軽井沢 歴史の最近のブログ記事

古いものと新しい流れ

| コメント(0)


 旧軽井沢のカフェ、凉の音は歩いていくのがお薦め。

 土曜日のことなんてすけどね、アウトバックは東京に置いたままだったので昼のバスで軽井沢駅へ。


 この時期の町営バスは結構遅れるので時刻間違ったんじゃないか?とか、2分早く通過しちゃったんじゃないか?
なんて余計な心配してしまいますよね。

 この日も15分遅れで到着。

 8月なんか40分以上遅れて最終バスが来たのはよいけど、タクシー呼んだ後だったんてす。(T_T)ワーン

 バスにカーロケーターを付けて町のウェブで公開してくれればよいのに。

 提案とお仕事になるかな(^_^)b


 軽井沢駅から旧軽井沢まで歩けば、
おー 観光地だ。

 人混みを歩くのは趣味じゃないので万平辺りから本通りを外れて裏から凉の音へ。

 ここは古い建物を上手くリフォームしてカフェにしているのだけれど、注目すべきは暖炉の煙突。

 土管を漆喰で繋いで煙突にしています。

 横の銀色煙突は現用の薪ストーブ用、実は我が家の薪ストーブは凉の音さんと同じなんです。

 購入前に触らせてもらったりしてました。(^_^)ノ
 

 最近良くテレビ・雑誌とロケに使われているので有名になっちゃって心配したけどタイミング良く空いてたので安心。

 テラス席でタバコしながら読書。実は俄か勉強(^_^;)


 お友達が出されたニホンリスのお話。

 可愛い写真に癒されながらお茶しました。

 勉強が終わったところでチャーチストリートへ行った話は続く…かも。

南軽井沢ホテル

| コメント(0)


 昨日のゴルフコンペ、ミドルホールで8打を3回も打ったのに優勝しちゃったおやぢです。

 そして今回も100切れませんでした(T^T)

 ダブルペリアのハンデ計算による優勝なのでなんちゃって優勝でありますね。

 昨日は雨でしたけども、晴れるときは朝方に霧が出て陽が上がると共に晴れて来るという秋の軽井沢なパターン。

 家から見える押立山も幻想的です。

 草軽電鉄復活プロジェクトのついでに我が家の周りの古地図も貰ってきました。

 馬取は草原と湿地帯。

 押立山を目印によく見ていくと、ん? 


 ホテル?

 おやぢの生まれ年にホテルが有ったんですね。

 南軽井沢ホテル、後のピークホテルです。

 軽井沢プリンス開業の16年前の地図のお話しでした。

こんなところにお寺に神社

| コメント(0)
我が家から土屋鞄製作所を過ぎて暫く行くと 72ゴルフ南コース沿いに左折する道がある。

 家から近いのだけれどもあまり走ったことはない道。


むしろ 軽井沢72ゴルフの南コースを回っている数のほうが多いんじゃないかな。


この道はゴルフコース沿いに暫く走りトンネルをくぐって発地に抜けるのだけど、

抜ける直前のつづれおりな下り坂に有るのが観音様。

DSC_0590.JPG

真夜中だったら声出しちゃいそうな感じです。

このお寺が大聖寺。

我が家から一番近いお寺さんになるのだと思います。


そして同じような場所に有るのが霊符神社

DSC_0589.JPG

比較的新しい神社で 神社庁のHPにも載っていないんですけど

階段とか本殿の周りが綺麗に草刈りされているので氏子の方々がお守りしているのではと思います。


神社庁によれば軽井沢町の神社は11箇所。 

ですけど 霊符神社のように新しくはないけど祠だけの神社なら発地にかかわらず町内に沢山点在してますね。

日本人の根っこを感じる用に思います。

やおろずの神々に感謝して... 今夜も飲むのか ┐(´∀`)┌ヤレヤレソレカ

軽井沢まであと30時間

馬取を歩く

| コメント(0)
我が家はレイクニュータウンの別荘地なのですが、平地に拘ったので レイクニュータウンというよりは

普通の平地。

住所からいうと 軽井沢町大字発地なのですけど。

住民になった日に市民課で教えてもらったところによれば地区で言うとニュータウンというよりは馬取なのだそうです。


でも 高い管理費払ってるからニュータウン地区で良いのじゃないかと思っているおやぢです。


「不精なおやぢでも1日1回は散歩に出なければと思ってしまう習慣性を抱かせるゲーム」

 正式名称は Ingress のおかげでカロリー消費できているおやぢです。


発地や馬取あたりでは色々と発見が有ったりします。


先日の目標は馬取と上発地との境界近くにある 駒形神社

DSC_1092.JPG

上発地に有る 霊札神社とは違って歴史のある鳥居と 神殿への急階段とかセットになってます。


平地は住むために利用していたのか 南軽井沢交差点近くの諏訪神社や、油井の山の上神社など

山の上に有る神社が多数見受けられますね。



Ingressしながら レイクニュータウン事務所やローズガーデンをかすめながら40分程歩いて到着です。

舗装はされていますが、日本の原風景見たいな道を歩くと心が洗われるように思います。

DSC_1093.JPG

日本人で良かったなぁ


ところが馬取のメガソーラー工事 (結構長く掛かるんですね)があるから

現実はこんな小径もあったりして

DSC_1091.JPG

この鉄板、 意外と歩きやすい (^o^;

道路の先には 剥がされた森が 裸のままになっていて

あれあれ? 5mのバッファはどうなったの? などと愚痴りたくなる気がします。

DSC_1094.JPG

町条例も変更になったので、これからはこんな無茶な開発が進まないことを祈りつつ、

でも 地権者の利益も考えないとねぇ 簡単に 賛成反対言ってても解決しないよなぁ

などと複雑な思いのIngress散歩でした。


ともあれ 家の近くは車で通りすぎてしまうことが多いので

歩くと発見が沢山あります。

寒くて散歩が嫌になる季節の前に色々と楽しんでおかないと。








遂にお別れです

| コメント(0)
DSCN1240~3.JPG

軽井沢ブランドのウイスキー、メルシャン。

4年前に閉鎖してからキリンに樽が持って行かれたとか、

イギリスにだいぶ流出したとか。


軽井沢とはいってもお隣の御代田町なんです。


昨日は最後の一般公開、潰して役場にするんてすって、

実にもったいない事です。


建物はまだまだ使えるのでベンチャーを誘致したり、レストラン街にしたりと

づくは沢山出せると想うのですけど。


最後のお別れをしてきました。


勤務されていた方も沢山いらしていて貴重な昔話を聴かせていただきました。


せめてもの救いはポットスチルが第2の人生を歩むと言うこと。

DSCN1245.JPG

ポットスチルの中も2種類有ってこれは初留用なのかな。

もう一つはパイプがとぐろを巻いてました。


DSCN1246.JPG

直火蒸留かと思いきやスチームだったのかもしれません。

z2-00090.JPG

ごくろうさまでした。


白菜は小諸(だったかな?)

| コメント(0)
先日小林農園で野沢菜を買ったときに白菜を一玉買いました。

白菜は一番外の葉をとっておいてこれでくるんで

玄関に置いた発泡スチロールの箱で保存してます。


そんなわけで白菜をほぼ毎日食べてます。

z2-40208-1024x768.JPG

コンソメ煮にしたり、炒め物にしたり。


最近のお気に入りレシピは

豚肉と白菜のやつ。


調味料は 塩と黒胡椒とツルヤで売ってた鰹節の粉末。

コンロで加熱したら薪ストーブでコトコトと。


IMG_20151202_193712.jpg

キャベツは御代田、レタスは軽井沢、白菜は小諸

とか聞きましたが、 小諸の白菜


甘くて美味しいです

しばらくは白菜メニューが続く予感。





かくれ里

| コメント(0)
離山山頂でワインを楽しんだ後は 軽井沢ナショナルトラスト会長のお話しを伺い

ゆるゆると下山。

途中で「かくれ里」がこの辺りなのだけどなぁという会長の一言が 

若かった頃の藪漕ぎ・直登魂に火が付いたおやぢです。

みんなと別れて下山ルートの途中から道らしき跡を辿っていくと

z2-41598.JPG

ありました。 断崖絶壁の下に入口発見です。

入口にいは石を組んだ階段もあって歴史を感じます。

こんな洞があるとイノシシとか熊とかが寝た後がありそうなのですけど

まったく気配がありません。

z2-41603.JPG

写真中央の岩にはヒカリゴケが蛍光色に光っています

初めて見たのでテンションアゲアゲになりました。

z2-41601.JPG

中は結構広くて、奥にはたき火をできるような石のサークルがありました。


かくれ里へのルートは道がほとんどなくなっていて、

枯葉が15センチほど積り地面が見えなかったり、

大人の腕ほどの立木をつかめば根元から抜けたり Σ(゚∀゚ノ)ノキャー、

幅20センチほどの足場を10mほど進む場所では、足を踏み外すと30mほど滑落する羽目になるので

藪漕ぎ・直登の経験豊富な方以外にはまったくお勧めできません。

なのでこの写真で楽しんでいただきたいと思います。


このかくれ里、品物で不自由しているときにお願いすれば翌朝にはそろっていたそうです。

借りたものはなるべく早く返却するとともにお礼の赤飯を供えるのが習わしだったのですが、

欲張りな庄屋が借りた布団を返さなく、お礼もしなかったため品物を貸してくれなくなったとのこと。


おやぢも 当たる宝くじ(7億円)をお願いしようと思ったのですが、

返さなければならないので諦めました。


そんな邪悪な考えがかくれ里を怒らせたのか、おやぢのあとから洞に入った方には

蝙蝠が飛び交うというお迎えがありました。
7月15日 オープン予定の オー・デパール。

長野産ワインのポータルとして軽井沢駅北口バスターミナル側に出来ます。

昔、「おぎのや」だったところです。


長野県産ワインといえば 塩尻の桔梗ヶ原が昔から有名ですけど、

東御、小諸と 東信地区もワイン特区として近年頭角を表していると思います。

そもそも 長野産ワイン... というところはプロフェッショナルの方々に任せておいて


鉄道ファンの目線から見ると 新幹線開通と同時に廃線となったJR軽井沢駅1番ホームの横川方に

テーブルが置かれて屋外でワインを楽しむ予定があるそうです。

たしかに草刈りなどがされている感じがします。


DSC_0403_R.JPG

ここは上野行の上り列車が発着していたホームです 懐かしいですねぇ。

このホームから乗り込んで上野までの2時間を楽しんだ方々も多いんじゃないでしょうか。


上野行の場合碓氷峠専用電気機関車EF63が先頭に連結されるので、

連結箇所も店のエリアになると言うわけです。 ヽ(^o^)丿

DSC_0404_R.JPG

このホーム、線路の引き方がちょっと変わっていて

写真の右側は上野方面 上り列車乗降用なのですけど、

ホームの左側は写真のように電車が入れないようになってます。 

ホームと接しているのは100mもありません。


実はこの線路は EF63を停めておいたり、軽井沢止まりの電車を停めておくエリアだったようです。

なので 左側の線路に停まる機関車や電車には乗客は居ないのでこのような配線になったのかと思います。

おやぢもこのホームは良く使ったのですけど、あまり記憶が無いんです。

夕暮れにワインを傾けながらEF63のブロア音を偲ぶ... 

なんてのは極少数なのでしょうね。


開店したら ホームでワインと鉄道話に花を咲かせる会の会員募集中です。



成沢、入山。 バス停の話

| コメント(0)
プリンス通りをインターに向けて走っていると

左側に有るいつも気になるこれ。

DSC_0741-1280x720.JPG

最初は安中市にある新島学園のスクールバス用かと

思っていたんですけど、

先日家から軽井沢駅まで歩いたときに

じっくり観察してみました。


どうやら軽井沢駅と横川駅を結ぶバスの停留所のようです。


ちょっと調べてみました。

1996年の長野新幹線開通で廃止になった横川・軽井沢。

今はバスで運行されているのですが、

当時は

横川
入山
成沢
軽井沢

の停留所が有ったのです。

その 成沢バス停がこれじゃないかと。


入山バス停は碓氷バイパスの群馬側、

恩賀への分岐辺りにあったようですね。

今はこの2箇所は停まらないですけど、


書類上は残っているのかも。

ここから横川行きに乗れれば便利なのにね。




1日1便 週休2日のバス停

| コメント(0)
今月1日にブログに書いた謎のバス停留所、

JRバス横川軽井沢線の成沢バス停の話

軽井沢駅北口に行くのと成沢バス停へ行くのでは徒歩で15分以上違うのにね

復活してくれないかなぁ 週末だったらヘルムズデールが近くて嬉しいのに。


群馬側にも有った幻の 入山バス停留所

遂に見つけました。

場所は碓氷バイパスを軽井沢方面に登ってきて群馬県トラック協会がやっている休憩所の隣、

DSC_0847_R.JPG

昔セブン-イレブンが有った場所でした。

ようやく見つけたバス停の標識、

近づいていくと

DSC_0848_R.JPG

「御牧上」、 入山じゃなかった Orz

御牧という地名は無いのかもしれないけど、

和美峠から軽井沢ICは西御牧、
入山峠は北御牧、

御牧への入口という意味で付けられたのでしょうかね。

安中市のコミュニティバスの停留所かなと目線を下げれば

DSC_0846_R.JPG

ありました 入山

しかも幻じゃなくて現役なんです。 Σ(゚∀゚ノ)ノ 

 1日1便 19:00発のみ。

さらに 休校日は運休 ということは 夏休み、冬休み、春休みは通過してしまうんですね。

なので知らなかったのかもしれません。


同じようなダイヤで良いから 成沢バス停も 始発と最終だけで良いから停まってくれないかなぁ。

成沢 07:03、18:40の2本で良いのだけどなぁ。

もっと欲を言えば南軽井沢交差点辺りでも...

人間の欲って果てしないなぁ












軽井沢ストーブってなんだろう

| コメント(2)
一昨日庭の落ち葉を眺めたままにしておいたら雪積もっちゃったですね。

あーあ

こんなことなら図書館に行く時間を落ち葉掃除に当てればよかった。

離山図書館へ行ってみたら既に冬季休館

DSC_1716_1280x768.JPG

ならばと中軽井沢図書館へ行ってみたら

DSC_1721_1280x768.JPG

9:30開館 (ノД`)シクシク

30分ほど時間を潰してでも行きたかったのは

ちょっと気になる本があったんです

DSC_1722_1280x768.JPG



軽井沢新聞社が2013年くらいに出版した本で、

弥生時代から現代までを短いコラム風にエポックをまとめている本です。

弥生時代から江戸時代までは僅か数ページ、やはり軽井沢の歴史は江戸時代の中仙道からなのでしょう。

本当は弥生時代から明治までの詳しい話を知りたかったのですが

この本だと大正以降が詳しいですね。


この中ででていた

「軽井沢ストーブ」

ぐぐってみても出てこない

僅かに 「軽井沢という聖地(NTT出版)」に

彼らは寒い冬も「軽井沢ストーブ」と呼ばれる鉄板製のストーブを頼りに多数常住していた。

という下りがあるだけ。


うーーん 薪ストーブにストのおやぢとしては是非とも知りたい 「軽井沢ストーブ」

どなたかご存じないでしょうか?

軽井沢ストーブ

| コメント(0)
図書館で借りてきた 「History of Karuizawa(軽井沢新聞社)」に出てきた

DSC_1743_1280x768.JPG

軽井沢ストーブ。

Facebookで沢山の情報をもらえました。

一緒に飲んでた人の家にあったり、

去年からお休みしている鐵音茶房にあるよとか教えていただいたり

ありがとうございました。

正体が判明しました。


karuizawastove2.jpg
画像は 鐵音(くろがね)茶房Webサイトより

軽井沢ストーブは現在 小諸の くろがね工房 で製造されてました。

主な特徴としては

猫脚
正面はオーブンのような形状
側面から薪を投入
天板上部の放熱箱

2次燃焼した空気が一旦底部を通って背面を駆け上り放熱箱から煙突に抜ける構造。

底部を通って排気へと続くのは今の薪ストーブには無い構造に思えます。


また放熱箱というのも現在市販されている薪ストーブには無いです。 

いかに効率良く家を温めようかという気合を感じてしまいますね。


宣教師だったノーマンさんに薪ストーブの詳しい知識が合ったかどうかは分かりませんが、

故郷で使っていたストーブを原型にして設計したようなことが書いてあったので

遠く離れた故郷を偲びながら揺らめく炎をみていたんじゃないでしょうか。








下仁田からの抜け道.jpg


金はないけど時間はある おやぢです。

先日 アウトバックを東京の立川にあるディーラーで車検するために

高速を使わないで走ってみたんです。

和美峠から254号線に降りて下仁田インターを通り過ぎ、本線をくぐった交差点で右折。

埼玉県美里町にある ガリガリ君で有名な赤城乳業まで 信号10個ほど。

なので 軽井沢から美里町まで90分ほどで到着できちゃうんです。


甘楽町に入った辺りで なんとも江戸時代な町並みに出会いました。

DSC_1892_1280x768.JPG

甘楽町 小幡。

どうやら 織田家が関係した城下町なのだそうで、

石畳の坂道の片側には大きな用水。

思わず車を停めて暫く散歩しました。

DSC_1893_1280x768.JPG


小幡藩をWikipediaで見ると 晩年は大借金財政の貧乏藩だったようですが

いやいや、なかなか立派な場所で


東京に用事がなかったら 小幡陣屋を散歩したでしょう。


高速だと 富岡ICで降りると近いようです。

理科系のおやぢが歴史に興味を持つなんて...

( ゚д゚)ハッ!

真田丸の影響か! 

そうそう 小幡陣屋を作ったのは

大阪夏の陣で徳川に寝返り、大阪城の情報を徳川に流した「織田信雄」で

この褒美として小幡5万石の領主となったのでした。

竹のある暮らし

| コメント(0)
TBSドラマの「カルテット」

新幹線で軽井沢と東京を毎日のように行き来する松田龍平

良い会社ですねぇ。

そしてイッセー尾形さん、久しぶりに観させてtもらいました、

ピアノの当て振りは今ひとつだったですけどね。

松たか子の「Aくださいっ」を「えーくださいっ」って

そんなにコーン茶が飲みたかったのかと勘違いした人はいませんか?


勘違いといえば


 「軽井沢には竹やぶがない」 と思い込んでたこと。


生活には欠かせない竹、 竹やぶが国道18号線沿いにはほとんど見られないんです。

植林の対象では無かったようで、

ソメイヨシノみたいに軽井沢の気候に会わなかったのかなl

と思っていたんですよ。


我が家から佐久平SAへ向かう途中に見つけました。

DSC_1948_1280x768.JPG

立派な竹やぶは発地から佐久平へ抜ける道の

茂沢の隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部へ行く分岐を越えたところに

ありました。

DSC_1949_1280x768.JPG
こんな大きな竹やぶがあるとは。

ひょっとしたら茂沢って旧軽井沢より古くから人が定住していたのじゃないかと


ブラタモリのCG画像のようなイメージが膨らむ場所でした。

これが御代田、佐久、小諸に行っても、下仁田、松井田に降りても竹やぶが沢山あるから

不思議ですよね。

今夜の最終新幹線で軽井沢戻ります((o(´∀`)o))ワクワク






軽井沢アイスパークの秘密

| コメント(0)
軽井沢アイスパーク、カーリングのメッカとしてNHKの生放送も入っちゃうし、

最近とても有名な場所になってきました。

アイスパーク前の駐車場の隅にちょこんとある

DSC_2580.JPG

鳥獣慰霊碑。

これはカーリングのストーンが当たって死んでいった猪とかキツネを慰霊するためじゃなく

アイスパークのエリアが昔射撃場だったことが理由なのです。

射撃場だった頃にこの石碑は存在していたのです。

DSC_2581_1280x720.JPG

おやぢは動物を撃つ免許を保っていないのでクレー射撃というお皿を撃つ資格しか無いんです。

東京に住所が有ったときには、区市町ごとにあるクレー射撃連盟に入っていたのですが、

長野県民となると猟をする猟友会しかないのでちょっとザンネンです。


もともと軽井沢アイスパークは国際試合が出来る射撃場で、

トラップ2面、スキート1面、ライフル射撃場(300m)が有ったんです。


後から家を立てておいて 「騒音がーー」とかのクレームで閉鎖になっちゃったんですよ。

だいたい後から来ておいて...(以下10,000文字省略)...じゃない? と思いませんか?


まぁ 車で30分ほどの佐久平国際射撃場でクレー射撃は出来るのでそれほど不便を感じていないですけどね。

残っていたら 2020年の東京オリンピックにも使えたのになぁ




刻む!

| コメント(0)
御代田はキャベツ、軽井沢はレタス、白菜は小諸。

それぞれ美味しい産地を半径30kmで表すとこうなるんだそうです。

なかなか休みが休みじゃなくて

旬の野菜を買えないおやぢです。

夜のDelicaしか行けないという (ノД`)シクシク

そんななか

キャベツ大玉(推定2Kg)を買ってきて

DSC_4116_1280.JPG

いつもより細かく刻んだのは オー・デパールのシェフを意識したからかもしれません。

塩とキャラウェイでちょっと揉んだら

DSC_4119_1280.JPG

24時間漬けて

新しいキャベツだと水が上がるのが早い早い。

DSC_4118_1280.JPG

出た水分もそのまま

密閉容器で冷蔵庫。

2,3週間は大丈夫なので

朝ごはんの付け合せとか

つまみがないときのビールの友とか

重宝してます ザワークラウト。

ことしも機嫌よく発酵してくれました (^O^)v

今年最後の神川梨

| コメント(0)
軽井沢常駐前は

9月は軽井沢から花園までは下道。

その訳は

神川の梨

今年は買えないかもと諦めていたら

先日お江戸の帰りに寄れましたヽ(^o^)丿

PhotoPictureResizer_171002_192521546-1280x720.jpg

いつも行っていた直売所で

いつものおばちゃんと世間話の無料サービスつきです。

今年の梨も最後だということで

大きな豊水10個で2000円

そしてちょっと傷ついたと言って

更に2個のおまけ付きヽ(^o^)丿

傷なんてほとんど分からない程度なのにねぇ

ありがたいことです。

さっきDeliciaで見た豊水の値段で

お得感150%アップしました。


ところで佐久のプルーン直売所、

こちらもそろそろ閉店なのでしょうか?

今度の休みは佐久穂町の道の駅で

確認したいと思います。

草軽電気鉄道の香り

| コメント(0)
DSC_4802-1280x720.JPG

天気が良いので

中軽井沢へ。

白い帽子を被った浅間山はとても綺麗で

ほっこりします。

ここから国道146を登って、

トンボの湯からのダートコース.........

と、思ったんですけれどね、

星のやの入口で 「通行止め」(ノД`)シクシク

先の台風の影響だそうですが、

まだ開通しないんですね。


チェーンソー持って応援しようかと思うほど。

三笠周りはちょっと悔しかったので、

鶴溜駅跡から白糸ハイランドウェイへ。


DSC_4806-1280x720.JPG

こんな切通しが時々あらわれるのが鉄道跡のしるし。

鉄道跡なのでおじいちゃんジムニーにも優しい

急坂無しの7分ほどが楽しいです。

これって登りだから良いのだけれども、

下り坂として小瀬温泉駅からの逆コースだと

草軽電気鉄道当時の機関車は手で回すバンドブレーキ。

運転士は怖かったでしょうね。


え? バンドブレーキじゃなくてハンドブレーキ?


良いんです

手で回してバンドを締め付けるんですから。


ところで おやぢが突き止めた鶴溜駅跡地ですが、

直線が短すぎるような気がしてきてます。


今度行ったら歩測してみようかと思います。

マクドナルドの異変

| コメント(0)
DSC_4987-1024x1137.JPG

庭のモミジが最後の紅葉に染まってます。

明後日の雨で落葉してしまうのでしょうね。

すっかり秋の景色から冬の景色へと様変わりする軽井沢です。

様変わりといえば

時々食べたくなるマクドナルド。

DSC_4981-1024x575.JPG

ここも様変わりしました。

元々の黄色いアーチがマクドナルドのロゴに見えるという

日本上陸初期のデザインだったのです。

実は結構貴重な店だったのです。  

むかしの事なので  

軽井沢町の景観条例に引っ掛からなかったのかな?

今度の店舗は

カラーコードに準じたもののようです。
 
追分の宇佐美でコーヒー無料券もらったから

久しぶりに胸焼け覚悟で行ってみますかね。

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

最近のコメント

     
   



Powered by Movable Type 5.04