次の記事 :7時の男は旧軽銀座    前の記事:換気扇をDIY

コールマン コンパクト2ドームのメンテナンス

| コメント(0)
昨日 東京にいる嫁と話しをしていて

「軽井沢に居るのになんでキャンプするの?」 って聞かれた時に

「キャンプは男のロマンだ!」

なんて言えなかった おやぢです。 (^o^;)

たしかに家を買う前は年間30泊以上していたキャンプも今は年に2,3回

軽井沢に来てから激減しているおやぢのキャンプです。

まあ、 混んでいるキャンプ場へ行くのもなんですし、

ライジングフィールド軽井沢に行ってビール飲んで酔いが覚めるまで昼寝すれば良いかなと。




暇ができたので、キャンプ用品を入れてある押し入れから二人用のドームテントを引っ張りだしてみました。

うーん カビ臭い (T_T)

なので 緊急メンテナンス

DSC_0818_R2.JPG

庭に張るだけの簡単なお仕事です。


夫婦だから収まるものの、オジサン2人にはちょっと息が詰まるサイズ。


コールマンのリビング付きテントを建てるときは最初が肝心で

DSC_0816_R2.JPG

テープを含む長方形を綺麗に作っておけば

設営完了まで3分なんです。

実はこのテント、ちょっとした弱点が有って

DSC_0815_R2.JPG

支柱の頂点に有るジョイントの金色の部分がすぐに壊れて外れちゃうんです。

買って試し張りしていた時に1回、

これは故障品扱いで無償交換になったんですけど、

キャンプ場で初めて張った時に再度壊れたんです。

結構な力が掛かる箇所にしてはケシ粒みたいなボールベアリングで止めるなんて、

構造的に無理があるのかもしれませんね。


今は結束バンドで付けてあります、

コンセプトはとても良いテントなんですけどねぇ


販売して2年くらいで廃盤になったのも頷けるところです。

あ、 コールマンの2ルームテントをお持ちの皆さん、

大きいテントはこんな構造じゃないから安心してくださいね。


カビ臭さも取れて何時でもキャンプ行けるテントになりました。



コメントする

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

     
   



Powered by Movable Type 5.04