昭和な軽井沢2つ

| コメント(0)
昨日はNEC軽井沢観戦するため自転車で北コースへ。

最終日だからなかなかの人出、藍ちゃんは2日目のウェアの方が可愛かったな。27の娘に可愛いは失礼か。

コミコミな温泉は行きたくないし、近い温泉が良いと考えて塩壷温泉に決めて、途中の千ヶ滝信号脇の軽井沢飯店で遅めの昼御飯を摂る 。

担々麺美味しい。

テーブルには球形の100円入れて星座占いの機械が鎮座。占いの紙がまだ製造されているのに感激した。

食後塩壷温泉ホテルで風呂。このホテルもレトロな昭和の香りだが、サービスが素晴らしい。

風呂は内湯が循環併用、露天風呂はかけ流し100%。トンボの湯と同じ泉質で貸切状態だった。ハイシーズンの風呂はこっちが良いな。

湯上がりにメロンソーダ。これも昭和の香り。

コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2010年8月16日 07:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「我が家の食堂」です。

次の記事は「軽井沢から通勤を考える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村