鹿教湯温泉ホテル

| コメント(0)
先日訪れた鹿教湯温泉。河鹿荘の旧館(?)は湯治用の棟のようでお湯も良いし、2週間も居たら身体が生き返るだろうなあと思った。

地域別連休制度とかバカ言ってないで「湯治休暇」年間10日取得を義務化すれば良いのに。日本の文化伝統を復活させるのだ!

などと参院選直前に妄想膨らむおやぢです。

鹿教湯温泉で最初に泊まったのは今はなき鹿教湯温泉ホテル。ホテルとは名ばかりの和風旅館。

瓢箪形の文殊の湯は滔々と優しい湯があり、実に良かった。夕御飯なんか山の幸満載なのだった。肉なんかは鶏だけだったように思う。

7,000円で泊まれたバブル到来前の84年辺りの話。

それが鉄筋コンクリートの新館が建ち、東急の冠がつき、2007年に廃業。

まだ瓢箪形の風呂は大江戸温泉グループが経営する日帰り施設に変わった様だが、なかなか足が向かないのは、初恋の彼女に会いたくないのと似ているのかも。


まだ残る看板を見ながら汗ダラダラ流して考えた。

やはり、日本は変わった。かも。


コメントする

検索

               

この記事について

このページは、kazu_hayaが2010年7月 1日 13:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「6 月オードブル」です。

次の記事は「東京は冷たい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このブログと作者

 このブログは

 軽井沢在住のおやぢが体験する

 あれこれを呟いています

 時々毒も吐くけどご容赦ください

 メインページは https://hayashida.jp

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1 PVアクセスランキング にほんブログ村