 月火木曜日のランチタイム限定なんですって

でも お腹と口はすっかり菊水さんモードだったので
通常ランチメニューから チキンカツレツ! と思ったけど
前回食べていたのを思い出して

DSC_4584_R.JPG

ハンバーグにしました
目玉焼きの黄身がとても素敵です

DSC_4585_R.JPG

そしてこの断面 ヽ(^o^)丿

食後のコーヒーをゆっくり味わって 菊水を後にしたのでした

小ぶりに見えるけど重さがあるので
お腹いっぱい、幸せでした

次はラーメンだな

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4595_R.JPG

急遽上京な日

大人の休日倶楽部ジパング、安くて嬉しいのですけど
モバイルSuicaと連動してほしいなぁと思うのは
おやぢだけでしょうか

それとも前期高齢者なんてスマホ使えないでしょ フンッ
というJR東日本の偏見思いやりなのでしょうか?

ともあれ、軽井沢への帰途について普段なら西武新宿から新宿駅まで歩いて
(たまの大都会の雑踏に踏み込むのも必要かなと)大宮まで行くのですが
気まぐれに高田馬場乗り換えしてみました

高田馬場はやばいんです、崎陽軒があるんです

DSC_4604_R.JPG

買わない理由がありません シウマイ弁当900円(昔はもう少し安かったような)

軽井沢へ戻ってからの

DSC_4605_2_R.JPG

晩ごはん 本当に久しぶり(多分3,4年ぶり)なので
温め方をググってみたら

「冷たいままのほうが良いんです ( ー`дー´)キリッ 」てきな情報が多くて
冷たいままで食べてみたけど
やっぱりご飯はちょっと温めたほうが美味しいかなぁ

俵型のご飯はモチモチしていて美味しいのだけど

そして 毎回恒例 筍の歯ごたえとシウマイのアンバランス感が絶妙です(褒め言葉です)

高田馬場で買った時刻はちょうど納品の時刻で
炒飯とかピラフとかフルラインナップなので、ちょっと浮気しちゃおうかなと思ったのは
妻の人に内密でお願い致します

食べ終わって

DSC_4608_R.JPG

あれ? 醤油入れって瓢ちゃんじゃないのと気が付きました
あれはシウマイ単体だけのサービスだっけ?

ともあれ、年に1回ぐらいは食べたい崎陽軒
次はシウマイ単体で缶ビールかな

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4291_R.JPG

秋田駅で見た いつかは誰もがやってみたい 「ラムだっちゃ」

しかしですよ
軽井沢のラムはジンギスカンも美味しいけど

DSC_4056_R.JPG

塩沢交差点の 炙りや風土さんの ラムしゃぶが一番かなと思います

DSC_4055_R.JPG

おやぢ世代はラムとマトンの違いがわからなくて
学生時代に100g60円のマトン味付け肉を買ってきて
臭みが美味いんだなどと粋がりながら食べていたのですが

今どきのラムは(マトンじゃないから)本当に美味しいです
お肉を追加してしまいます

DSC_4057_R.JPG

そして 焼き鳥も美味しい
生ビールグイグイといけちゃいます

締めの一口カレーも戴いて
ごちそうさまで幸せな夜でした

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4555_R.JPG

1月中旬には溶けてきて霜柱もできていた軽井沢

この寒気で地面もしっかり凍りました

DSC_4554_R.JPG

アウトバックのウインドウォッシャー液も凍りました

先日の1ヶ月点検のときに補充したようです(点検は東京だったので)
前に乗っていたアウトバックの給水口にはマジックで
「原液(-30℃対応)のみ」と書いていたのだけど
新しくなったときに書き忘れました (ノД`)シクシク

さらに朝起きてA3印刷しようと、リビングの隣部屋にあるプリンタの電源を入れたら

DSC_4573_R.JPG

「ベルトユニットをセットし直してください」

これも部屋を温めたら起動できました

リビングと寝室以外は普段暖房入っていないので
色々と面白いことが起きますね

でも軽井沢の冬は2番めに好きな季節です
一番好きなのは春から梅雨入りまでです

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4561 (2)_R.JPG

マイナス気温が長いと、薪ストーブだけでは室内が暖まるのに
時間がかかる我が家

最近の建物ならそんなことは無いのだろうけど
木造の2階建ては冷え切ると温めるのに時間がかかります

毎日15時間ほど焚きっぱなしの薪ストーブなので
今月jに入ってから薪の消費が激しいです

1月はじめに使い始めた薪棚2号機
すでに半分ぐらいまで減りました

去年までなら、この消費量は3月初めな感じ

家にいる時間が長いからなのかな

なので 薪棚3号機の薪を試しに燃やしてみました
これは4月に伐採したのを6月に割ったやつ

DSC_4564.JPG

なかなか良い感じで燃えてます

薪棚4号機はさらに1ヶ月前に割ったやつなので
春までの薪は大丈夫な感じです

薪割りも始めないとなんですが、
寒冷地でのお約束
「気温零下のときに電動工具は使うな」に従って
小春日和を待つことにします

よろしかったらクリックお願いいたします

福島市内の朝、ホテルで軽く朝ごはんしたら

DSC_4518_R.JPG

飯坂温泉駅へ、
飯坂といえば ジュラクよぉーー という ホテル聚楽の場所です
いつもなら滞在時間10分で折り返すのだけど

ちょっと前日の居酒屋で教えてもらった情報を元に
観光してみました

DSC_4523_R.JPG

共同浴場 鯖湯、入ろうかと思ったのだけど 浴槽の温度47℃
ダチョウ倶楽部の皆さんが入るぐらいの温度なのでパス

DSC_4525_R.JPG

飯坂の名家 堀切邸を見学して 共同湯探し

DSC_4531_R.JPG

坂の上にある大門の湯に入ろうとしたら
湯口温度69.3℃ Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

結局一番新しい共同湯に浸かって福島駅へ戻りました
ここの共同湯は42℃と45℃(浴槽温度)と45℃は入れるけど
47℃なんて大昔に那須の鹿の湯で経験しただけ

福島駅へ戻り、居酒屋でおすすめだった

DSC_4539_R.JPG

円盤餃子(ハーフ) 皮が薄くてパリパリとした食感、揚げ焼き的に仕上がっているので
本当なら生ビールでゆっくり味わいたかったです
阿武隈急行線の出発3分まえに駆け込み

DSC_4541_R.JPG

槻木駅まで90分ほど、で、仙台から新幹線で軽井沢へ戻りました

翌日は自宅で引き籠もりしていたら 大雪と嵐(1月24日の話です)
1日ゴロゴロしてました

やっぱり前期高齢者になると若いときみたいな旅行は厳しいなぁ

よろしかったらクリックお願いいたします

前日に津軽鉄道線乗れなかったので
弘前を5時半の列車に乗って五所川原へ戻り 

DSC_4362_R.JPG

津軽中里駅まで往復、津軽中里って街は結構開けていて
びっくりです太宰治が東京で小説書けたわけですね
寒さは厳しいけど広大な田んぼが広がっていて感激しました

DSC_4371_R.JPG

津軽五所川原駅には西武鉄道由来の車両があったのだけど
15年以上前の話なので朽ちてしまったのかも

で、弘前に戻り 弘南鉄道大鰐線

DSC_4379_R.JPG

土日はどこまで乗っても100円なんですって
素敵だけど経営状況悪いのに大丈夫なのかなと
終点の大鰐駅まで行って

大鰐温泉駅(大鰐駅と跨線橋なんか共有なのに駅名が違うという不思議)からは

DSC_0000_BURST20230122103111697_R.JPG

特急で弘前に戻り

DSC_4430_R.JPG

弘南鉄道黒石線で黒石まで
滞在時間10分では 汁焼きそば(スープ焼きそばだっけ?)も食べられません

DSC_4432.JPG

 弘前駅そばのラーメン屋さんで魚介出汁たっぷりなお昼食べたら(ラーメンとミニ目玉焼き丼)

鷹ノ巣駅まで特急移動してからの鷹巣駅(これまた同じ構内なのに名前が違う)
から 秋田縦貫鉄道

DSC_4440_R.JPG

この車両が良かった、勾配を登るときにうなりながら時速30キロぐらいで
よっこらしょ 的な車両でした(おやぢこのみです)

角館駅に着いたら

DSC_4479_R.JPG

こんな感じ
この路線、もう一度乗ってみたいです(できれば平日に)
ここからは秋田新幹線ですが、この日の宿な福島に停まらないので

DSC_4500_R.JPG

仙台からの乗り換えはもうすぐ引退するE2系ヽ(^o^)丿
軽井沢の往復でお世話になったのと同じ型式なのだけど
中身は全く違うんです おそらく最後の乗車になるので外側を撫でておきました

福島について

DSC_4508_R.JPG

素敵なお店で夕ご飯とアルコール消毒
常連さんも優しくて話がはずんでしまい、アルコールも進んでしまいました

この日は 午前5時半から午後7時過ぎまで14時間ほぼ連続乗車
ちょっと疲れてきますよね

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4565_R.JPG

マイナス15℃の朝です
北軽井沢や野辺山の人には笑われちゃうけど

朝起きてトイレ行ってレバーを、レバーを、 凍ってますがな Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
洗面所からお湯を出して... 蛇口が凍ってますがな Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

キッチンでお湯を出して(ボイラー生きててよかった)洗面所の蛇口にかけたら

DSC_4567_R.JPG

トラップ凍ってますがな
トラップをドライヤーで温めて2分ほどで開通 

試しに洗濯機のトラップも凍っていたけどお湯を出して開通
※洗濯機の蛇口はお湯もでるんです

トイレの貯水タンクへの配管も凍っていたようなので

DSC_4571_R.JPG

寝室の石油ストーブで30分ほど温めたら開通しました ヽ(^o^)丿

別荘として使っていた頃は金曜日の夜に同じようなことが良くあったけど
移住してからは初めてかも

不凍液代わりのウインドウォッシャー液買いに行かなくては

よろしかったらクリックお願いいたします

大人の休日倶楽部きっぷの旅 Day1後半です

秋田駅前で

 DSC_4291_R.JPGDSC_4286_R.JPG

純喫茶 ハヤールとか 屋台のジンギスカン 「ラムだっちゃ」
とか、秋田県民のギャグセンスに驚きながらホームで待っていたのは

DSC_4292_R.JPG

秋田から青森まで5時間以上掛けて走る 「リゾートしらかみ」
これに乗りたかったんです
津軽半島の日本海も見たかったけど

この車両がすごいんです...(5,000文字省略)...どれだけすごいバッテリーなんだと。

車内もそれほど混んでいなくて(土曜日なのに)
シートも快適

見どころでは時速10キロぐらいまで減速してくれて
車掌さんのガイド付き

20分停車が2箇所ほどあって
千畳敷駅という 津軽の殿様が畳を敷き詰めて宴会したという千畳敷では
「千畳敷のミニ散策をお試しください、出発3分前に汽笛を鳴らします」
という粋なサービス

DSC_4331_R.JPG

17時を回っていたので真っ暗な中ヘッドライト(車両最後尾の)を
点けてくれてました
#プロはわかると思うけど後部標識灯も点いてるでしょ

そして本来は五所川原から津軽鉄道線に乗る予定だったのだけど
時刻表を確認したら 18:50五所川原駅で降りて津軽鉄道に乗ると
帰ってこれないことが判明 Σ(゚∀゚ノ)ノ

IMG_20230121_143002_024_2_R.JPG

まっすぐ今宵の宿の弘前まで直行することにしました

弘前では 駅近くの素敵なバーで弘前の言葉のなかで少し飲んで
「うちの父さんって本とか読まなくてヤンマーの説明書ぐらいなの」と
お嬢さんたちがお話しているときに不覚にも笑ってしまって
ほんわかとホテルに戻りました

軽井沢とは関係ないけど
よろしかったらクリックお願いいたします

大人の休日倶楽部きっぷ 今年度最終回

ふと思い立って 東北へでかけてきました
最初は秋田なのですが
軽井沢?大宮?秋田 の新幹線ルートなんて
鉄オタ鉄道ファンなら使わないですよねー

DSC_4235_R.JPG

軽井沢の始発新幹線で高崎へ
そこから新潟(駅が新しくなってから行ったことなかった)
からの

DSC_4265_R.JPG

日本海の荒波を見ながら 特急いなほで秋田へ

前回訪問した秋田はコロナ前のこのシーズン
その時は素敵なバーで飲んで、駅の立ち食い蕎麦だけだったのだけど
次の列車まで1時間あるので

秋田駅前の市場へ向かい

DSC_4281_R.JPG

回転寿司屋さんでランチ900円

DSC_4276_R.JPG

からの秋田、青森産地のやつを見ていたら

「ダダミ」
確かにダダはミイラ怪獣だけどさぁ(合ってましたっけ)
板前さんに効いたら 鱈の白子だそうで
「たらみ」?「だだみ」なのでしょうか

DSC_4283_R.JPG

しっかりいただきました 美味かったぁ

あとは 男鹿半島の天然鯵いただいてお腹いっぱいな
お昼ごはんでした

朝ごはん食べてなかったのでチョット食べすぎました

よろしかったらクリックお願いいたします

軽井沢町もラーメン屋さんは多いのだけど

おやぢのラーメンといえば、東京都の端にある東村山の
今は閉店してしまったお店
東京ラーメン 鳴門と海苔と小松菜なシンプルな醤油ラーメン

そのせいなのでしょうが、
椿食堂管理さんの展開するFC ラーメンショップの禁断症状が1ヶ月おきに
でてきてしまいます

昨年は 小諸(東御側)にあったのだけど、突然の閉店(店もあっという間に解体されてしまいました)
なので 下仁田へ降りるか、長和町へ行くかの2択になりました

長和町はちょっと遠いので下仁田へ

DSC_4188_R.JPG

ラーメンだけにすればよいのに、ついつい頼むBセット(半炒飯とサラダ)

ラーメンは 脂少なめでお願いしました

DSC_4187_R.JPG

この炒飯のご飯がプリプリしていて美味しい

ラーメンショップ下仁田店は軽井沢から和美峠を降りて
30分ぐらい

最近 観光客で混んでいる下仁田駅前とは違った
ゆったりとラーメンできます

帰りは 芹の湯とか荒船の湯とか
温泉もあります

よろしかったらクリックお願いいたします

長野県の本当の温泉は星の数ほどあるのだけど、
一番のお気に入りは鹿教湯温泉近くの霊泉寺温泉

透明の温泉ですけど、鄙びた感じとかけ流し100%循環なしが
気に入ってます

いつもは公衆浴場に行くのですが
ひさしぶりな

DSC_3866_R.JPG

和泉屋さん 大人500円

フロントのベルを鳴らしてもいらっしゃらないようで、
フロントへ現金をおいて入ろうかと悩んでしたら

PayPay払いができました

マナー違反だともうのだけど支払いをして

DSC_3870_R.JPG

内風呂へ。

4人入ればちょうどよいサイズの浴槽は
無理せず 源泉掛け流し100%のサイズ

あまり大きいと、相当湯量が無いと実現できないから
身の丈に合ったサイズの浴槽が好きです

pH8.4のガッチリアルカリ性の湯は
おやぢの肌を無駄にスベスベにしてくれます

松本方面へお出かけの際には三才山トンネルへの道をほんの少し
寄り道して行きたい温泉です

軽井沢からは1時間と少し

よろしかったらクリックお願いいたします

町長選挙 - おやぢの呟き リターンズ

| コメント(0)

DSC_4206_2_R.JPG

4年ごとの町長選挙

今年は4人の立候補者が居て、にぎやかなことです
おやぢは事前投票すませていて、この時間は秋田県辺りに居るのですが

軽井沢町の実情をよくわかっていて、悪いところを変えてくれる人がなれば
と思うのだけど、どんな結果になるのか楽しみです

思えば町長選挙って 2人の対決になるケースだったり
対立候補が居なかったりが多かったように思うのですが

今年は4人

しかもネット上での情報合戦が激しくて
とても良いと思います

今日の夜は福島辺りに居る予定なので、ホテルで確認できるかな

なぜ東北の旅なのかというと

enhanced_20230116_171141_2_R.JPG

大人の休日倶楽部きっぷの期間なんです

その様子は帰宅してからのお楽しみということで

投票いきましょうね

よろしかったらクリックお願いいたします

1月も終わりだというのに

なんだか可怪しい軽 井沢の天気
マイナス10℃の日があると思えば、
朝霧が出たり(霧は気温が高いと出るんです)

家の裏に薪を取りに行ったら足取られたので
観察すれば

DSC_4207_R.JPG

一旦凍った地面が溶けてスカスカに

DSC_4208_R.JPG

まるで春、4月はじめの地面みたいです

もちろん寒い軽井沢ですけどね
なんか今年は大雪になりそうな予感がします

灯油の備蓄しっかりしておかなくては

よろしかったらクリックお願いいたします

無事アウトバックの点検が終わった翌日

軽井沢へ向かう途中で昼ごはん時な妙義松井田インター付近

いつもなら碓氷バイパスを上がるので、先日感激した 鳴門屋食堂も良いなぁ
と走っていたら 通り過ぎちゃった (^_^;)

DSC_4194_2_R.JPG

なので横川SA

横川といえば釜飯のおぎのやですけど
なぜか下りのここは 高崎弁当(たかべん)

DSC_4195_R.JPG

昔からここの鶏めし弁当がお気に入りで
峠の釜めしより食べる回数多いかも...

写真を見ると あれ? 中身変わった? 鶏唐揚なんて入ってたっけ???

で、左を見れば うなとり弁当

初めて食べてみました

DSC_4203_2_R.JPG

帰宅して開けていれば
小さいながらもうなぎがしっかりしてました
これで1,150円、 鶏めし弁当は 1,100円

ちょっと得した感じがありました

まぁ、うなぎ食べたかったら 借宿のゆうすげで食べればよいのですけど
たかべんの鶏そぼろとてりやきは安定して美味いです

よろしかったらクリックお願いいたします

アウトバックの1ヶ月点検でお江戸へ

時間はたっぷりあるから高速使わないでOKなのだけど
バタバタしてたら時間がなくなり 下仁田から高速のりました

お腹が空いたので上里SAでストップ
実は上里SA上りって高速バス利用したとき以外は停まったことなくて

DSC_4189_R.JPG

近くには 直売所とか

DSC_4190_R.JPG

お菓子の城とか

藤岡SAみたいに高速を出ずに行けたら良いのになぁと思っていたら

ありました

トイレのところで外部へ出る(人間だけね)ところがあって
直売所まで徒歩5分ぐらい

おやぢの場合軽井沢が本拠だけど、都心へ帰る人は
野菜買って帰ろうとかになるのかな

( ゚д゚)ハッ! スマートICがあるから車でも出られるね

よろしかったらクリックお願いいたします

DSC_4168_R.JPG

初打ちは群馬県に降りて高梨子ゴルフクラブ

気温15℃ということで 半袖の上にトレーナーという
軽井沢では3月下旬の服装でした

DSC_4170_R.JPG

コースへ乗り入れできるのが嬉しい

お昼は ポークソテーが有名なのだけど

DSC_4180_R.JPG

ハンバーグ甘酢あんかけ
ナツメグ効いていて洋食屋さんのハンバーグ ヽ(^o^)丿

最近のハンバーグって肉汁重視だし
肉も良くなったからナツメグとか使わない感じだけど

昭和な感じがとても良かったです

次は来月かな

よろしかったらクリックお願いいたします

IMG_20230108_153633_700_R.JPG

数年前に年賀状を出すのをお休みしていたおやぢです
会社員時代は300枚ぐらい書いていたのですけどねぇ
この歳になるとお互いに止めたりして激減してます

今年は戴いた年賀状のお返事だけで10枚もありませんでした

年賀状をポストに投函して

お昼ごはんを食べに借宿方面へ、
アットホームで手作りな 「鶴の恩返し」さんへ

日替わりランチのカキフライにも激しくそそられたのですが
メニューの一番下にあったのが

「味噌ラーメン」

おおぅ このお店で麺を食べるのは初めてだー

DSC_4152_R.JPG

野菜たっぷりな味噌ラーメン
お肉の量もたっぷりで
味噌もおやぢ好み ヽ(^o^)丿

あまりのボリュームに完汁はできなくて3cmほど残してしまいました

寒い軽井沢で温かい麺は元気が出ますね

他の店だと 餃子とか半ライスとか注文しちゃうんですけど
丼1杯でお腹いっぱいになりました

よろしかったらクリックお願いいたします

餅を搗く - おやぢの呟き リターンズ

| コメント(0)

昔は 晦日が近づくと餅つきをしたものだけどねぇ

DSC_4164_R.JPG

なーんてことは知らない 公団住宅育ちのおやぢです
昭和33年に作られた公団住宅なので
電話もありましたし、ガス風呂もありました

当時としてはハイカラな家だったのかも
3Kという狭い長屋ではありましたが...

なので餅つきを最後にしたのは20代前半じゃないかな
えっと40年前です (^_^;)

軽井沢のお友達に誘われて餅つきしてきました

餅米の準備をすっかりしていただいて、臼に入れて杵で撞くだけの
簡単なお仕事です

長野生まれのナイスガイが最初の肝心な米を潰すところをやってくれたので
返し役をやるぐらいでした 

やっぱり、つきたての餅は美味しいです
小豆の善哉もつくってくれていて
ああ。軽井沢に来て甘いものが食べられるようになって良かったと
つくづく感じます

DSC_4165_R.JPG

お土産に戴いた けんちん汁と餅を使って
翌日の昼は贅沢な昼ごはんになりました

小さな子どもたちとも遊んでもらえて良かったです

よろしかったらクリックお願いいたします

峠の湯の入り口から100mほど碓氷峠へ向かったところにある

DSC_4130_R.JPG

鳴門屋食堂さん

旧道を走るたびに気になっていたのだけど
1年ほど前から復活しているのがGoogleさんに出ていたので
訪問してみました

入り口がちょっと一見さんには入りにくいけど
還暦過ぎの鈍感力が発揮されました

DSC_4133_R.JPG

鳴門屋炒飯No.1 とか
サンマーメンCKSとか

メニューが面白い

妻の人と炒飯をシェアすることにして

DSC_4146_R.JPG

おやぢは レトロな食堂の醤油ラーメン 650円

あー このラーメン好きだな
近くの関所食堂とは違って関東の味(おいおい群馬も関東だってば)
訂正 南関東な味

DSC_4144_R.JPG

妻の人は 碓氷峠の味噌ラーメン

野菜たっぷりでこれだけでお腹いっぱいになります

そしてどど?んと

DSC_4138_R.JPG

いやー これは No.1だわ な炒飯
インパクトありますね

そして叉焼が 燻製されているようで
とても良い香りでした

幸せな気分になるレトロ食堂で重くなったお腹を抱えて
碓氷バイパスを登ったのでした

次は300円追加して 半チャーハンとか半ラーメン漬けて見たいとも居ます
土日祝日は朝ラーメン500円もやっているとのこと

リピート確実
よろしかったらクリックお願いいたします

最近のコメント

アセット

  • DSC_4624.JPG
  • DSC_4623_R.JPG
  • DSC_4610_R.JPG
  • DSC_4619_R.JPG
  • DSC_4617.JPG
  • DSC_4615_R.JPG
  • DSC_4615_R.JPG
  • DSC_4555.JPG
  • DSC_4578_R.JPG
  • DSC_4593_R.JPG

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.9.1