軽井沢ストーブ

| コメント(0)
図書館で借りてきた 「History of Karuizawa(軽井沢新聞社)」に出てきた

DSC_1743_1280x768.JPG

軽井沢ストーブ。

Facebookで沢山の情報をもらえました。

一緒に飲んでた人の家にあったり、

去年からお休みしている鐵音茶房にあるよとか教えていただいたり

ありがとうございました。

正体が判明しました。


karuizawastove2.jpg
画像は 鐵音(くろがね)茶房Webサイトより

軽井沢ストーブは現在 小諸の くろがね工房 で製造されてました。

主な特徴としては

猫脚
正面はオーブンのような形状
側面から薪を投入
天板上部の放熱箱

2次燃焼した空気が一旦底部を通って背面を駆け上り放熱箱から煙突に抜ける構造。

底部を通って排気へと続くのは今の薪ストーブには無い構造に思えます。


また放熱箱というのも現在市販されている薪ストーブには無いです。 

いかに効率良く家を温めようかという気合を感じてしまいますね。


宣教師だったノーマンさんに薪ストーブの詳しい知識が合ったかどうかは分かりませんが、

故郷で使っていたストーブを原型にして設計したようなことが書いてあったので

遠く離れた故郷を偲びながら揺らめく炎をみていたんじゃないでしょうか。








コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2016年12月 3日 05:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「軽井沢のお弁当」です。

次の記事は「軽井沢駅の朝蕎麦ポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村