何かが違う 秋葉原の昭和グルメ

| コメント(0)
DSC_1056.JPG 

  昭和生まれが時々食べたくなる昔のご馳走、スパゲッティ。

それも ナポリタンではお子様みたいなので 渋いおやぢはミートソース。


 とある昼下がり、遅い昼飯を取りにきたのは部品を求めて辿り着いた秋葉原。


 買い物を済ませてお腹が空いたのでGoogleに聞いてみたら


 お、パンチョが秋葉原にも出来ていたのか。


 さっそく店に向かったのだけど、2回ほどメイド喫茶です?♪ とかの攻撃を受ける。


 すっかり白くなった髪なのに、通行人の顔とかを見てないで反射神経的にビラ配りしているんだろうなぁ。


 階段を降りるとパンチョ。


 食券販売機も紅白のチェックなカウンターも御徒町や渋谷と同じスタイルなのだが

なにか座り心地が悪い。


 妙な視線を感じて顔を上げてみれば


DSC_1054.JPG

前らかっ!!!


 電気関係の職人の町秋葉原がフニャフニャになってしまったのは今更嘆く訳ではないけど、

昭和のスパゲティにこの人形達はミスマッチだなぁ。


 無料でついてくる味噌汁と同じぐらいミスマッチなのだけれど、昭和40年の食卓って味噌汁は必ずあったから

おやじ的にはセーフ。


 軽井沢町のお祭りに くまモンがでているのと同じぐらいな違和感。

何かが違うような気がします。



 


コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2015年2月28日 06:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「冬のお約束、水抜き。」です。

次の記事は「草軽電鉄復活プロジェクト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村