次の記事 :洋食のオゴッソ    前の記事:念願の離山登りました

かくれ里

| コメント(0)
離山山頂でワインを楽しんだ後は 軽井沢ナショナルトラスト会長のお話しを伺い

ゆるゆると下山。

途中で「かくれ里」がこの辺りなのだけどなぁという会長の一言が 

若かった頃の藪漕ぎ・直登魂に火が付いたおやぢです。

みんなと別れて下山ルートの途中から道らしき跡を辿っていくと

z2-41598.JPG

ありました。 断崖絶壁の下に入口発見です。

入口にいは石を組んだ階段もあって歴史を感じます。

こんな洞があるとイノシシとか熊とかが寝た後がありそうなのですけど

まったく気配がありません。

z2-41603.JPG

写真中央の岩にはヒカリゴケが蛍光色に光っています

初めて見たのでテンションアゲアゲになりました。

z2-41601.JPG

中は結構広くて、奥にはたき火をできるような石のサークルがありました。


かくれ里へのルートは道がほとんどなくなっていて、

枯葉が15センチほど積り地面が見えなかったり、

大人の腕ほどの立木をつかめば根元から抜けたり Σ(゚∀゚ノ)ノキャー、

幅20センチほどの足場を10mほど進む場所では、足を踏み外すと30mほど滑落する羽目になるので

藪漕ぎ・直登の経験豊富な方以外にはまったくお勧めできません。

なのでこの写真で楽しんでいただきたいと思います。


このかくれ里、品物で不自由しているときにお願いすれば翌朝にはそろっていたそうです。

借りたものはなるべく早く返却するとともにお礼の赤飯を供えるのが習わしだったのですが、

欲張りな庄屋が借りた布団を返さなく、お礼もしなかったため品物を貸してくれなくなったとのこと。


おやぢも 当たる宝くじ(7億円)をお願いしようと思ったのですが、

返さなければならないので諦めました。


そんな邪悪な考えがかくれ里を怒らせたのか、おやぢのあとから洞に入った方には

蝙蝠が飛び交うというお迎えがありました。

コメントする

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

     
   



Powered by Movable Type 5.04