次の記事 :第三次ソース・醤油戦争と手打ちうどん(芹の湯)    前の記事:おやぢも参ったギャグ

芹の湯@下仁田

| コメント(0)
すっきりしない天気を睨みながら起床したのは7時半ごろ。ノミスキダ、いや飲み過ぎだ、

庭の芝刈り後とか、落ち葉の掃除したら帰途に着く。今日は和美から下仁田へ向かうのだが、狙いは254号に出る遥か手前の芹の湯だ。

営業時間 10:00から21:00

第2火曜日 休み

大人 500円

風呂場が素晴らしい。成分の濃い湯がエンビパイプから大量に流れている。

湯はアルカリで、すべすべつるつるになるのだ。

しかし、此処は旧温泉法では鉱泉のはず。循環なのにカルキ臭も無し。

その謎は帰りに分かったー。湯船からオーバーフローさせてる木製の樋がそのまま建家を突き破り、ドウドウと流れているではあーりませんか。( ̄□ ̄;)!!

鉱泉の源泉100%掛けながし。?(^O^)/

いやいや、現温泉法ではこれも温泉。

良かったから最終日の風呂は此処に決まるかも。

コメントする

このサイトについて

 長距離通勤の
 軽井沢町民がお送りする
 軽井沢あり、グルメ有り
 オートキャンプ有り

 ITコーディネータのお話
 信州のIT関連ビジネス
 このブログ
 関東うどんの情報
 Facebook



ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ



Adcense

アーカイブ

     
   



Powered by Movable Type 5.04