次の記事 :竹のある暮らし    前の記事:閉店間際のツルヤでゲット

横川の話(当然鉄道絡み)

| コメント(3)
信越本線横川駅にある 「鉄道文化むら」

ここには全国で唯一 ちゃんと動く(専門用語では動態保存って言います)EF63形機関車があるんですけど。

通勤時は暗い時間に通るので良く見ることがないんです。


久しぶりに陽がある時にに通ってみたら

DSC_2174_1280x768.JPG

峠の湯まで走っているトロッコ列車のホームに何故か11号機 Σ(゚∀゚ノ)ノ

反対側には

DSC_2175_1280x768.JPG

リターダー不調のためお客さんを乗せた客車を引っ張れなくなったディーゼル機関車のDB201

なぜこんな所に留置されているのか理由がわかりません。


11号機を高崎まで連れて行って整備するとか(いやいや、それなら24,25号機が先だろう)、

雨漏りしそうなので11号機だけ屋根の下に持ってきたのかなとか

( ゚д゚)ハッ!

軽井沢方面に留置されていて塗装もなくサビサビになっている 特急あさま号の車輌(クハ189)が2両あるけど

軽井沢駅のテーマパークへ移設のための空間を作るため?。


妄想は膨らみます。

冬の間はトロッコ列車が運休なので、何処に機関車を置こうと問題ないのだけど

やっぱり気になるおやぢなのでした。









コメント(3)

はじめまして
私もEF63運転体験に通っております。
記事のEF63が移動していた件ですが、11号機と12号機が屋根の補修のために一時この位置で作業をしていました。その関係です。
EF63は4両あるとはいえ、11、12号機は1963年製造で今年で54歳
JR貨物に部品の修繕が依頼できるうちはいいですが、この先のことを考えると決して安泰ではないですよね。
こうしてEF63を素人でも運転できる日がくるなんて、夢にも思っていませんでしたから、それだけでもありがたいことなのですけどね。

AJPさん はじめまして。

屋根補修だったんですか
情報ありがとうございます。

おっしゃる通りで
 部品調達が大変ですよね。機関車の近くに転がしてあるブレーキシューが
なくなったら走れないし、いつ絶縁が飛ぶかもという不安も。

大事に運転したいと思います。

はやしださん
ブレーキシューですが 最近新品が業者から納品されたようで、おいてあります。
先生に伺ったところ、EF64や65あたりと同じようなものを使ってるはずだから、そのあたりは業者も作ってくれるのではないか?とのことでした。

コメントする

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

最近のコメント

     
   



Powered by Movable Type 5.04