次の記事 :スタッドレスタイヤの悩み    前の記事:野沢菜古漬け 今期ファイナル

とうじ? 投じ? 

| コメント(0)
DSC_2735_x1280.JPG

星野温泉にある 村民食堂。

実はまだここでご飯を食べたことがありません。

ちょっと地元民には(とくにオジサン1名だと)入りにくいんですよね。


そんな おやぢの心を見透かすようなメニューが Σ(゚∀゚ノ)ノ

「おひとりさま鍋」

独り用の鍋は旅館の夕食や、居酒屋でもそれほど珍しくないのですけど、

おやぢの眼を釘付けにしたのは

投じ鍋


うーーん 懐かしいけど暫く出会えていない味。

それは35年ほど前の旧軽井沢ホテル辺りにあったお店、

寒い時期に根菜とかキノコ、そして鶏肉などの具たっぷりで

甘めの醤油ベースの汁。

囲炉裏の真ん中に鉄鍋が鎮座していて

蕎麦ならぬうどんを 竹で編んだ小さなかごに入れて鍋のなかで暖めたら

麺を器に移して、鍋から汁と具を掛けていただくスタイル。

その時は ひらがなで 「とうじうどん」

と書いてあったような気がします。


ググってみれば 投じ蕎麦は松本から伊那谷、

投じうどんは長野原・草津でヒットするので

軽井沢ではとうじうどん文化だったんじゃないかと思います。


うーん 関東うどん普及協会会員(自称)のおやぢに相応しい話でした。

食べたいけど一人分を作るのが大変だからなぁ


コメントする

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

     
   



Powered by Movable Type 5.04